« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月25日 (火)

とろとろ牛スジと焼き大根の醤油煮 と 色々の晩ゴハン

             Cimg0140

            <とろとろ牛スジと焼き大根の醤油煮 と 美味しいコンニャクの煮物で晩ゴハン>

久し振りの更新になってしまった。 3連休は徳島の義父がこちらへ来ていたので・・・更新どころじゃなかったのである。相変わらず、少し前の晩ゴハン日記でスミマセン。

とっても美味しい、コンニャクは牛スジと合わせて味噌煮、味噌炒めよりも・・・そのまま出汁で炊いた方が美味しかろう~??と別々にしてみたら、これが大正解( ̄▽ ̄)! 牛スジは勿論、炊飯器でとろとろの仕上がりにしてあるところに、フライパンで焼いた大根を最期に炊き合わせたの。 日本酒の進むメニューになりました。

                      Cimg0127

                         <とろとろ牛スジと焼き大根の醤油煮>

ホント、この頃炊飯器の稼働率が高い我が家であるが・・・なかでもこの牛スジのとろとろさ加減は、鍋でコトコトやったらかなりの時間が掛かるところが、ほっとけば良いだけだから・・・やっぱり手放せないわ。 今回は味噌ではなく、丸秀醤油使用・・・。あえてみりんは使わず、日本酒を意識したおかずに仕上げた。

            Cimg0131

<コンニャクとどんこの炊いたの>

だるま弁当に入っていたこんにゃくの煮しめが非常に美味しく・・・刺激されてたっぷりコンニャクを食べたくて作った一品。 こちらは甘めに仕上げて有る。 こういう素朴なおかずが嬉しい。

Cimg0130

<広島産みぶ菜のワサビお浸し>

こちら広島ではとんと見かけなかった、みぶ菜をやっと発見!(でも、この時一度きりだった・・・その後は全く見かけない) 一把丸ごと、茹でてワサビ風味のお浸しにした。やっぱりこのえぐみが好き。 このみぶ菜が安定供給されたら、きっとインドネシアンにも使える・・・などと和食を食べながら、考えてしまう。

                     Cimg0128

                     <がんす・・・これも広島名物らしい・・・>

そして、がんす・・・。広島名物と書いてあった。 徳島にもこれと似たようなトトカツ、カツ天と呼ばれる魚のすり身を薄くのばしてフライにしたものが有るけれど、広島産のこれは徳島のものよりもうちょっとマイルド。白身の魚のすり身だった。オニオンが沢山入っている感じ。 これは、オットも喜んでいたが・・・彼にしてみればやはりソウルフードは カツ天らしい・・・。「やっぱり、カツ天の方が旨いかな?」だ、そうだ。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。3連休更新が出来なかったので、大幅にランキング降下中。・・・もしよろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 更新の励みとさせて頂いております♪

3連休、徳島の義父がこちらへ遊びに来ていたので・・・その間私も一緒に広島観光。 夫婦二人だけなら、多少ご飯の時間が遅かろうが何だろうがたいして気にしないのだが、80歳近い義父はそうはいかない・・・(;´Д`A ``` しかも、かなり食がいいのと、義父もまた晩ゴハンはゆっくりお酒を飲みながら家で・・・が好き、と言うタイプ。なので、この3日間作る作る・・・。(大汗)

帰るときには、しばらくゴハンの支度をしなくて良いようにと、9食分くらいおかずを作って持たせた(勿論、全部違う種類よ)・・・。義父は「別にいいよ」と言うのだが、義母がまだ元気だった頃から、必ずそうしてきたので・・・やっぱり、寝ないでも作ってしまうのである。 

更に、義父・・・どうやら頻尿気味らしく、夜中に何度も起きるのである。私はそのたび目が覚めてしまうのでかなりの寝不足。 義父は気が付くと車の中でもこっくり、ソファーでもこっくり・・・sleepy 私はそうも行かず、更に寝不足。 昨日の火曜日はそれを取り戻すが如く、ほぼ丸一日寝ていた。 少し回復したけれど、明日からは自分が定期チェックのため東京の病院へ行くのでまた、きょうも備蓄食糧作りとなる・・・あああ、何のことはない、ずっと台所にいることに・・・。 

ひさしぶり(1ヶ月半ぶり)の東京ではラストに、銀座でレゴンの舞台を見る予定。・・・大好きな踊り手のKumiさん(私のヒーリングをしてくれている方)のレゴン・ラッサム。ガムランも生演奏。とても楽しみ~lovely。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

大好きな高崎だるま弁当 と レンコンのモチモチ焼き

                  Cimg0116_2

           <オットのお土産・高崎だるま弁当♪ と レンコンのモチモチ焼きの晩ゴハン風景>

オットが広島転勤になって、もうそろそろ10ヶ月・・・なのに、まだまだ東京の仕事、東北の仕事などで結構な頻度で出張がある。 そのたびに私は一人広島に放置されているんだが、時々こうして嬉しいお土産が有る! 特に高崎のだるま弁当は私の大好物・・・。 他にも、「峠の釜飯」小田原の「鯛飯」「こゆるぎ弁当」が好き!

この日はお弁当があることは解っていたので家に有る物で・・・ちょこちょこ色々・・・。週末のお家居酒屋である。(スミマセン・・・タイムリーに日記をUPしていないので、少し前の食卓を紹介している次第・・・)

Cimg0108

           <レンコンと海老のモチモチ焼き>

前日に使ったレンコンと同じ節のレンコン・・・実はちょっと筋張っていてあまり美味しくなかった。所謂性悪レンコンってヤツだったらしい・・・。 これは、何か加工を施さなければ美味しく頂けないと、思いついたのが摺りおろしレンコンと刻みレンコンを混ぜて食感を楽しむ方法。

レンコン2節のうち、2/3は摺りおろし、残りの1/3は細かく刻んで・・・きざみネギ、刻んだ海老、小麦粉、卵で種を作り、フライパンで焼いてみた・・・ところ・・・。これは、旨し!あげても良いかなと思ったのでちょっと多めの油で揚げ焼き状態なのが良かったのかも~。 ポン酢を付けて頂きましたが、タレに工夫してあんかけなんかも行けるかも知れない。

Cimg0110

<温水晶鶏の辛子醤油ソース>

我が家ではかなり馴染みの、水晶鶏・・・。 作り方は簡単でそぎ切りにした鶏胸肉に塩胡椒、これに小麦粉をまぶして沸騰したお湯にポトンポトンと落としていくだけ・・・。ざるに上げ熱々のところへ、醤油、みりん、芥子、きざみネギを混ぜたソースをかけて頂く・・・。簡単だけど、熱々を頂きたいのでオットが帰ってきて顔を見てからの短時間調理・・・。 写真撮ってる場合じゃないんだけど・・・本当は・・・。

                      Cimg0094

                      <高崎のだるま弁当だ~!!>

がさつ?なオットの手で運ばれてきたのでちょっと寄ってますが・・・。このコンニャクの炊いたのが旨いんである。 山菜も、栗も・・・。このだるまの容器、食べ終わった後は貯金箱にもなるんだよね。(してないけど)

高崎に行く機会があったら是非試してみて欲しい~。

その他には、例の如く「おかず盆セット」なのであるが、その中から冷蔵庫の片付け的・・・炒めないもやし炒め・・・

                      Cimg0101

                      <炒めないもやし炒め・・・???>

トウゲ・ゴレン(インドネシア語ではもやし炒めを意味するが・・・)はゴレンと言うけれど、本当は炒めないのである。だったら、普通のもやし炒めも似たように作れば良いだけ・・・。広島産の細くてシャキシャキのモヤシをさっと湯がいてざるにあけておききざみネギを混ぜる。 そこへ、刻んだ豚肉を炒めた物をじゃっとかけて出来上がり。 味付けは塩胡椒のみ・・・。 炒めるよりはさっぱりしている気がするが・・・気のせいかも~。 もやし炒めも良いけれど、たまにはこんなのも良いのである。

その他には、小松菜のお浸し、常備菜、自家製ゆず大根(まだ有るんだよ~、作りすぎたんだわ)。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。 順位で一喜一憂するのはやめようと思いながら・・・やっぱりちょっと上がったりすると嬉しいもので・・・。よろしかったら応援の1クリック、ポチンとよろしくお願い致します。

一昨日のこと、翌日島根に出張と言っていたオットが急遽、夜から島根に行かなきゃならなくなった。(また、放置!)山陰地方に雪!の情報で朝出かけたら間に合わないかも・・・ってことだったんだけど。 やっぱり、昨日は結構色んなところで雪だったんですね~。寒いはずだよ~。 石油ファンヒーターは壊れたままだし・・・早く修理に出さないと、家の中で風邪ひきそう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

鶏肉団子甘辛煮 と カレー風味の焼き大根煮 

                    Cimg0087

           < 鶏肉団子甘辛煮 と カレー風味の焼き大根煮 その他色々の晩ゴハン風景>

調子の良いときは、頭の中が早く整理出来るので、晩ゴハンの献立も、あれと、あれで、ああして、こうして・・・というスピードも速いのだが・・・どうも調子が悪い時というのは上手くまとまらない事が多い。 この日はメインは決まっていた(安売りの鶏挽き肉を早く消費したかった・・・)が、 サイドを固めるおかずが決まらず・・・。 つい、おつまみの梅風味ソフトさきいかなどがおかずサラダに変身したのだった・・・。

          Cimg0071

          <鶏肉団子の醤油煮>

これは、とっても簡単! 参考にさせて頂いたのは 私の大好きな料理研究家の川津幸子さんのレシピ。

レシピではレンコンは使わないのだが・・・レンコン好きのオットの為、刻んだレンコンを混ぜた。卵も不使用。鶏挽き肉200gにレンコン5㎝くらいを水にさらして刻み、砂糖、醤油、酒、片栗粉を入れ粘りが出るまでボールで練って、煮立てた煮汁(水1カップ弱、砂糖、醤油、みりん・・・量はそれぞれ大さじで2、1,1位・・・我が家は甘めが好きなので、これは好みで調節可能)にスプーンを使ってポトンと落としていく。 しばらく味が絡むように煮て、最期にインゲンを入れた。 

鶏団子は不揃いだが、なかなか・・・♪ 

                   Cimg0075

                      <カレー風味の焼き大根煮>

目指したのは、大根の煮物だけど・・・かんだとたん、カレー風味のスープがジュッとてるような物。 最初に焼き色がつくくらいフライパンで焼いてから、カレー粉を少々入れただし汁の中でコトコト煮る。あ、これも炊飯器調理。煮汁を少なめにしたことで炊きあがりには煮汁はしっかり大根に全て含まれた。 柔らかく・・・噛むとカレースープがジュッと・・・。 思いつきにしては中々。 煮汁は白だし、みりん、カレー粉、水。

                 Cimg0076

                 <そばの芽とおつまみ梅味のイカのサラダ>

苦肉の策である・・・。そばの芽のスプラウト2パックで50円の安さでつい買っちゃったけど・・・そばの芽の食感を邪魔しないお供が必要だった。 ん~~~~~と、考えてそう言えば梅風味のイカのおつまみ(乾き物)があったのを思い出して、和えてみたら、これが結構はまるお味。 アクセントに細く切ったスライスチーズを混ぜたんだけれど・・・どのおかずより早くなくなった・・・と言う事は、美味しかったのである。 侮れない・・・乾き物のおつまみも!

            Cimg0082

           < おかず盆セット(恒例)>

常備菜の、自家製ゆず大根、ほうれん草のじゃこ、刻み海苔和え、そして、レンコンと海老、錦糸卵のだしあえ。 オットの好物ばかりである・・・。 

上手く頭が回らなかろうが、調子が悪かろうが、何とかなる、と。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中であります。 もしよろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 更新の励みとさせて頂いております。(ズルズルとランキング降下中のため・・・ちょっとへこみ気味・・・)

最近、ちょっと「ヘルプ」と「サポート」の違いについて考えさせられる事があった。 ヘルプとサポート、これは似ているようで本当の意味はかなり違う。これを勘違いすると、ちょっと大変な事になる。私自身の考えでは押しつけの「ヘルプ」程迷惑な物は無いと思っている。 でも、勘違いしている大人の方が多いのかも・・・。 自分の周りの環境を見渡して、ちょっと、そう思った。 自分もちゃんと気をつけなくてはね。(スミマセン、ちょっととりとめなさすぎ・・・でも、ここでちょっと自省の意味も込めてどうしても書きたかったので・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

栗と鶏肉の味噌クリーム煮 と 牛蒡とお揚げのポン酢煮

         Cimg0068

        <栗をクリーム煮に・・・(ダジャレじゃないのよsweat01)と 牛蒡をポン酢で煮てみた日>

以前頂いた栗・・・あまりにも大粒で大量だったので、皮を剥いて冷凍しておいた。その栗と鶏肉でを使って、栗の和洋折衷煮込みにしてみた。 今八百屋さんに行ってもスーパーに行っても栗はもう見あたらない・・・。ほんの一時期だけ楽しめる日本の秋の味覚なんだなぁ~としみじみ思う。

Cimg0054

<栗と鶏肉の白味噌クリーム煮>

鶏モモ肉は一口大に切って、熱々ちんちんに沸かしたお湯をかけて臭みを取り、栗は一度茹でておく。その後鶏肉と栗だけをひたひたくらいの水でしばらくコトコト煮てからごろんと切った人参もくわえて人参と栗が柔らかくなった頃に白味噌を入れる。白味噌の後、インゲンを入れて最期に生クリームで味を整える・・・という手順。特にチキンスープの素だとか出汁だとかは使ってないけれど・・・かなり美味しく上がった。白味噌のお陰様というところだろうね。

                      Cimg0063

                     <蒸し茄子・パプリカのベーコン醤油ドレッシング>

以前の日記でも書いたけれど、蒸し茄子のサラダ・・・まだまだ発展途上なのである。今回はころころにきったベーコンをカリカリにしてそれにお酢、芥子、醤油、みりんでドレッシングを作ってみたけれど・・・。ベーコンから出る脂に助けられて更にパプリカの甘みもあって、まあまあの出来映え・・・。 まだまだ納得がいかないのであった。

             Cimg0056

  <お揚げと牛蒡のポン酢みりん煮>

牛蒡はお揚げと煮る前に、あく抜きと下茹でのため茹でこぼし数回した物を使った。お揚げも煮る前に油抜き。みりんとポン酢は我が家の定番だけど・・・結構あっさりしてお酒のお供に良し。牛蒡との相性も中々。

他には、常備菜のゆず大根と水菜のお浸しの錦糸卵のっけ・・・。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。この所、ズルズルとランキング降下中なんで・・・ちょっと凹んでおります。(まあ、これが自分の実力ってヤツなんだと思いますが・・・)。 よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 頑張ります、押す!

本日は、2記事UPです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

この所、我が家のコンデジの調子が良くないんですよ~。 今使っているのはカシオのEXILIM・・・もう何年も使ってるし・・・。途中でニコンも買ってみたけれど、やっぱり操作が簡単で今のタイプが使いやすくかなり酷使してきたからかも・・・。ホントはデジイチが欲しい・・・。今はプガングール(失業者)の身の上、贅沢は出来ません!

そして、デジイチを買ったからって良い写真が撮れる訳じゃないんだから・・・。 ブログを始めて2年以上にはなるけれど、あらためて・・・自分の作っている料理、撮っている写真、書いている文章・・・センスのない事を痛感している今日この頃・・・。

センス無いって言えば、踊りもどこかに共通するものが有るみたいで・・・以前、同じ先生に習っている方から、「全てがゆるい・・・」みたいなことを言われちゃったりweep 。 言われるまでもなく、本当は自分が一番よく解っているんだけれど・・・今更ながら思い出してみたり・・・。悩ましいなぁ~。 世間では「ゆるキャラ」がモテてるみたいだけれど・・・。 ホント、悩ましいッス。 せめて料理だけでも、ズバッと美味しい物作りたいなぁ~。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

インドネシアンの翌日は残り物でナシ・チャンプル!

           Cimg0050

           <野菜が多い、ナシ・チャンプル・・・実は全て残り物( ̄▽ ̄)::>

前日、ガドガドが食べたくて・・・思わずインドネシアンにしたけれど・・・残った野菜物で簡単にお昼ゴハン・・・。結構良い出来映えだったので、気をよくしてUPした。 ナシ・チャンプルでござる。  ハヤトウリのココナツカレーが前日より味がしみて美味しくなっておったわい。

実は今、野菜を使ったインドネシアンのレパートリーを増やしたいなぁ~と思ッてるところ。・・・バリの師匠宅に居候させて貰うときは、あれや、これやと教えて貰ったりするんだけど・・・日本で作るには材料に限界があったり、簡単にできるとは言い難いのでなかなか上手く行かないんである・・・。 今は、どうしてもトランチャムが食べたいのであるが・・・生のココナツはとうてい手に入らず・・・il||li _| ̄|○ il||li

向こうで買い貯めたレシピ本でも見てみるか~。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しております~。 この所ずるずるとランキング降下中・・・。よろしかったら応援の1クリック、よろしくお願い致します~coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

gadogadoソース と アヤム・バカール・アラ・cium の簡単な作り方♪

 一昨日の日記で書いた、ガドガド・・・作り方は意外に簡単なんで、レシピっぽい物を載せておくことにする。           

Cimg0048_2

 

gadogadoソースの材料は・・・ 

  • ・皮付きピーナツ(フライパンで煎って香ばしくする事)80g
    ・バワン・メラ(赤玉葱)→小ぶりの物の1/6位
  •  バワン・メラなら5個くらいか?
    ・バワン・プティ(ニンニク)2個位
    ・チャベ(生唐辛子)3個 ※辛いのが苦手な人は1つで充    分・調節は好みで
    ・グラ・メラ(※黒糖で代用可 固まり2つ位)
    ・ケチャップ・マニス(インドネシアの甘辛醤油)大さじ3位
  • ・ダウン・ジュルック(※今回は新鮮な物がなかったので
  •  ジュルック・リモそのまま使用)
    ・水 少々
  • 上記の材料を全てフードプロセッサーに放り込んでペースト状になるまでかき回すだけ!

Cimg0035 Cimg0037

ガドガドのソースは大体こんな物で・・・(これで3回分食べられるくらいの量・冷凍可)。 

フード・プロセッサーの中ではダマになった固まりのようになってるんだけど、それをケチャップマニスとお水で味を見ながら溶いて使うのであります。 アジア食材店ではABCのケチャップマニスが手に入るはず。(私のお気に入りはこのチャップ・バンゴ・・・残念ながら日本では売ってないようなので、むこうでまとめ買いしてきます)

このピーナツのソースから、サテのソース煮も代用出来る・・・。(その際はバワン・メラを刻んでくわえると尚良し)

そして、アヤム・バカール・・・

Cimg0038

鶏のモモ肉使用・・・(骨付きの方が尚良し)

基本の黄色いブンブ(仮称)を大さじ1.5杯位・・・これを少量の油で炒めた後、鶏モモ肉も一緒に炒めて水少々をくわえお肉に香りが移る様に少し煮込む(5分位)。予め味を染み込ませた肉を魚焼きで焼くのだが・・・焼く前にケチャップマニスをお肉の表面に塗っておくだけ。ケチャップマニスは醤油と同様なので、焦げないように弱火でじっくり焼く・・・。

クマンギが有ったら最高なんだけど・・・。

基本の黄色いブンブの作り方は こちら♪

ちょっと、エスニックな香りのするロースト・チキンって所ですかな?? クリスマスにでも如何??

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しておりますデス。 この所、ずるっとランキング降下中で・・・ちょっと凹んでます。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します~。

このブログに書いたことは無いんだけど・・・実は、五感が冴えていると、地震が来るのが解ることがあるのね。で、おりしも昨晩オットに向かって「かなり大きな地震がどこかで起きる気がする・・・」と言ったんだよ・・・。そしたら、インドネシア・スラウェシでまたしても大きな地震が・・・。 bearing

地震が来るのが解っても、肝心の「どこ」に来るかは、全く解らないの。でも、また当ててしまった。どうか、被害が大きくなりませんように・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

gadogado( ガドガド)が食べた~い!

          Cimg0047

        <テレビ(インドネシア放送)を見ていたら、猛烈にガドガドが食べたくなった日の晩ゴハン風景>

インドネシア料理でもっともポピュラーなのは・・・ナシ・ゴレン(焼き飯)、ミー・ゴレン(焼きそば)? それに劣らないくらい有名な野菜の料理が、このgadogado(ガドガド)じゃあないだろうか? バリを旅して普通のレストランでも、屋台でも食べられるのがこの野菜料理・・・。日本のインドネシアレストランにも必ずと言って良いほど用意されている。 ピーナツソースの甘みとスパイシーで茹でた野菜がたっぷり食べられるのも嬉しい!

テレビで見たのはジャカルタの有名店?BOPLOのガドガド・・・。ピーナツソースになんとカシューナッツをくわえているらしい・・・詳しいブンブの説明はなし・・・残念。 来年ジャカルタに行ったら是非試してみたいお店のひとつだ。 (他のメニューも充実しているらしい・・・じゅる・・・)

                                                  Cimg0048

                                                 < gadogado ガドガド>

野菜は、キャベツ、モヤシ、インゲン、他は簡単にゆで卵・・・。 厚揚げを載せても良し!ジャガイモを茹でて入れてもOKよ♪ ガドガドソースの作り方は、バリで習った物。 オットはこのスパイシーなタイプが好きらしく・・・レストランなどで供される、お上品なガドガドだと満足しないようだ。

    Cimg0038

  <アヤムバカール・アラ・cium>

これも、我が家の常備ブンブになりつつある、基本の黄色いブンブ(仮称)とケチャップマニスを聞かせて作ってみた。 これに、クマンギとリモ サンバルがあればかなり本格派よ! 骨付き肉の方が美味しいんだろうけど・・・今回は鶏モモ肉骨なしで。 我が家の昨年のクリスマス料理は、アヤム・バカールだった。 意外と変わり種で良いかもしれないよ・・・。

Cimg0049

<ハヤトウリのココナツカレー と ジャガイモインゲンのブンブバリ煮>

ガドガドとアヤム・バカールが甘めのスパイシーな味だから・・・お供のおかずは何にしよう? と考えた挙げ句インドネシアらしく、ココナツカレー風にハヤトウリを煮て、もう1品は、塩系の味のブンブ・バリで家に有ったジャガイモとインゲンを汁がなくなるまで煮付けてみた。 ハヤトウリのココナツカレーにはちょっぽいか入りのじゃこと刻んだ海老が入っている・・・なのでレモングラスを足すことを忘れてはならない!(シーフードの生臭さをレモングラスが上手に旨味に変えてくれるんだよ、これが!!)

勿論、常備の基本の黄色いブンブ(仮称)と Ibuから頂いたブンブ・ラジャンを使用している。 

おかずはバリバリのインドネシアンだったけれど・・・保険に胡瓜と卵焼きののサラダとお漬け物(八百屋さんのぬか漬け)も用意したが・・・、必要なかったかも知れない・・・(と言うほど、オットの食い付きは良かった( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 

テレビで見たBOPLOのガドガド・・・。言葉が早くて聞き取れない部分も有ったけれど、もともとはIbuが自宅の庭ではじめた小さな屋台のガドガド屋からチェーン展開するほど大きくなったんだとか・・・。ビジネスの才能もあったんだろうなぁ~等と想像するが、やはり美味しい店は流行るんだろう。 バリでも5年前くらいはほんのガレージの一部のような店が、今では立派な店になっていたりする事がある。 逆にどんなにキレイで立派な店でも美味しくなければすぐに潰れる・・・。  ああ、次のジャカルタ行きは絶対に試してみたいBOPLOのガドガド・・・。

素人のガドガドを食べながら・・・ジャカルタに思いを馳せるのであった。

作り方は・・・長くなるのでまた、この次に!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

カリフラワーの蒸し焼き と 蕪の昆布茶&とろ昆布煮

           Cimg0031

           <メインはそっちのけ・・・カリフラワーと蕪が旨かった日の晩ゴハン風景>

メイン、カツオのたたきは・・・別にどうって事ない普通のたたき、ただしタレだけは特別shine なんたって、義姉の手作りゆこう酢を使ってるから~♪ お義姉さん、ありがとうございます! ホンマにおいしいわ~。900mlのビン1本丸々頂いたので、しばらくおいしいポン酢が頂ける!!

この日は、れいのおかず盆セットとカリフラワーと蕪を使ったおかずが大ヒットでありました。

                    Cimg0020

                     <カリフラワーとベーコンの蒸し焼き>

カリフラワーは小ぶりの物丸々ひとつで、45円。 丸々使い切っちゃった。でも、もっと食べたいほど美味しかったんだよ~。これが。 ベーコンは固まりを棒状に切ってフライパンで油を使わずに焼いき、ベーコンから出た脂で食べやすい大きさに切ったカリフラワーを蓋をして弱火でじっくり蒸し焼きに! 蒸し焼きにした事でしっかり火は通っているけれど、独特の食感がのこっていて、中々の出来映え。(しかしながら、これを料理と呼んで良いのやら・・・)

           Cimg0021

          <蕪の昆布茶&とろ昆布煮>

昆布茶は意外と使えるんである。 蕪3つは6等分くらいのくし切りに。 お水100ccに昆布茶は3gのスティック放送を1つ半。これをコトコト煮込んで蕪が柔らかくなり始めたらひとつかみとろ昆布を入れます。みりんを使いたいところだけど、煮込む事で蕪の甘みが出てくるから、ぐっとガマン。 昆布の風味プンプンの蕪の煮物のできあがり~♪

          Cimg0022

          <おかずの盆セット>

茄子のそぼろ煮、ほうれん草のお浸し、切り干し大根と三つ葉のサラダというラインナップ。

ほうれん草は、小太郎さんの所に習って・・・ほうれん草を小さめに切って、海苔、なめ茸とあえたら、これが白出汁を使わずとも味が馴染んでおいしかったわ。

切り干し大根と三つ葉のサラダは、ちょっぽいか入りのじゃこを使用。ちょっとオイルを使ったけれど、ゆこう酢入りのポン酢と一緒に和えてみた。 これはオイル無しバージョンの方が絶対美味しいと確信。 切り干しは水で戻した後、さっと湯がいて水気を切って食べやすい大きさに切ってある。 某宮崎県知事の顔のマーク入りの切り干し大根だった・・・。 切り干し大根って便利でいいな。 煮て良し、戻して炒めても良し、茹でてもサラダになっちゃう。 はりはり漬けだって出来るhappy02

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しております・・・。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとひとつよろしくお願い致します~。更新の励みとさせて頂いております。

昨日に引き続き、今日はインドネシア語教室でご一緒させて頂いているMさんのご主人様に個人レッスンをお願いしたの・・・。本当にこの所、朝のニュースとワイドショウ以外はほとんどインドネシア語三昧。 さすがに2時間ずっと話し続けてきたら、ちょっと疲れたsweat01

踊りの方も、Mさんと一緒に少しずつ練習していこう!という事になった。年末にインドネシア人留学生との忘年会でとりあえず、一曲やる事に! どんどん、動き始めた身の回り・・・。がんばらなくっちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

絹揚げを使って二品! おつまみだけの晩ゴハン

            Cimg0013 

 <市販品と冷蔵庫にあった物だけで・・・おつまみだけの晩ゴハン風景じゃなくて晩酌だ>

たまには、こんな日もあるんですわ。 市販品の豚の炭焼きと、冷蔵庫に有った絹揚げで二品。 常備菜の生姜の甘煮、ゆず大根・・・キャベツのお浸し。 

              Cimg0003

           <焼き絹揚げのなめたけソース>

簡単すぎる・・・が、困ったときの一品としては充分だわ。 厚揚げじゃなくて、絹揚げの方が美味しいです。テフロンのフライパンで一口大に切った絹揚げを焼いて、市販のなめ茸をだし汁で割って、とろみを少し付けたソースををかけるだけ~。 

                  Cimg0010

                 <絹揚げ醤油焼きのチーズ掛け>

これまた、簡単。テフロンのフライパンで醤油とみりん1:1の中で醤油が焦げるまで焼き色をつけた絹揚げを一口大に切って、スライスチーズを載せてレンジでチン☆するだけ。トッピングに青ネギを・・・。とろけるチーズの方が良いんでしょうが、在庫なし・・・仕方ないのでゴーダチーズのスライスチーズを載せたら、これが結構濃厚で旨かった! 料理とは言えないなぁ~。

               Cimg0015

             <細切り昆布と胡瓜貝割れのサラダ>

細切り昆布のサラダ用・・・っていうのが売っているときは大好きなので買います。ただ、1パック買っても消費するのに3回くらい掛かるのね。で、この日は冷蔵庫に有った胡瓜と貝割れ大根、徳島から貰ってきたちょっぽいか入りのじゃこをトッピングして、ポン酢とみりんを混ぜたドレッシングをかけて頂きました。

                Cimg9997

                <キャベツとちょっぽいか入りじゃこのお浸し>

キャベツ1/4玉さっと茹でたら、水気を良く絞ってじゃこと混ぜ合わせます。 で、薄めに溶いた白出汁をかけ回して簡単お浸しに!! ホントに5分調理。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しております。もしよろしかったら、応援の1クリック ポチッとひとつよろしくお願い致します。

たまにはこう言う日もあるんです・・・。飲んだ後の炊きたての白飯とお漬け物があれば、こんなのでも立派なお家ご飯だ! と、手を抜いた割には胸張ってみたりして・・・。

今日は、インドネシア語の日。マーフィーの法則で、私の帰宅が遅いとオットは必ず早く帰ってくるんですよ。(嫌がらせか??) 昼のウチに全てを準備して行かなきゃ・・・。準備しながらシネトロン(インドネシアの連続ドラマ)も見ておこう! 長文読解もやっておきたいし・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワ 時間が足りん・・・。(専業主婦のくせに・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

タイ風チキン・バジル炒め と モヤシのナンプラー風味

             Cimg9976

      <タイ風チキン・バジル炒め がメインの晩ご飯・・・でも全体画像撮り忘れ・・・>

近所の酒スーパー・・・お酒も安いが、時々面白い物を発見する事がある。 そこで見つけた「トム・ヤム鍋の素」が結構美味しかった。しっかり香辛料が効いていて、スープを作ったら中々だった。 使用方法を見ると、炒め物にも良い、と書いてあった。 インドネシアンは香辛料の使い方なんかも、比較的知っている方だけれど、タイ料理は・・・全く解らない私。 お手軽に出来るなら・・・とこの「トム・ヤム鍋の素」を使ってみたら・・・あら不思議!それっぽい料理が出来上がった。

                                             Cimg9984

                                                   <タイ風バジルチキン炒め>

インドネシアンだったら、何が入っているか大体の想像はつくんだけど・・・タイ風の調味料は未知の世界。しかも、トムヤムクン鍋の素を使っているので、ちょっと酸味が強い。と言う訳で、メープルシロップで少し甘みをつけてみた。 タケノコを入れてもおいしいかも知れない。 いかにもそれっぽいけど、明らかにまがい物・・・。でも、美味しかったので、家庭料理としては良しとする。 色んな種類のトムヤムスープの素が市販されているけれど同じように出来るかも知れない。

ご飯をもって、更に上に半熟卵焼きなど載せてみたら、更にそれっぽくなるかも知れないね。

              Cimg9977

              <モヤシと三つ葉のナンプラー風味>

これ、ホントはパクチーでやりたかったんだよね~。でも、この日は買い物に行ってないので家に有った三つ葉を使ってみたら、結構、それっぽい味になったわ。 オットも私もパクチー大好きなので、是非リベンジはパクチーでやりたいものだ。

それにしても、インドネシアとタイ・・・同じ東南アジアで似たような食材を使うのに、かなり趣が違うの不思議だし、面白い。 知り合いの「リタイヤ後の生活を海外で・・・」という生活をしているI夫妻が言ってたけど・・・、インドネシアンよりも、タイ料理の方が年配の日本人には口に合うとか・・・。 う~ん、こればっかりは好みの問題もあるんだろうけど・・・タイ料理の方が、インドネシアンに比べると繊細な感じが、日本人には合うのかも知れない。

その他には・・・

            Cimg9979

            <割干し大根の炊いたの>

            Cimg9978

            <自家製・ゆず大根>

大根が安くなってきたし、我が家のオットは大の大根好き・・・。まとめて作っておくと、この間の生姜の甘煮同様、常備菜として活躍してくれる。

もう一丁!

              Cimg9982

              <ほうれん草の半熟卵お醤油ソース>

小太郎さんのアイディアを頂いて・・・ほうれん草は二㎝くらいに刻んで、海苔を和えておいた。それに半熟卵に刺身醤油を混ぜてかき回したソースを載せて食べる・・・。日本人で良かったわ~。白いご飯下さい~♪といいたくなるおかずだね。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致しますデス。 センスのない私でも、ちょっと頑張ろうかなぁと言う気持ちになります~。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

その昔、私の初めての海外旅行は・・・シンガポールでした。 独身時代勤めていた会社は、某OA機器の販売会社。(営業ウーマンだったのよ~。)その会社での営業成績コンテストで初めて入賞してシンガポール・マレーシアの旅に連れて行って貰ったと言う訳。でも、ほとんど団体行動だったのでそこではアジア飯との出会いは無し。 

そして、個人的に(ツアーに乗っかってですがね)初めて行った海外が、バリ。 かれこれ15年前の事。同行した人間が「お腹が弱いから嫌だ」と言って、屋台飯を拒否したので、物凄く惜しい気持ちになり、次の旅ではどんどん街へ出て行って色んな物を試したよ。 その旅以来、ずっとインドネシアまっしぐら・・・と言う事になるんだけど、結局食べ物が私をインドネシアへ導いた?? もし、あの時、タイに行っていたら??  お導きというか、何というか・・・よくわからないんだけど・・・。 

バリ島の爆弾テロの犯人が死刑になったけれど、その影響で今度は「報復テロ」の可能性が・・・。相変わらず、鳥インフルエンザの驚異もあるし・・・。 それでも、やっぱり、私はインドネシアに通い続けるんだろうなぁ~。タイ風の料理を食べながら、そんな事を考えてました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

エスニックお家居酒屋へようこそ~♪

            Cimg9991

            <サテ・タンブリナス風の串焼き と ブリ切り落としのカレー風味揚げ がメイン>

たまにはこう言う、居酒屋おつまみ風にしてみるのも楽しいなぁ~♪ 串焼きはインドネシアっぽくサテ・タンブリナス風に、ブリの切り落としはカレー風味にからっと揚げて・・・。豆腐は中華風。野菜はお浸しに、ポン酢煮、胡瓜は即席キムチ漬けの素で。

              Cimg9981

              <サテ・タンブリナス風・・・>

鶏の胸肉は小さめに切ってから、簡単に黄色い基本のブンブをベースにコブミカンの葉を刻んだ物と摺った生姜を少々・チキンスープの素を混ぜた物で作ったソースで先ににさっと煮込んで味をつける・・・。あらかた冷めてから串に刺して、魚焼きで炙る・・・。

参考にさせて頂いたのは有名なインドネシア料理研究家の榎本直子さんのレシピ。 ただ、今は我が家の黄色い基本のブンブ(仮称)で色んな物を試している最中なので・・・っていうより、いかにして手を抜いてインドネシア風料理を作るか? という命題の為に敢えて?? こういう作り方にしたんだけれど・・・中々うまく行った~!

基本の黄色いブンブ(仮称)の作り方はこちらを見て下さいませ。 ※量はかなり多めにしてあります。これをちょっとずつ使う訳です。冷凍も可能(多少風味は落ちますが・・・)また、チルドで有れば10日~二週間くらい保ちます(作りたてよりやはり風味は落ちますが・・・)

          Cimg9983

        <ブリの切り落としのカレー風味唐揚げ>

ブリ大根用に切り落とした安い切り落としを使って・・・。 形状からして骨はないと踏んで揚げ物にしてみた。ブリにはお酒に塩胡椒・ニンニクと生姜の摺りおろし・カレーパウダーを混ぜた浸し液に30分くらいつけて置いてその後水分を拭き取ったら軽く小麦粉をはたいて揚げるだけ・・・。更に揚げたてにカレーパウダーを振って白髪ネギをトッピングした。(塩胡椒でなく醤油につけ込んでも良いかもしれないな!) 

                   Cimg9984

                  <エリンギと木綿豆腐のオイスターソース煮>

これはチキンスープの素と水でエリンギ・木綿豆腐を煮て、仕上げにオイスターソースをたら~りと入れて作った中華風煮込み。最期水溶き片栗粉でとろみをつけてある。 ホントに簡単な割に旨い!豆腐って良いよね!煮て良し、揚げて良し、焼いても良しだし、安い! これに海老を入れると豪華バージョン中華煮込みだ。

                 Cimg9986

                <カリフラワーのポン酢煮>

ポン酢は出来るだけおいしい物を使いたいのがこの料理! でも、あいにく我が家にあるポン酢はハズレの品・・・でも、ちょっとだけみりんを混ぜてやって少なめの煮汁で蒸し煮にしてやり、時々かき回して全体に味を絡めてみたら・・・カリフラワーの風味に助けられて結構まともな野菜料理(料理と呼んで良いのだろうか?)になったよ。 煮すぎるとカリフラワーの食感が台無しなので、それだけ注意すれば良いだけ♪。

あとは、味噌入り炒り卵添えのほうれん草のお浸し、胡瓜の即席キムチ漬け・・・。 ビールがススムメニューになったけど・・・そろそろ、身体を温める系のお酒に移行した方が良さそうだなぁ~。 

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 更新の励みとさせて頂いてますデス。

広島に来て、ひとつ疑問が・・・?? 食パンの8枚切りって売ってないのかしら??全国版の食パンCMはどう見ても8枚切り。でもこちらのスーパー、パン屋さんでも8枚切りって見た事がないのよ。5枚切り、6枚切りがポプラ-みたい。 なんで、8枚切りにこだわってるかというと・・・バリのロスメンで良くだされる「ジャッフル」を作りたいから・・・。

ジャッフルは所謂ホットサンドなんだけど・・・いかにも5枚切り、6枚切りじゃ厚すぎる・・・il||li _| ̄|○ il||li 熱々のバナナサンドが食べたい~。 トマトと目玉焼きサンドもおいしいんだよ~。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

豚肉から揚げ と 一押しは・・・蓮根の海苔風味炒め!

         Cimg9971_2

         <豚肉の唐揚げ と 色々・・・残り物リメイクもあるよ~の晩ゴハン風景>

何だかとっても盛りだくさん・・・に見えますがね。 最近のお気に入り、お盆に盛り込んだおかずが沢山に見えるだけでしょう。 でも、やっぱり多いか? 出張帰りのオットのための食卓。・・・なんとも気の毒な話だが・・・東京出張だと、東京事務所でこき使われ・・・コンビニ弁当なんかで終わっちゃう日も多いらしいから、どうしても色んなおかずを食べさせたいのである。

               Cimg9956

                 <豚肉の唐揚げ>

豚肉には塩胡椒ではなく、粉末のチキンスープの素を揉み込んで、片栗粉をはたき揚げてみた・・・。さっくりとした食感が嬉しい♪。 これと、なんか野菜と合わせる技もイケそう~。

              Cimg9965

               <細切り昆布と貝割れ大根のサラダ・・・白髪ネギのっけ>

私は実は意外と海草類が好きらしい・・・。細切り昆布はその中でもかなり好きな食材。 細切り昆布と貝割れ大根だけでも充分だけど・・・茹で海老のスライス、おまけに白髪ネギをトッピングしてみたら、案の定旨い!ドレッシングは・・・超手抜きで、大好きな「佐吉のタレ」よ! 

              Cimg9960

                <一押し! 蓮根の海苔風味炒め>

実は、この日の一押しは・・・この蓮根の単純な料理だった・・・。

蓮根は皮を剥いて、一旦縦に切った物をぶつ切りに。しばし酢水につけた後、さっと湯がく。それを少量の油で炒めて、最期に・・・海苔の佃煮で絡めて・・・出来上がりなり。   ああ、なんて簡単。 でも、旨いよ~。もっと沢山作れば良かった・・・。 

横浜時代に蓮根を買うと・・・キレイに洗われていて手間はかからなかったけれど・・・こっちに来たらみんな泥付きで売ってるのね~。初めて知った・・・。 泥付きの方が自然な感じがする反面・・・善し悪しを見分けるのがちょっとこんなんかも知れない・・・。実際、最近買った蓮根は洗って切ってみたら筋張っていてあまりおいしくなかったんだよね。 見極める良い方法はないもんだろうか・・・???

この日は、他にもほうれん草のお浸し、栗の煮物の残りで材料を足して煮直した物など・・・。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら、応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。更新の励みとさせて頂いております~happy01

この頃、本当に寒くなってきたなぁ~、そろそろファンヒーターを使おうかと思って、灯油を購入。スイッチを入れて、さぁ~、と思ったら・・・な、な、なんとエラー。フィルター部分が汚れているのか?ゴミが入ったのか?オットに色々試して貰ったけど、またしても、エラー。 引越でガタガタやったのが悪いのか、壊れてしまったみたい。が~んweep 修理に出さなきゃならない・・・。 

仕方がないのでエアコンを使っているけれど・・・やっぱり我が家のニャンズも寒いのか・・・エアコンの吹き出し口に近くてホカホカのスペースに集って来て・・・ゆっくりソファーでくつろぎたくても温かいソファー周辺はニャンズに占領されてる・・・。 あの~、おふたりさん、「猫団子」も良いんですが・・・それは私のカバンの上なんですけどぉ~

 Cimg0142    Cimg0145_4

                                              

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

カマスの生干し と 栗の煮物で秋の食卓♪

         Cimg0021

      <カマスの生干し と 栗の煮物で…ぐっと秋の趣の晩ゴハン風景>

子供の頃、カマスってあんまり好きじゃなかった・・・。どうも、淡泊すぎて子供の舌には合わなかったのか・・・美味しいカマスを食べた事がなかったのか・・・。 しかし、うちのオットは白身の魚が大好き。 一緒にスーパーに行ったら・・・たまたまこのカマスの開いただけの物が激安。 2尾で150円!! これは、もう買わねばならないでしょう~。 おりしも、先日小太郎さんの所で生干しの作り方を見たばかり・・・。 早速チャレンジ!

そして、カマスのお供にはぐっと秋の趣の栗の煮物を・・・。

Cimg0012

                <カマスの生干し・・・ふっくらheart04>

理科の実験の記憶もかなり怪しくなった中年・・・。小太郎さんは3%の塩水にお酒を少々、とあったのだが海の物だから、海水か?と言う事で海水よりはちょっと甘塩にお酒を混ぜたものに30分浸し、脱水シートに挟んで約2時間くらい冷蔵庫に置いといたものを焼いた。

甘塩で、ふっくらと焼き上がって・・・みるみるオットの表情が「おいしい顔」に変わったのがおかしかった。

よく、食事の時に「おいしい?」「うん、おいしいよ」と言う会話を交わすが、はっきり言って顔を見た方がわかりやすいのだ。ヤツは・・・。

子供の頃、あまり好きじゃなかったから、と言うだけでカマスちゃんを避けていたのが急に惜しくなったよ。小太郎さん、ありがとう~happy02

Cimg0026 

                <栗と鶏肉の煮物>

先日頂いた、栗と鶏肉、干し椎茸でこっくりとした煮物を・・・。秋の趣で本当はもみじ麩を捜していたんだけどあいにく、どこにも売ってなかったので、人参をもみじに見立てて、花形でくり抜いた物を使ってみた。栗はホクホク、煮物でもおいしいのね、栗って・・・。去年は栗の甘露煮で煮物にしてみたけれど、生の栗を使った方が絶対美味しいわ~。

栗は皮を剥いて、一旦茹でてから使ってます。鶏肉は食べやすい大きさに切って、ちんちんに沸かしたお湯をざっとかけ回してから使います。まず、干し椎茸を戻して食べやすい大きさに切った物をしばらく煮てその中に鶏肉、栗を一緒に入れて煮て味付け。・・・ある程度栗が柔らかくなったら人参、最期にインゲンを入れてちょっと煮たら一度火を止めてしばらく冷まして味を浸ませます。 食べる前に温めて・・・。

その他に、チョコチョコおかずのお盆セット(しめじと春雨のコンソメ煮(炒り卵入り)・新生姜の甘煮・茹でしろ菜のなめ茸和え・パプリカのポン酢浸し)・・・このおかずお盆セットは常備菜と、冷蔵庫掃除が目的・・・でも、結構楽しめるのである。 

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ  にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します! 更新の励みとさせて頂いております!

12月中旬に、ジャカルタの親友チャンとその息子、Kちゃんが来日する。昨日の国際電話は結局、来日の際に計画している京都旅行の件だとか、冬服どうする?とか、そんな話に終始して、肝心の料理の事を聞くのを忘れたil||li _| ̄|○ il||li だめじゃん。

毎日、インドネシア語放送漬けの生活をしていても、やっぱり、会話になるとおぼつかなくなっている事がわかる。(私の場合、ムード、体調によっても左右されるので・・・)インドネシア語学習の仲間は出来たけれど、できればやっぱり、日々インドネシア語を話したいんだよ~。 あう~。 ジャカルタ行きたい・・・。バリに行きたい・・・。日本が寒くなってくると、どうもこの病気(インドネシア行きたい病)は頻繁に顔をだして、オットを青ざめさせるのであった。 でも、行くぞ!来年(できれば、大統領選挙の前に!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

豚肉ときのこの赤ワイン煮♪

             Cimg0006

             <豚肉ときのこの赤ワイン煮 と 珍しく洋食系の晩ゴハン風景>

相変わらず、ちょっと前の食卓をUPしとります。…気が滅入っていたときに作ったモノだけど…やっぱり、そう言うとき美味しい物は、心を和ませてくれる…。更に言えば、料理をしてると気が紛れる! そして、暖かい料理は心も温めてくれるような気もする…。

                   Cimg0009

                   <豚肉ときのこの赤ワイン煮>

一見、豪華で手が掛かるように見えるけど…これも例の炊飯器調理なの。豚肉はこの間愛友市場で買ってきた肩から背中にかけた部位の肉。 

豚肉は食べやすい大きさに切って、鍋で焼き目を入れる(この時ちょっとだけニンニクスライスを使います)。そして鍋にヒタヒタ豚肉が丁度かぶるくらいに…赤ワインだけを注いで弱火でしばらく煮て、出てきたアクは丁寧に取り除くだけ。その後炊飯器に移し、コンソメキューブを一つだけ入れ急速炊飯で約1時間。(この間に、水分が少なくなってきたら赤ワインを足していく事を忘れずに…。)その後はしばらく保温で放置。(この時は多分、4時間くらい放置したと思う…sweat01) 水分はヒタヒタくらいになっているところへ、トマトピューレ(カップ1杯位)としめじ、エリンギをたっぷり入れてもう一度急速炊飯で30分くらい煮込んで、味が足りないようならちょっとだけ塩胡椒します。最期に水溶き片栗粉少々でとろみをつけて、出来上がり~。 赤ワインときのこって相性良いheart04   赤ワインは、甘みのないフルボディのものですが、498円の安物・・・でも、煮込みにするにはこんな物で充分。

            Cimg0010

            <付け合わせの ジャガイモのミルクグラタンと塩茹でインゲン>

我が家は大皿にど~んと盛りつけるので、付け合わせは別皿にど~ん、なのである。

ジャガイモのミルクグラタンもとっても簡単!ジャガイモ(2個)は皮を剥いて、5ミリくらいに切って5分くらい水にさらした後、ミルクとコンソメキューブ1個と一緒に煮るだけ。ミルクの量はジャガイモがかぶるくらいでOK。煮崩れてきたら、焦げないように丁寧にかき混ぜて、味が足りないようなら、塩、そして、砂糖をほんの少々入れるてマッシュポテトのような感じになったら出来上がり。 (我が家のポテトグラタンはこの要領で作るのだ)

            Cimg0003

            <壬生菜のお浸し>

久し振りに、壬生菜のお浸し・・・。何のお浸しよりも、私は壬生菜のお浸しが大好きなのだ。横浜にいるときは埼玉産の壬生菜が普通に手に入ったけど・・・こちらに来てからはとんとご無沙汰。家から一番近いSCの八百屋さんに京野菜のコーナーがあってそこで購入。ちょっと高いけれど、たまの贅沢・・・ってことで。

                    Cimg0002

                    <残り物のほうれん草で卵焼き>

やっぱり、残り物リメイクの一番簡単な方法は卵焼きだわい。 中に具材(水分を含む野菜など)を入れる場合の卵焼きって、焼きにくい・・・。でも、そんな時にほんのちょっとの片栗粉を一緒に混ぜてやるとまとまりが良いのよね。入れすぎると、明らかに粉粉しちゃうけど、ほんのちょっとだけ・・・。

その他に、ブロッコリーのサラダ、大根のサラダなど・・・野菜もたっぷり頂いて、あったか満足な晩ゴハンだった。

 この日も炊飯器は大活躍・・・。(ちょっと前のご飯をUPしてるんですがね・・・) たった5000円で買った安物で単純な機能の方が使いやすいンだなぁ~、これが。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリックよろしくお願い致します。 更新の励みとさせて頂いておりますデス。

昨日、初めてインドネシア語講座上級者クラスに参加してきました。(あ、一日曜日を間違えていたんです・・・汗)。また、お友達が増えました! インドネシア語で自己紹介・・・。あちゃ~、やっぱり、先生からジャカルタ訛りを指摘された! ま、それに関しては全く気にしてないんですがね。 長文読解も、ちょっと辞書は使ったけど・・・今までやって来た事は無駄じゃなかった、と少し安心。 更に、もっと勉強しよう!!と言う気持ちがわき起こってきた~。 今晩はジャカルタに電話しようっと。 料理でU姉さんに聞きたい事もあるし・・・。

昨日の、豚バラと大根の炊飯器調理・・・りえこっちさんが早速作ってくださったみたい!。私のこんな適当な料理でも、喜んで下さる方がいるのが、とっても嬉しいです!

りえこっちさんの豚バラの煮物はこちらです♪ ←こちらをクリック♪

りえこっちさんのページは他にも試してみたいお料理がいっぱい♪娘さんの10分弁当なんかも、すごく可愛い! いつも、おいしい情報ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

トラウトサーモンのたたき と 鮭白子のバター醤油ソテー

          Cimg9972

                     <鮭づくし と 色々の晩ゴハン風景>

この季節、横浜にいるときは結構な頻度で筋子が手に入っていた。それと同時に、鮭の白子も店頭に並ぶ事が多かったが…どうやって食べたら美味しいか?よくわからずに手を出せずにいたのだった。 ここ広島では筋子は1回しか見てない…(イクラ丼の日だけ…)でも、白子は、手に入るのよ。 考えあぐねて、お気に入りのブログを徘徊している時に、発見したのが…人気ブロガー・りえこっちさんの「サケの白子のナンチャッテフォアグラ風」。早速試してみました~!

                      Cimg9964

                      <鮭の白子のバター醤油ソテー>

鮭の白子は一口大に切って、水気を拭き取った後、きつめに塩胡椒をふり、その後小麦粉をまぶします。フライパンにバターを溶かして白子を丁寧にソテーした後、白ワインをふりかけ、醤油を入れて焼いて…醤油がちょっと焦げた良い匂いがしてきたら出来上がり…。 とっても美味しかった~♪ 

ただこれだけの作業なのに、白子の旨味が充分に味わえた~。りえこっちさん、ありがとうございます~。オットも大喜びでしたよ!

                    Cimg9975

                    <トラウトサーモンのたたき>

トラウトサーモンはたたきにする前にちょっとだけ(20分くらい)お酒につけ込んでから、水気をふいてテフロンのフライパンで表面だけ焼き、氷水にとって水気をふいて・・・と言う簡単なもの。もうちょっと焼いた方が良かったかしら? でも、、、マグロのサクと違って端っこの方なんか焼きすぎるとヤワヤワで崩れちゃいそうだったので・・・。

          Cimg9967

                   <豚バラ肉と大根の煮物>

勿論!炊飯器調理ですとも! 大根と豚バラ肉は一度湯がいて置くだけであとは調味料を炊飯器の内釜に放り込んで急速炊飯スイッチON! 時間がたてば、しみしみの大根の煮物の出来上がり♪ (味付けは特に書かないけど・・・普通に鍋で煮物するときと同じくらいの分量で大丈夫と思う・・・)

                      Cimg9971

                      <蒸し茄子のサラダ>

レンジでチン☆の蒸し茄子は、お手軽だけど・・・まだ、肝心のドレッシングが決まりません・・・あう~crying

今回は。オイルとポン酢醤油のみのシンプルな味付けに、たっぷりの貝割れ大根。 貝割れ大根に助けられて何とか、納得出来るかな?くらいの出来映え。 本当はマスタードを効かせてなおかつ、醤油ベースを目指しているんだけど・・・なかなか納得のいく物に仕上がりません~。今年はもう無理かなぁ~。

 

他にも、単純な小松菜のお浸し、胡瓜と卵、しらす(イカン・トゥリ)の生姜和え・・・も。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ ランキング参加してます~! もし、よろしかったら応援の1クリック、ポチッと一押し・・・よろしくお願い致します。 更新の励みとさせて頂いております!

本日UPの鮭の白子のバター醤油ソテー・・・りえこっちさんのレシピ・・・簡単なようで、すごく考えられている物だと思う!! こういうレシピが起こせるって、本当にすごいなぁって思う。料理が好きでブログを始めたけれど・・・やっぱり、わたしってセンスないのかも・・・。大体、毎日の料理に分量はかってなんて・・・ほとんどしないし・・・性格的に、kirakiraのtidak apa apa ( 日本語で=大体 大丈夫大丈夫) だし。 ←これは、センスとは関係ない・・・(汗) でも、センスないのは本当! ブログたたんだ方が良い??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

下ごしらえから出来た♪ソト・アヤム(インドネシア風チキンスープ)

               Cimg9961

               <Soto Ayam(インドネシア風チキンスープ)>

前記事の、アヤム・ゴレンを作るときに煮込んだ黄色い基本のブンブ(調味香辛料)とレモン・グラスの汁に、粉末のコリアンダーを足すだけで、かなり旨いソト・アヤムが出来る、と言う証明が出来た!

やったぜ、これで黄色い基本のブンブで3品のインドネシア料理が作れる!これから、どんどん色んなものを足していって、種類を増やすぞ~!!

スープの中身は…鶏肉、キャベツ、ジャガイモ、春雨、バワン・ゴレン…。ゆで卵を入れるともっとゴージャス!勿論、食べるときにサンバルとジュルック・リモ(コブミカン?)を足して頂きます♪ (リモがなければ、ライムもかレモンの薄切りでもOK!)

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しております!よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します! 更新のhげみとさせて頂いております。

本日は、2記事UPです。もうひとつの「サンバル・ゴレン・ウダン(プテ入り) お家インドネシア料理②」もよかったら見て下さいね。

この頃、毎日インドネシアチャンネルのドラマとニュースを見てます。(ドラマは録画してあるものと、生と…)朝と夜のニュース以外はテレビは全てインドネシア語。 インドネシア語が聞こえてる方が落ち着く…ってのも日本人としてどうかと思うけど…(笑)。

今日は夜、初めてこの間誘って頂いた、インドネシア語の上級者クラスに参加します。・・・が、どうしてこうなるのか・・・この所の寝不足がたたったのか・・・調子悪い~down 朝からテレビ(インドネシア放送)はついてるんだが、言葉が頭に入ってこない・・・。正確に言えば、頭の中でインドネシア語→日本語の自動変換が出来ないって感じ。とほほ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サンバル・ゴレン・ウダン(プテ入り) お家インドネシア料理②

トウゲ・ゴレンの作り方に続いて…我が家の定番、サンバル・ゴレン・ウダン(プテ入り)の作り方もご紹介。 

            Cimg9950

            <サンバル・ゴレン・ウダン(プテ入り)>

この臭い豆を使った我が家の定番料理も、基本のサンバルを使って作るのね。基本のサンバルがあればホントに簡単!!

材料は…

・生の海老10尾くらい(皮を剥いて背わたを取っておく)
・赤ピーマン、青ピーマン(それぞれ小さいもの1)、
・ジャガイモ 小1つ
・プチトマト3つくらい
・プテ20粒くらい ※プテは入れなくても出来る… 
・基本のサンバル大さじ2杯
・ココナツミルク缶(小)1、
・ダウン・ジュルック(コブミカンの葉※乾燥タイプでもOK)、
・チキンスープの素少

まず、基本のサンバルをダウンジュルックと一緒に炒めて香りを立たせてから、プチトマトをざっくり切って鍋に入れて煮込む。 プテを入れるならこのタイミングで入れてしまう。 ジャガイモを入れて水を足して少し煮込む。 ジャガイモが柔らかくなったら、ピーマンを入れて、ココナツミルクを入れて軽く煮立たせる。最期に海老を入れて味見をしてコクが足りないようなら、チキンスープの素で味を整える。煮すぎると海老が固くなるので…海老はあくまでも最期に! が我が家の作り方。

つゆだくで、海老ココナツミルクカレーのようにしても良いし、ココナツミルクの量を減らせば、もったりとしたおかずタイプのサンバル煮込み…。辛さの調節は、サンバルの量で決まるので…辛いのが苦手の方はサンバルを減らすと良いと思う。

参考までに…某インドネシアレストランのサンバル・ゴレン・ウダンの画像も…(味はほぼ一緒だけど、つゆだくバージョンね!)

             Cimg3045

             <某レストランのサンバル・ゴレン・ウダン>

そして、アヤム・ゴレン…

                 Cimg9949

                 <アヤム・ゴレン>

アヤム・ゴレン…平たく言えばフライド・チキン。日本式にやる時は、香り付けにブンブにつけ込んで生のまま鶏肉を揚げるけれど…インドネシア式は…ブンブで煮込ん味を浸ましてから揚げてやるのデス。

これは黄色い基本のブンブ(仮称)にレモングラス・チキンスープの素を少々足したもので煮てから、しばらく2,3時間つけて置きました。レモングラスは実を言うと、自分の趣味で入れただけ…基本の黄色いブンブだけも充分風味はつきます。 この煮込んでおいた汁は翌日のチキンスープに…。一粒で二度美味しいってわけ!smile

勿論、食べる時はサンバルをつけて!

この日は、もうひとつ、冷凍しておいた若イカのジャワ風煮込みもあったから、ものすごく豪華なインドネシア飯でしたねぇ♪ 作り慣れてる手抜き和食と比べると、やっぱりインドネシア飯はどうしても手が掛かる…。でも、基本のサンバルと、基本の黄色いブンブ(調味香辛料)を使えば…かなり、苦もなくインドネシア飯がつくれるって言う事が、ちょっとだけ証明された記念すべき(?)晩ゴハンでもあったのだ~。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します! 更新の励みとさせて頂いてます!

ここは、どこ?って言う画像をおまけに!

                    Cimg9995

これは、何でしょう? タイだったら、サムロ-、ジャカルタだったら、バジャイという名で呼ばれている三輪タクシ-であります。 連休中徳島の家に帰った時に偶然道ばたで見つけたの。

去年ジャカルタに1ヶ月居たとき、時々利用してたから…すごく懐かしくなっちゃったsmile 。 もちろん、ジャカルタのバジャイはこんなに綺麗じゃないけどね! このお店のHPを見たら、なんと一台50万円台で販売してるんだって…。  あああ、ジャカルタに行きたい~。 コタでミー(麺)やブブール(お粥)が食べたくなってきた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

久々のトウゲ・ゴレン お家インドネシア料理①

           Cimg9955

           <トウゲ・ゴレン と インドネシア料理色々の晩ゴハン風景>

南国の料理は色鮮やかだ。この所秋の食卓…という趣が多くなってきたので茶色に傾いた食卓になることが多いが、たまには…こういう色鮮やかで、目の覚めるような色彩と、味(辛いから~)も良いもんだ、と思う。

この所、色々と有ったので「美味しい物でもつくって元気だそう!」と思ったら、やっぱりインドネシア料理になっちゃった。 今回は作り置きの基本のブンブダサール(所謂我が家のサンバルね)と 基本のブンブ(黄色)を使って簡単に! 結構それらしいものが出来て、ニンマリ( ̄▽ ̄)!

           Cimg9948

           <トウゲ・ゴレン 基本のブンブダサールを使って簡単バージョンね!>

トウゲ(=モヤシ) ゴレン(=炒める、揚げる)という名からすると、もやし炒めを想像してしまうけれど…実はこのトウゲ・ゴレンという料理は炒めない、揚げないヘルシーなものなの。 たしか、ボゴールに老舗の店があって有名なはずだけど…残念ながら私がこの料理を頂くのはいつもジャカルタ。

モヤシとニラ、麺、ネギ…など(向こうではオンチョムという豆腐が発酵したものも入れる)茹でておいて、タウチョ(インドネシアの粒味噌)と香辛料のソースを混ぜて食べるのだが、今回は敢えて、基本のブンブでどこまで再現出来るか実験してみた。

Cimg9938 Cimg9940

基本のサンバル大さじ2杯にプチ・トマト3個を切って一緒に炒め…タウチョ(インドネシアの粒味噌)を大さじ2杯入れ更に炒める。

Cimg9941_2 Cimg9944

タウチョの後は、ケチャップマニス(インドネシアの甘辛醤油)を大さじ2杯、そして水を50cc位入れてソースがとろりとするまで煮詰める。 (お好みで食べる時に更にケチャップマニスをかけて食べる人も居る…。)

茹でたモヤシ、ニラ、麺ときざみネギを混ぜたら、ソースをかけて頂きます♪

残念ながら、タウチョは日本には輸入されていないので…日本の食材を使うのであれば一番近いのは甘めのもろみ味噌だろう。

                Cimg9957

                <空心菜のサンバル和え と トウゲゴレン>

野菜が多いのが我が家のインドネシアンの特徴か?

               Cimg9952

               <和風の材料で、アチャール(野菜の酢漬けね!)>

今回は、作り置きの基本のサンバル(ブンブ・ダサール)と基本の黄色いブンブ(仮称)でどんな風に仕上がるか実験的な意味も含まれていたから、レシピらしきものも載せたけれど…他のおかず、サンバル・ゴレン・ウダン(プテ入り)、アヤムゴレンなどは次回にレシピをUPしま~す。

あ、肝心な事を忘れていた! 基本のサンバル(ブンブ・ダサール)の作り方は こちらをどうぞ!!

「サンバルを作る(ナンチャッテバージョン)」

長くなるので、今回はこの辺で…。続きは「サンバル・ゴレン・ウダン お家インドネシア料理②」で!!

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ ランキング参加中です。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します。 連休更新出来なかったら、やっぱりずるっとランキング降下…。たいしたブログではございませんが…ちょっとランキングが上がったりすると、結構これが更新の励みになったりするんです…。coldsweats01

ご心配をおかけしましたが、家族の問題も大分落ち着いてきました。 一時期、ショック?で体調崩したりしましたが、もう大丈夫! 美味しい物作ろう!(←こればっかだね(苦笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ちょこちょこっと出来るおかず、再び!

以前にも書いたけれど、時々「あちゃ~sweat01」、これはちょっとUP出来ないわ~というおかずが出来上がってしまう事がある…。 または、写真を取り忘れちゃう…写真を撮る前に、待ちきれずオットが手をつけてしまう…なんて事も有ったりして、ボツになった日も沢山有るのだ。

今日はその中から、また料理とは言えないんじゃないかと言うほど簡単なものばかりをUP。

               Cimg9835  

               <小松菜の海苔茶漬け和え>

お浸しにするように小松菜は茹でてから、冷水にとって色止め。良く水気を絞ったら、食べやすい大きさ2センチくらい切って置き、それに市販の海苔茶漬けをバサ~と和えただけの簡単おかず。 どうしても青い菜っ葉が食べたい我が家では、たまにはこんな感じにもアレンンジするのだ~。(小松菜の量で使う海苔茶漬けの量も調節しないと、しょっぱくなりすぎるので注意!) いつも同じじゃ飽きちゃうものね。

             Cimg9882 

             <ハヤトウリと海老のぶつ切りのスープ煮>

これも簡単!ハヤトウリは皮を剥いてサイコロに切ったら、しばし水に浸しアクをとる。ざるにあけて、ニンニク生生姜を一かけずつくらいみじんに切ってコンソメと一緒にハヤトウリを煮ます。ハヤトウリが柔らかくなってきたら、最期にぶつ切りの剥いた海老を投入。味を見て薄いようならお塩で少し調整。トッピングに青ネギをパラリと撒いて彩りを。  ね、簡単でしょ? これは バリの師匠宅でも好評でした。 

       Cimg9901

       <春雨としらす(イカン・トゥリ)のさっと煮炒り卵入り>

春雨は水で洗って、キッチンばさみで食べやすい大きさにカット。白出汁を希釈した汁にしらすをひとつかみ少なめに入れて、そのまま春雨を煮て行きます。味がしみてきたら、最期に別に作った甘めの炒り卵を鍋に入れて一緒に煮るだけ…。汁が多めならとろみをつけた方が良いね!今回は汁が少なめバージョン。 優しくてホッとする味。

いずれも調理時間は10分に満たないものばかり…。副菜として、いかがでしょうか~?

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加中してますデス。もしよろしかったら応援の1クリック、ポチッと一発お願い致します~! 更新の励みとさせて頂いております。

この連休で、徳島へ帰省してまして、更新が出来ませんでした。リコメも出来ませんで…申し訳ありませんでした。

横浜に住んでた頃と、移動時間はあまり変わらないけれど、車での移動。初めて、瀬戸大橋を渡りました。 

オットの技術的解説付き…で渡った瀬戸大橋。天気も良かったけれど…なんせ、今回は先に控える問題のためにゆっくり景色を楽しむ余裕もなく…残念でしたが、実家の問題もやっと全容が掴め、少しだけホッとしました。 

まだ、全部解決した訳ではないけれど…一応、「最悪の状態になる事」は回避出来たと思う。 駆けつけてくれた義姉とその旦那様のお陰です。 

しかし、片道4.5時間、車での移動は疲れるsweat01…。運転してくれたオットはもっと疲れているだろう…。そして明日はまた、車で鳥取に出張とのこと。今日はのんびりして貰って、何か美味しい物で労をねぎらいたいと思います。  それにしても、疲れたわ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »