« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

クンタン・バラドの簡単な作り方・・・

                 Cimg1290_2

                  <クンタン・バラド(プテ・海老入り)>

昨日UPしたクンタン・バラド(プテ入り)・・・ほんとは出汁強化の意味も込めて海老も少々使用してます・・・。 さっぱりとした辛さが魅力の一品。 これから暑くなる季節に向けて・・・美味しいんじゃないかな~。更に言えばこれから、新ジャガも出回ることだし・・・ねっ!!

            Cimg1241

                  <用意する材料は、ざっとこんなモン!!>

バワンメラ(小赤玉葱・・・赤玉ネギで代用可)、バワン・プティ(にんにく)、チャベ(生唐辛子)、チャベ・ブサール(生の赤い大唐辛子)、トマト、トラシ(なくてもOK) という本当にシンプルな材料。 この量で4回分位です。

              Cimg1242

                   <バラド・ソース・・・これで4回分くらい有りますョ>

上記の材料を全てフード・プロセッサーに入れて・・・ペースト状になるまで潰し・・・。 出来上がったら容器に移してオイルで蓋をするように容器にオイルを注いでおくと、冷蔵庫でも1週間くらいは保ちますョ。 (ちょっとだけ油で炒めて、冷凍も有りです・・・)

これから先の行程が、急いでたので写真がなくて申し訳無い・・・。

ブンブ以外の材料は・・・クンタン(ジャガイモ)、プテ(臭い豆)、海老(中サイズを10尾くらい)、塩(適量)、スープの素、ダウン・ジュルック(コブミカンの葉)

作り方は・・・

①まず、クンタン(ジャガイモ)はさいの目に切って揚げずにレンジでチン☆1分位(本式にやるならジャガイモは揚げますが、カロリーオフのため敢えて揚げませんでした(;´▽`A``) 。プテ(臭い豆)は1/2に切って置く。

②中華鍋にバラドソースを入れて、炒め香りが立ってきたら、塩、スープの素、プテ、ダウンジュルックを入れて更に炒める。

③ジャガイモを入れてから水をヒタヒタより少し少なめに入れて海老も入れて煮込む。 味を見てもの足らないようなら塩、スープの素を足します。

④汁気が飛んで煮詰まって来たら出来上がり♪

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

あんまり複雑な香辛料だと・・・作るのが大変(大汗)!! でも、このバラド・ソースならかなり簡略なので気軽に作る気になれます! 結構良いレシピ本を買ったのかも知れないなぁ~ヽ(´▽`)/

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

お陰様で、きのうやっとエスニック料理部門ではじめて1位になりました!! かなり嬉しいデス!! この所のオット不在で大したものを作ってないけれど・・・「簡単で、美味しい物」作りに励みたいと思います。 宜しかったら、応援の1クリックポチッとよろしくお願い致します。

最近、兼業主婦に返り咲いて(要するに、仕事を始めた・・・だけ)、やっぱりちょっと疲れてきたかも・・・。現に、今日はオットが帰ってきてるのに・・・朝、起きられへんかった・・・。 (ヤバイ!!)  さあ、今日は昼~夜シフトだ! マヌケなことをしないように頑張らなくっちゃ!!

※クンタンはインドネシア語でジャガイモのことデス!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

今年お初のたけのこの刺身♪

               Cimg1329_2

              <お初のたけのこ、葉牛蒡、高菜・・・色々の晩ゴハン風景>

オット・・・出張の嵐、未だ吹き荒れてます・・・。日曜の午後出かけていったまま木曜の深夜やっと帰宅出来ました。 でも、金、土と広島に2泊してまた日曜から東京へ出張・・・。希望的観測では月曜の深夜戻れる?と言い残していきましたがどうなる事やら・・・。

出張中にはやはりろくなものを食べてない様子・・・。栄養が偏るったり、疲れがたまると口の周りにブツブツが出るオット。え、もう既に出とるンかぁ~(( ̄Д ̄;; こりゃ、イカン!!という訳で色々盛りだくさんに用意したのがこれです。

九州産のたけのこはまだちょっと小さめだけど・・・オットの大好物なので・・・。

                  Cimg1305

                  <たけのこはお刺身に・・・お刺身ワカメと一緒に!>

筍はもし、とれとれだったら皮ごし蒸し焼きにするのが美味しいと思うんだけど・・・九州から運ばれてきた訳だから・・・普通に湯がいてアクをとって熱々のウチにスライスしてワサビ醤油で頂きます~。 お刺身ワカメ(鳴門産)と一緒に!!

             Cimg1327

                    <葉牛蒡の葉の部分で白和え>

横浜在住時代は、滅多に見かけなかった葉牛蒡・・・こっちじゃ当たり前に八百屋さんに並んでるし・・・安いの!

こっちに来る前は作り方も知らなかったけど・・・ネットで情報を入手して、湯がいた後、水にさらしてあく抜きした葉の部分を細かく刻んで白和えに。 あえごろもには白味噌使用。結構えぐみのある野菜だけど、結構優しいお味に仕上がりましたョ。

                    Cimg1326

                      <茎の部分は、豚こま・揚げと一緒に炒め煮に>

同じく、葉牛蒡の茎の部分は湯がいて水に浸してあく抜きした後に、豚こま少量とあぶらげの刻んだものと一緒に、ポン酢と赤酒で炒め煮に。 葉牛蒡とポン酢&みりんも中々の相性でした~。

           Cimg1321

             <作り置きの定番・・・割干し大根の煮物>

近所の八百屋さんで作って居るであろう?(パッケージがそれっぽいので推測ですが・・・)割干し大根で煮物。作り置きしておくとちょっと便利だから~。 

           Cimg1324

              <タフ・ゴレン(豆腐をサイコロに切って揚げました♪)>

しっかり水抜きした木綿豆腐をサイコロに切ってチキンスープの素(粉末をぱらりとかけておきますョ)で味付けして素揚げに! これはバリのH師匠宅の定番おつまみ! そのまま食べて良し、サンバルをつけて良し!最近ウチのオットはかなり私に感化されてきて、この手のおかずには自らサンバル(自家製)を出してきて付けるようになりました・・・。

他には残り物で水晶鶏のサラダ、高菜の牡蠣オイル和えも・・・。何だか茶色と緑の食卓・・・(≧m≦)

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

参加しておりますとも!ランキング!! 少しでもランキングが上がったりすると嬉しいデスねぇ~。もうちょっと頑張ろうかなぁ?という気持ちになります(笑) 宜しかったら、応援の1クリックポチッとお願い致します!!

金、土と診察のために早朝のJALで東京へ出たんだが・・・「ただいまの東京国際空港の天候は晴れ、気温は5度、と報告を受けております・・・」えええ~、5度?? ちょっとは寒いかなぁと思ってたんだけど・・・そんなに寒いとは知らなかった・・・。 日中は地下鉄に乗ったり、電車に乗ったりするからそんなに寒さは感じなかったけど・・・実家に行ったら(実家は確実に東京より2度くらい気温が低い・・・)真冬じゃないの?と言う位の寒さ。

でも、土曜日の夕方新幹線から降り立った広島駅はそんなに寒くなかったんだよねぇ~。小田原は寒かったのに~。やっぱり、広島の方が暖かいのね・・・。私の身体は年中南国仕様だから寒いのはほんとに苦手!広島に引っ越して良かったのね!!←いつかは横浜に帰ることを既に忘れている・・・(;´▽`A``

それに、独身時代は世田谷区や新宿区在住だったはずなのに・・・東京にちょっと行ったらホントに疲れた!何て人が多いんだーーーー。(どんどん、広島暮らしに馴染んでいるのがよくわかったよ!!)いつかは、また転勤になるだろうけれど、広島暮らしをもっと楽しみたいなぁ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

確信! ジャワ風イカの墨煮

          Cimg1123

                        <ジャワ風イカの墨煮>

昨年のバリ行きで図らずもはまってしまった屋台の「ジャワ風イカの墨煮」。 見よう見まねで色々試行錯誤して我が家の定番インドネシア料理となったのだが・・・今回のデンパサール滞在中に居候宅のマスOが実際に作って見せてくれた!!(ま、単にマスOはイカが大好物で、自分が食べたかったかららしいんですがね^^;)

その結果・・・自分が試行錯誤して作り上げた物が、まあまあ現地の味ッテコトが証明されて「これで良かったんだ!」と、確信が持てたのでした!!

以下はその作り方を写真で解説します~♪

           Cimg1113

            <用意するブンブ(調味香辛料)はイカ500gに対してこれくらい>

バワン・メラ(赤小玉葱)・にんにく・生姜・クンニット(ターメリック)・ルンクワス(ナンキョウ)(タイ料理食材の店だったらカーという名前)・チャベ(唐辛子) これに、塩適量、チキンスープの素少々・・・

バワン・メラ(赤小玉葱)がなければ、日本の赤玉ネギで代用しても大丈夫! 生の唐辛子は日本の物でも大丈夫だけど、辛さはお好みで調節して下さい。

           Cimg1114

               <上の材料をすり潰すとこうなる・・・>

                  Cimg1115

これを少量の油とレモングラスと一緒に弱火で炒めて香りを立たせて・・・

             Cimg1117

例の如く、足を胴体の中に詰め込んで楊枝で留めたら・・・

                    Cimg1122

先程のブンブ(調味香辛料)と、ダウンジュルック、塩、スープの素と一緒に煮込んでいきます。この時お水を少しさして下さいね。 味見してパンチが足りないようなら塩を足しても良いです。 煮込むウチに一番上の写真のようにイカの墨がたっぷり出て、煮詰まって来たら出来上がり~♪

              Cimg1125

そして・・・このイカがおかずになった日の、お昼ゴハン~♪(この日はほぼH師匠作・・・)

大変、美味しゅうございました! ごちそうさまでしたぁ!!

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

相変わらず、ランキング参加中です!! ちょっと、ランキングが上がってくるとやっぱり嬉しいもの・・・ヽ(´▽`)/ 宜しかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します!!

今日のバリはニュピです! 所謂バリの新年の日です。 この日は灯りを付けてもダメ、火を使ってもダメ、家の敷地から外に出てもダメ、ングラライ空港も朝の6時から翌朝6時まで閉鎖。(勿論観光客もホテルから一歩も出られませんよ~)  私はまだニュピは経験したことはないですが・・・弟達は(生粋のバリ人)は、断食に瞑想・・・一緒にやろうよ!といつもバリに誘ってくれるんだけど・・・根性のない私には無理~(;;;´Д`)ゝ  去年のニュピはデンパサールからすたこらさっさとジャカルタに逃げたのでした。(偶々、ニュピを挟んで滞在していたので・・・)

イスラムの知り合いからは、ラマダンの時に「断食してみたら?」と誘われたこともありますが・・・やっぱり、根性ナシなので、丁重にお断りしました。 この所の体重増加傾向を考えたら・・・抜本的な対策はもう「断食」しかない??とも思うんですがねぇ~。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

料理関係の簡単なインドネシア語①

このブログのタイトルからして・・・実はインドネシア語だったりするんだけど、りえこっちさんのコメントで「聞き慣れない料理名」とか、以前も「聞いたことない言葉が沢山有って・・・」というコメントを頂いた事も有り・・・。

この辺でちょっと、料理関係のインドネシア語解説などを・・・(きっと、色んなインドネシア関係のHPで既に解説はされてると思いますが・・・)

まずは 料理すること   =masak (マサック) 関係の単語から

  • 洗う        =cuci (チュチ)
  • 切る        =potong (ポトン)
  • 薄切りにする   =iris(イリス)
  • すり潰す       =ulek(ウルック)、haluskan(ハルスカン)
  • すり下ろす     =parut(パルット)
  • 皮を剥く      =kupas(クパス)
  • 揚げる       =goreng(ゴレン)
  • 炒める       =tumis(トゥミス)
  • 焼く・グリルする  =pangan(パンガン)
  • 焼く         =bakar(バカール)
  • 茹でる       =rebus(ルブス)
  • 加える       =tambahkan(タンバカン)
  • かき混ぜる    =aduk(アドゥック)
  • 混ぜる       =campur(チャンプル)
  • 弱火        =api kecil(アピ クチル)
  • 中火        =api sedang(アピ スダン)
  • 強火        =api besar(アピ ブサール)

            018

     <楽しそうにブンブ(調味香辛料)をulek(すり潰す)する屋台のお兄さん>

インドネシア語は、まあ、この私が普通に使ってるくらいだからそんなに難しくないんですよ! 結構アバウトでも通じるし・・・(逆に、このアバウトさが日本語訳を付けるときなんかに難しかったりするんですが・・・)。バリなどに旅行して、片言でもインドネシア語を使うと、地元の人達ともぐっと親しくなったりもします。 機会があったらぜひインドネシア語、coba(=試す)してみて下さいね~。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

今日は料理記事じゃありませんが・・・よろしかったら応援のポチ1クリック、どうかよろしくお願い致します。

Dapur☆cium(=cium の台所)って意味なんですよ。このブログのタイトルは・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

クンタン・バラド(プテ入り)と アヤム・ゴレンで日・イ混在晩ゴハン♪

        Cimg1285

         <少々作りすぎ?の感有りだけど、久し振りに日・イ混在の晩ゴハン風景>

相変わらず、我が家のオット氏、出張の嵐が吹きすさんでます。 本来なら今日は東京前泊で東京・横浜方面のはずが・・・昨夜急遽大阪に呼びつけられ、更に最終のサンダーバードで金沢へ飛んだそう・・・。今晩は高崎?(予定表を置いていったけれど、もう何が何だかよく判らん・・・) とりあえず、木曜の夜には帰ってもらわないと、金曜は私、早朝便で東京に飛ばなきゃならないんだよ~。 (あ、定期診察のためデス!) 帰ってもらわないと、我が家のニャンズがドライアップさ・・・。

先週はオット氏我が家に2泊(あえて、2泊と言わせて頂くわ・・・)しかできなかったので、この晩ゴハンもその時のです。 私は新しい料理本「BALADO」を試したくてウズウズしていたので、作りすぎとは思ったけれど日・イ混在メニューです。

        Cimg1268

             <作り置き大活躍!!の和風おかず盆セットなり~>

残り物+αで、和食おかず盆セットに。 これだけに白飯でも充分なんであるが・・・いかんせん残り物だからねぇ。 しかしながら・・・1セットのお盆にしちゃったりすると、意外と見られる・・・(見られない??・・・ちと苦しいところだね・・・)

        Cimg1281

            <アヤム・ゴレンとテンペ・バッチャム・ゴレン・・・>

アヤム・ゴレン、日本式に言うなら鶏の唐揚げ・・・といった所なんだけれど、これはちょっとインドネシア風に作ってあるんである。 (H師匠に教えてもらった物を簡単アレンジした)

日本の唐揚げだと、絶対的にお肉は生の状態から揚げるでしょ? でも、これは生じゃなくて揚げる前に煮込んで味を付けてから揚げるの。 しかも、以前買ってみたインスタント・ブンブ(調味香辛料)・・・あまり美味しくなかったのでどうにかして消費しようと考えて・・・オポール・アヤムのインスタント・ブンブとサンタン(ココナツミルク)、ダウン・スレ(レモン・グラス)で先に軽く煮込んで味を付けてから揚げた。

テンペ・バッチャム・ゴレンも同じように このオポールのインスタント・ブンブにグラ・メラ(ヤシ・砂糖)を足したのでさっと煮てから揚げてみた。

とっても、美味しかったんであるが・・・出来合いのブンブじゃなくて、自分で引いたブンブならもっと美味しくできるかも!!(一口かみつくと、お口のなかにふぁ~とレモングラスとブンブの香りが拡がる・・・heart04

                 Cimg1278

                  <有り物野菜で・・・チャプ・チャイ?>

チャプ・チャイはインのネシア料理か、否か? ま、普通に向こうのワルンなどに行けば絶対に置いてあるチャプ・チャイは八宝菜?野菜炒め? 

これは、実は炒めてないのだ・・・。 市販の塩ラーメンスープをちょっとだけ使ってキャベツをベースに冷蔵庫に合った野菜だけで蒸し焼きにして、最期にU姉さんのバワン・ゴレン(フライド・オニオン)をパラリ。 サンバルをたっぷりで頂きます~。

                  Cimg1290

                       <クンタン・バラド(プテ入り)・・・>

向こうで仕入れてきたレシピ本「BALADO」から・・・簡単にクンタン(ジャガイモ)と海老、プテ(臭い豆)で一品。 以前、日本語で書かれたエスニック料理の本に載っていて始めて作った「バラドソース」よりも、材料も少なく行程も簡単。 ・・・これだけ簡素な材料でも充分だと言うことがよく判った一品。

この日は全体の量が多いのと、既にゴレン(=揚げる)した物が有ったので、ジャガイモを揚げるべき所を揚げずに一工夫してカロリーダウンを計ってみた。お陰で結構あっさり食べられたのだった。

※これは、後日簡単な作り方をUPする予定デス(期待しないでお待ち下さい!)

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

簡素なブンブ・・・で思い出したのが、日本で以前お世話になっていたバリ舞踊の先生のお母様の事。 ものすごく料理上手なこのお母さん、私のインドネシア語がまだまだ拙い頃からバリ語混じりで色々教えて下さったのだが・・・彼女の作るブンブも最小限のブンブでとっても美味しい料理を作り出しておられた。 (バリの家庭料理ね!) もしかしたら、日本人の舌にはこうした最小限のブンブと調味料で味付けされた物の方がマッチするのかもしれないなぁ~、などと思う。 

なんにせよ、やっぱり、作り慣れている和食と違って自分でブンブ(調味香辛料)を引くところから始めると、複雑で気力を要するインドネシア料理・・・。相変わらず、なんとかして「簡単に作れる、それっぽいインドネシア料理」を考え続けている訳ね。 いつの日か「ズボラにも出来る簡単インドネシア料理」のレシピを作り上げたいなぁ・・・などと、大それた事も考えている今日この頃である。

いや、それよりも先に、新しい職場のシステムに慣れて、使いこなせるようになるのが先・・・だな。今日も夕方から仕事でーーーーす。 うし、頑張って来ようかね!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

バリで仕入れた物たち♪

         Cimg1264

              <今回新たに仕入れたレシピ本・雑誌>

         Cimg1265    

             <アタのランチョンマット①>

                 Cimg1266

                  <アタのランチョンマット②>

           Cimg1267

                          <アタのコースター>

上の写真は、今回バリで仕入れてきた物達♪ 料理本はなるべく簡単な行程で日本でも抵抗なくできる物、それから大好きなジャワ料理の比較的簡単な行程の物。 「BALADO」と書かれたものは何と行程は①,②,③しかないの。 材料もかなり簡素化されているので、好みで色々な物を足してみたりしてます。(バリの師匠宅でも一度試してみたけれど、出来はなかなかだった!!)  雑誌、Kartiniは日本で言うと、家庭画報?的な主婦雑誌。 最新のクバヤファッションだとか、洋風にアレンジされたインドネシア料理なんかも時々載ってるのでちょっとしたヒントに良いんです!!(私の語学力でも辞書ナシで読めるから、結構好きで毎回買ってきます)

アタのランチョンマットとコースターは・・・M先生ご夫妻と一緒に出かけた際、トゥンガナンで購入。 ウブドあたりで売られている、アタ製品は実はロンボク産のものが多いらしく、その割に値段も高い!! と言う訳で折角トゥンガナンまで行ったのだから、買いましたとも!!

アタは目の詰まった細かい編み目の物ほど高いンです。 これはビアサ(普通)の物ですが・・・日本で買うよりはるかに安い!! 帰りの便の重量制限さえなければ・・・もっと買って帰りたい位だわ。(夏にオットと一緒に行くときは、二人合わせて60Kg(オットのステータスだとCクラスでも40kgまでOKなのだ~)までOKだから、希望の方がいらしたら、買ってきますよ~( ̄▽ ̄)v)

これからの季節に向けて、やはり南国の雑貨は重宝しますよね!

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも相変わらず参加中で~す!! ちょっとでもランキングが上がるとかなり嬉しい~ヽ(´▽`)/。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとよろしくお願い致します!!

久し振りに、横浜の派遣時代の仲間と長電話しちゃった。 ちょっと、新しい仕事で凹んでたんで・・・。 でも、前職場にも色々大変で、今月末で派遣は全て打ち切りになったんだって。 「仕事があるだけマシだよ~」・・・と。本当にそうかもしれないなぁ・・・。 それに、前職場で鍛えられたお陰で、今の仕事が出来る訳だし、ね。

今日もこれから仕事デス。今日は14時から21時の長丁場。 おし、気合い入れていこう!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年3月23日 (月)

オットよお疲れサマ! で、色々沢山晩ゴハン

           Cimg1261

           <一品ずつはちょっとでも色々食べさせたいと・・・こうなる、と言う晩ゴハン風景>

私がバリから帰ったら、今度はオットが出張の嵐で家に居ない・・・。本来なら先週木曜日に帰れるはずが、新潟での打合せが延びたらしく、広島までたどり着くことが出来ず、20日の祝日も大阪から直行で出社(世の中は祝日3連休で、広島は観光客でワンサカ!と言う状態だったにも関わらず・・・)。

私の方も先週から新しい仕事がスタートしたので、かなりアップアップの状態ではあったのだけれど、久し振りに家で一緒にゴハンを食べられる(呑めるの間違い??)ので、前日からチョコチョコ仕込んでおいて、盛りだくさんの晩ゴハン  (晩酌^^;)となったのだった。(← 飲み過ぎたのは言うまでもない・・・か)

                 Cimg1254

                    <ピリ辛豚のサイコロ焼き・ワカメと一緒に!>

豚のロースをサイコロに切って、胡麻油と塩でソテーしたものにたっぷりのワカメをしいて一緒に頂くと単なる豚のソテーもちょっとしたご馳走に! 最期に一味唐辛子と青ネギをたっぷり振って!! 胡麻油と塩味・・・ワカメと良く合う気がする・・・。

         Cimg1246

             <葉ワサビ と イカのわた和え>

お菜の準備が出来るまで、ちょっとビールでも・・・という作戦で前日に仕込んでおいた葉ワサビとイカのわた和え。 2つとも、オットの好物v。 大人の味だね。

         Cimg1256

           <湯葉ときのこのワサビ風味お浸し>

ジャカルタのU姉さんのお土産!クンバン・タフというインドネシアの乾燥湯葉を使って、きのこと一緒にワサビ風味のお浸しに。 ジャカルタのこの乾燥湯葉・・・日本のはかない乾燥湯葉に比べるとちょっと固いので・・・使う前に茹でて戻してます。 日本の物より風味が落ちるけれど・・・とにかく安いし、沢山使っても気にならない。(まだまだストックもあることだし・・・笑)。

ジャカルタではスップ・ブニン(濁ってないスープ)で煮込んで食べさせてもらったけど、他にも色々使えそう!

          Cimg1257

                  <大根のホタテオイル蒸し焼き>

出発前に作ったホタテのオイル漬けがちょっとだけ残っていて・・・もったいないので大根で一品作ってみたのがこれ! 大根は1/4に銀杏切りにして厚さは1.5センチ位に。それをレンジで1分くらいチン☆してから鍋に入れホタテオイルと刻んだホタテで蒸し煮に。 最初だけ強火で湯気が立ってきたら弱火に落として大根がしんなりするまで蒸し煮にしていき、最期にお醤油をひと垂らし・・・。 実は、これも前日仕込み。 作り置きで温め直しでもOKみたい。 大根の甘みがしっかり出てて旨かった。

         Cimg1255

                <高菜のサンバル和え>

帰ってきてから、どうも生の高菜にはまっている私。 先日は牡蠣オイルで炒めてみたけれど、今回は茹でて水気を切った後、自家製サンバル、白出汁少々、バワン・ゴレン(フライドオニオン)でざっくり和えて、ちょっとだけインドネシア風に。 一束60円の安さでこれだけ美味しいんだから・・・やめられません♪

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

性懲りもなく、ランキング参加しております! もし、よろしかったら応援の1クリック、ポチッと1つよろしくお願い致します。

先週から、お仕事が始まりました。 以前派遣で行っていた会社と、同業種、職種も一緒・・・ってことであまり不安はなかったのだけれど・・・いざ、始めて見ると、やっぱり使用しているシステムは違うし、社内ルールも違う。何より違うのは・・・前の会社の時は、同期入社が10人以上いたんだよね。 色々不安に思っても同期の仲間達に支えられて、最初の3ヶ月を乗り切ることが出来たけれど・・・今回は思いっきり「ろんり~(´・ω・`)ショボーン」。 更に言えば、新しく入った人達はみんな20代の若者達。 まだ、みんなバイトの先輩達について、OJT中なんだけれど、私は何だか仕事スタートして4日目にして、かなり「放置?」な状態に・・・。 まだまだ、わからない事ばっかりなのに~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 今日も夕方から仕事だ・・・けど・・・ちょっと、気が重い・・・。

でも、折角4ヶ月に一度のインドネシア行きを快く受け入れて下さったありがたい職場。 最初苦しいのは当たり前と思って、頑張らなくっちゃ! 全ては、自分の勉強のためです、な。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

Ikan bakar di Pantai Lebih( ルビービーチのイカン・バカール)

バリでシーフード、イカン・バカールで有名所と言えば・・・ジンバランだろうか?でも、残念ながら私は行ったことがない・・・。「イカン・バカールが食べたい!!」と言えば、弟分Wayanが連れて行ってくれるのは、地元の人達で賑わうルビービーチだからだ。

今回のバリ滞在中、偶々日本の有名なガムラン奏者のM先生ご夫妻と観光をご一緒させていだいた。(師匠夫妻が同行するところへ誘って頂いたのだった)。目的地はアタで有名なトゥンガナン。その途中、地元の美味しい物を食べましょう!!と言うことで、ルビービーチでイカン・バカールを楽しんだ。

         

          Cimg1005

                      <イカン・バカール >

魚はジャンキ・メラという日本でいうなら金目鯛の様な魚。 (煮付けにしても旨そうだなぁ~) あらかじめブンブに漬けてある物を炭火で焼いてくれる。 魚の上に置かれているのはサンバル・マタ。 焼き魚にはサンバル・マタ・・・本当に良く合う。 

以前西部ジャワでジャカルタの家族と一緒にイカン・バカールをしたけれど・・・彼らはこれにたっぷりのケチャップ・マニス(インドネシアの甘辛醤油)を塗って焼く(マーガリンもね)。 が、日本人の私にはこういう塩味の方が数段美味しく感じる。

               Cimg1004

                   <バックヤードにて焼かれるお魚ちゃん>

                      Cimg1002

このお姉さんが持っているのは焼き網。この焼き網ごとひっくり返すのである。なので身がくっついてしまって崩れたりする心配がないのね。 とっても粗末に見えるこの魚焼き網が結構優れものだったりして・・・。

          Cimg1008

                     <お魚のサテ・リリット>

ブンブ(調味香辛料)を混ぜ込んだ魚のすり身をサテにしてある・・・。(これは私の大好物!) お皿にブンブが添えてあるので、味が足りないときはこれを付けて食べる。

                   Cimg1009

                      <プルチン・カンクン>

やっぱり、イカン・バカールのお供にはこれがなくっちゃね!!カンクン(空心菜)を茹でた物に揚げピーナツをふりかけてある。 一緒ついてくるプルチン・ソースが旨いのである!・・・が、ちょっとこの店のプルチン・ソースはちょっと趣が違い・・・少し残念!(書いていて、プルチンカンクンが食べたくなってしまった・・・sweat01

      Cimg1010 Cimg1011

お店の雰囲気は、まるで「海の家」(笑)。 他のお店はテーブル、イスのスタイルの所もありますが・・・ワルン・レセハン(地べたに座る食堂)も悪くないですw。 ビーチは白砂ではないし・・・地元の人達が思いっきりスンバヤン(お祈り)していたり、(私達が訪れたときも、ガベン(葬式)の帰りの人達もお祈りしてました。)、あまり美しいビーチではないですが・・・安くて美味しいイカン・バカールが食べたかったら・・・ココ!お薦めです。

                  Cimg1012

ごちゃ、ごちゃした田舎の漁港・・・って感じですね。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも・・・性懲りもなく参加中。 よろしかったら応援の1クリックよろしくお願い致します。

帰って来て、折角4キロ落ちた体重が・・・もう半分戻ってしまった・・・。(別にダイエットした訳じゃなく・・・暑い中で踊り続けると確実に体重は落ちるんであります)。 それというのも、オットが年度末で出張続き・・・私が帰ってから、彼が家に居たのは何と、3泊だけ・・・。(あえて、3泊という) となると、私もついつい適当に惣菜やお弁当などを買ってみたりしてたのですが・・・。やっぱり太る!! 身体が重いと踊ったときに、「何ともキレの悪い嫌な感じ」がするんで・・・ちょっと、生活改めなくては・・・。

と言う訳で、しばらく大した物も作ってないので、旅日記を充実させよう~っと。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年3月18日 (水)

プルケデル・タフ(インドネシア風豆腐コロッケ)と 色々の晩ゴハン

              Cimg1238

             <帰国してもインドネシアンが食べたい・・・という日の晩ゴハン風景>

3週間のデンパサール滞在中に台所に入らなかったのは、到着した日だけ。帰国便が深夜1時の出発ということもあって、帰るその日まで台所でガチャガチャやらせてもらってました(笑)。 よっぽど台所が落ち着くらしい・・・。  日本の家庭でもそうだけど、その時有る物でナントカしなきゃならないのが主婦。 今回もしつこく台所に入れてもらっていたお陰で、有り物でナントカしちゃうインドネシアの家庭料理を目の当たりに見られて、ほんとにラッキーgood

と言う訳で、前日買い物をしてきた物でインドネシアンと和風副菜の晩ゴハンとなった。

           Cimg1223

              <プルケデル・タフ>

プルケデル・タフ・・・平たくいえばインドネシア風の豆腐コロッケ?インドネシア風がんもどき? 

水切りした木綿豆腐に、すりつぶしたにんにく、クトゥンバル(コリアンダーシード)、卵、ブイヨン、塩、きざみネギをよくよく混ぜて油で揚げるだけの簡単料理。 豆腐は3/4丁に卵1個、ブイヨン1個、コリアンダーシード(粉末でもOK)大さじ1杯位かな? 豆腐がグズグズの場合はちょっとだけ小麦粉をたしてもOK!! 

H師匠直伝のウチのオットの大好物。

                 Cimg1225

                   <揚げ卵と茄子のココナツソース>

ゆで卵を油でじっくり揚げると、まるで衣がついたようになるんです~。そして、さっと油通しした茄子と合わせて我が家の簡単黄色いブンブ(調味香辛料)と自家製サンバル少々、チキンスープの素、サンタン(ココナツミルク)でさっと炊き合わせました。

揚げ卵はバラドソースで和えるのがポピュラー?かなとも思ったんだけれど・・・これはこれで旨い~!!

           Cimg1229

            <副菜は・・・和風のおかず盆セット>

インドネシア風の主菜がやっぱり油で揚げる系なので、お供の野菜はさっぱりと和風に。 メカブと胡瓜のワサビ風味、ニラとえのきのお浸し、菜の花のちりめん山椒和え。

ニラとえのきのお浸し・・・美味しいのだけれど、歯にはざかる(挟まる)組み合わせだったわ・・・。(;ω;)

            Cimg1231

             <菜の花のちりめん山椒和え>

我が家の手抜き技、ふりかけ活用の一品。 でも美味しいのだ~。 味が足りないようなら希釈した白出汁を少々振り掛けると良いデス。 作り方なんか説明しなくてもわかる簡単一品。

                 Cimg1226

                 <鶏皮のごま味噌炊き>

ブログを通じて交流させて頂いてる、へろーめさんのところで見てから我が家で一ひねりされた味噌炊き・・・。鶏皮は安い食材ですが、ちょっと手を入れれば立派なご馳走です。

食べやすい大きさに切った鶏皮は脂を出来るだけ抜くために数回茹でこぼし、その後はお酒とお水半々くらいでひたひたでひたすら弱火でコトコト。 浮いてきた脂をとり続けてある程度の柔らかさになったらみりんと味噌で味付けして、最期にすりごまを入れて完成。

実は、バリでも鶏皮は安い食材なのでこの味噌炊きを作ってみたのだ・・・。(味噌はこっちから持参(笑))意外とウケてましたよ!サンバルを添えて食べてもグ~です。 へろーめさん、ありがとう~!!

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキング参加しております~。不在中の降下を取り戻すべくセッセと更新しますんで・・・よろしかったら応援の1クリックヨロシクお願い致します~。

昨日から、仕事が始まった~。 横浜時代にやっていた職種(テレホンオペレーター)、業種も同じ・・・だけど・・・使っているシステムも違えば、社内ルールも違うし・・・。今日もまた研修ですが・・・昨日説明をして下さった上司の方、とっても親切だった・・・が、どうも私と頭の構造が違うらしく・・・自分の頭の中はかなりの混乱状態です。 ひぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)・・・。 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年3月17日 (火)

帰国報告&帰国直後の晩ゴハンは・・・

                   Cimg1218

                   <帰国直後の晩ゴハンと言えば・・・(^o^)刺身でしょ?>

長らくのご無沙汰でした! 15日朝、無事に関空に到着、怪我も病気もなくバリより戻りました。 元気であります。 今回のバリ行きも、前回同様バリ舞踊の稽古と料理しかしてない( ̄ω ̄;) ・・・(あ、今回は一日だけ、観光に行くチャンスがあったんだった!!←観光の様子は後で日記にする予定デス♪) 

今回もインドネシア家庭料理のネタはしっかりとカメラに納めてきましたので、ゆっくりと更新して参ります。

さて、帰国して一番最初に食べたい物は?と聞かれたら・・・何をリクエストするでしょうか? 私の場合は特に「何が食べたい!」って言うのは無いのだけれど、留守の間に寂しい思いをさせてしまった我が家のニャンズのために (オットのためじゃないところが何とも・・・) かなりの確率で「刺身」になるんだなぁ~。(簡単だし、ね?) 

                      Cimg1219

                         <マグロのわさポン和え>

あんまり、良いマグロじゃなかったのでざっくり切り落として、たっぷりの練りワサビを少量のポン酢で溶いたタレに絡めておつまみ風に! サクの端っこは細かく切ってニャンズのために・・・(甘すぎる??)

バリにも和食の店は沢山有るし、新鮮なお刺身を頂くことも出来るけれど・・・折角の滞在だからそう言う物には手は出さないので・・・久し振りの生魚。

                  Cimg1211

                      <ウルタン(バリのソーセージ)>

そして、本当はバリ料理が大好きなオットの為に・・・バリのソーセージを! 実は、これバリ人の踊りの先生のお手製なの!明日18日は「ガルンガン」と言うバリのお盆のような祭りがある。 (おまけに今年はニュピも3月26日、クニンガンがその直後というものすごいスケジュール!) ご家庭でも大分前から準備に余念がない。先生のお宅でもそれぞれの家族がブンブ・ラジャンを作り始めていた。 と言う訳で、出来たてのブンブ(調味香辛料)とこのウルタンをお土産に頂いたのであった。

ウルタンはブンブ・バリを絡めたお肉を腸詰めにして揚げた物、と思って頂ければ・・・。 ブンブの香り、辛さと塩味の聞いたおつまみにはうってつけの一品なのである。 以前、私も作ったことがあるけれど・・・ポイントは肉よりも脂身を多くする、中に詰める肉は挽き肉ではなく大粗みじん?・・・要するに肉のかみ応えが有る様に切ること、だろうか??

               Cimg1207

                      こんな感じで、頂きました。

             Cimg1213

                        <高菜の牡蠣オイル炒め>

高菜を牡蠣のオイル漬けのオイルと塩胡椒で炒めて!! この苦みがもしかしたらインドネシア風にウラップにしたら美味しそう!! 

          Cimg1212

                     <チーズ入り炒り豆腐>

バリでH師匠に教えてもらった、小さなタフ・ゴレン(おつまみにピッタリ!)を作ろうと思って木綿豆腐を買ったんだが・・・何だかグズグズと水っぽくて揚げには適しそうになかったので・・・刻みあげをちょっと入れて炒り豆腐に。味付けはかき醤油、ちょっと混ぜ込んだとろけるチーズが隠し味。

Cimg1216

<新玉ネギのおかかポン酢>

ちょっとコッテリ系のおかずの中に、この簡単一品があるとさっぱりしますな。 新玉万歳!

 

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

まだまだ参加しております~。よろしかったら応援の1クリック、ポチッとヨロシクお願い致します。

現在インドネシアは雨季! 事前に師匠から「大雨」「バンジル(洪水)」何て話を聞いてたから、バイクでの通い稽古のことを心配していたのだけれど、私の滞在中は何度かものすごい豪雨に見舞われたものの、大した事にはならなくて良かったのだが・・・逆に、雨が来ないとものすごく暑い! そして、朝と夕方で4時間以上は踊っていたので、今回も「汗疹」との闘いでした。 まだ、ちょっと痒い・・・。

バリ滞在中の飯日記は、追々ゆっくりと更新していく予定デス。(あまり期待しないで待ってて下さると・・・嬉しいデス~)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »