« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

鶏もやしハンバーグ & 春野菜と海老のサラダ 

Cimg1472                 < 色々盛りだくさんに見えるが、実は必殺おつまみ小鉢に助けられる>

冷凍しておいてた鶏むね肉、そろそろ消費しないとまずそうだったので、この日はミンチにしてハンバーグに!

その他はたいした物も作っていないのだが、必殺!おつまみ小鉢シリーズに見た目誤魔化され、オットも「わ~今日はなんだか豪華な気がする~」と、まんまとだまされてくれた(笑)。

※やっと、4月中旬にさしかかったある日の晩ゴハン。
                              

                  

        Cimg1477
            <鶏むね肉のもやしハンバーグ>

鶏のむね肉は皮をはずして、フードプロセッサーでミンチに。同じくフープロで、たまねぎのみじん切りを作り、卵、パン粉、塩胡椒、粉末スープの素に刻んだもやしをたっぷり混ぜてハンバーグの形に形成。
その際、もやしが飛び出さないようにだけ気をつけた。

鶏肉、むね肉のミンチときたら、どうしてもあっさりしがち。
そこで、生のもやしを刻んで入れてみたというわけ。普段、ハンバーグに粉末スープの素など使わないけれど、それもちょっとコクを出したかったので。
焼いているウチに、もやしから水分が出て、ちょっとジューシーな感じに仕上がるかなぁ?と思ったけれど、う~ん、ジューシーというよりは・・・もやしの食感が妙に楽しい一品に。

カレー塩をパラリとかけたことで、面白い物になった様な気がする。

             Cimg1478
   <春野菜・・・といってもアスパラと空豆のみだけど、海老と合わせてサラダに>


空豆が食べたかったのだ。 空豆ご飯?とも思ったけれど、あまり量も多くなかったので、特売のアスパラを茹でたのと、茹でて皮を剥いた空豆と合わせて、彩りに海老。味付けは塩胡椒、レモンのみ。トッピングにチーズを少々と刻んだレモンの皮。

レモンと塩胡椒・・・最近のお気に入り。
それというのも、宇品の漁師?Kerawingさんから、瀬戸田の無農薬レモンを沢山頂いてから・・・。気兼ねなく皮は刻んで使えるし、嬉しい限り。
今ひとつ小さいけれど、その分香りが凝縮されている感じだ。



そして、ここから下は・・・必殺!おつまみ小鉢シリーズ。

                         Cimg1465

どうしても、ホタルイカの沖漬けが食べたかったの。 そしたら、ボイルホタルイカも安かったので、そちらは即席にんにく醤油オイルで・・・。
これは、結構旨いです。
ボイルホタルイカに熱々即席にんにく醤油オイルをかけて頂くのだけど・・・。
即席オイルは、レンチン☆で全く大丈夫。
オイル大さじ1に、レモン汁、刻んだにんにく1/2かけ、醤油小さじ1弱を耐熱容器に入れて、レンジでチン☆30秒だったかな?(長すぎると醤油が焦げる・・・><)

                    Cimg1464

ハゲの肝のボイル・・・ポン酢と紅葉おろしで・・・。 これは広島に来て覚えた味。旨し~。
関東ではあまり見かけないし、ましてや肝だけ売ってるなんて有り得ない・・・。
肝だけが安く売ってたので・・・当然買う!

                         Cimg1463

そして、にんにくの芽の味噌漬け・・・。一度漬け込んでおけば冷蔵庫で10日くらいは保つし、おつまみにはもってこい! コレと一緒に肉なんか炒めると、簡単ににんにく味噌炒めが出来ちゃう。

作り方は・・・
にんにくの芽は食べやすい大きさに切って、熱湯で2分くらい茹でてざるに上げる。冷ましてから、ペーパーで水気を切って、もろみ味噌(甘めの物)、胡麻油、鷹の爪を混ぜ合わせたものに和えて、タッパーに入れて保存するだけ。
もろみ味噌がなければ、普通の味噌でも・・OK。ただし、その場合は味噌をすこしみりんで伸ばすと良い。
ちょっと甘みが有った方が美味しいのだ。


その他は、マカロニサラダとあすっこのお浸しも。



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。



この所の体調不良をおして、昨日は小林賢太郎のライブパフォーマンスPotsunenを見に行ってきた。昨年、面白いから見てみぃ~って友人が貸してくれたDVDにすっかりはまり・・・昨日は初ライブ。
初めて生で観た小林賢太郎さんのカッコ良いこと、面白いこと・・・。
もう最後は涙でそうになったよ~。(実際、感極まって泣いてるお嬢さん達が何人かいらした)
最期のカーテンコールの時には・・・実は、もうお腹が痛くて腰曲がってたんだけど・・・(足下から冷えたのが行けなかったらしい・・・)それでも、行って良かったのだ!!


明日は、浜松楽器博物館での公演。しっかりドーピングして冷やさないように万全の対策して出かけなければ・・・。う~ん、衣装は肩丸出しだし、足は裸足・・・。衣装のしたにホカロンを張り込むしかないわね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

海老のフワフワ焼き

Cimg1450              <色々取り混ぜて・・・海の物が多いけど・・・>

以前、はんぺんと海老で海老のフワフワって命名した簡単蒸し物を作っていたが、今回は卵を加えて焼きバージョン。 
色々取り混ぜて、テーブルは賑やかだけれど・・・かなり辛くなってきた時期なので
ちょっと精細欠いてるのは否めないけれど・・・。

まあ、オットが嬉しそうにしてたのでUPしておくことにした。

※まだ、4月上旬の食卓UP中。


                        Cimg1440
                             < 海老のフワフワ焼き>

命名、海老のフワフワ焼きだけれど、表面はカリッと、中はふわっと・・・。カリフワ焼きに名前変えるか??
「この食感とエビの風味がたまらん!」と、オットにはバカウケ!。
良かった~♪

作り方は、極簡単!

フードプロセッサーで、はんぺん1枚、卵小1、片栗粉少々、塩胡椒をが~~~~~っと攪拌して、細かく刻んだ生の海老(皮は剥いて・・・Sサイズのもの8尾くらい)を細かく刻んではんぺんの種の中に混ぜ込む。 小判型に形成して、少量の油でじっくり焼いていく、以上。

はんぺんにも味がついてるし、塩胡椒してるから何のタレもいらない。物足りなければポン酢でも・・・。

                Cimg1442
             <筍の姫皮・海苔わさび和え>

海苔の佃煮に、わさびをすこし混ぜて・・・筍の姫皮と和える。それだけだと色が悪いので貝割れ大根も一緒に混ぜ込んでみた。
おつまみ・・・でも熱々ご飯で食べてもイケる!

姫皮というと、今までは梅おかか和え・・・木の芽味噌和えなんていうのが定番だったけど・・・、他にはどんな手が有るんだろう? もし、こんなのが美味しいよ~♪って情報があったら是非教えて下さい~。




                Cimg1447
              <恒例♪ おかず盆セット>

小松菜と人参のごま和え、レンチン☆簡単揚げ出汁茄子、と春キャベツのサラダ。

                Cimg1445
          <春キャベツのツナ&蕗ソース和えサラダ>

先日作ったふきソースをすこし残しておいた物と、ツナ缶を和えて茹でてザクザク切った春キャベツにトッピング。苦し紛れにツナ缶と和えてみたふきソース・・・いきなりコクが出たのでやっぱり、何か出汁になるような(ネットのレシピにはアンチョビと有った)物を一緒にした方が美味しいのかもしれない・・・。

コレはオットにかなりウケてたので、覚えておきたい春メニューに。

その他にも、生食用ボイルホタテに、即席にんにく醤油オイルを垂らして・・・など。
ちょっと、作りすぎたが・・・残り物はリメイクしてお弁当&翌日の自分の昼ご飯へ。



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ  にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。



とうとうGWに突入。でもオット、本日も休日出勤なり。
私の体調も今朝は比較的良好、痛みで目が覚めるという最悪の状態ではなくてホッとした。が、朝から微熱・・・。
なんつ~か、情け無い状況だけれど・・・痛いよりマシ。微熱に関しては、もともと抱えてる持病(ホントにたいした病気じゃないんだけど)のせいで、熱が出やすい、と言うのは東京の主治医から聞いてるので、あまり心配はしてないんだけど。

痛みさえなければ、微熱はいつものことだから、何とかなるんじゃないか? と、希望の光がちょっと見えた様(大袈裟な・・・)。
痛みは人を疲弊させますな・・・。
でも、痛くないって素晴らしい~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

意外とさっぱり、梅昆布ネギ豚焼き

Cimg1430_2              <名前がちと長い・・・梅昆布ネギ豚焼き>

以前切り干し大根を豚肉と梅・昆布で炒め・・・なんてメニューがあった。
最近あまり作ってないけど・・・。
梅と昆布豚肉はかなり相性よしとみて、今回はネギ(白ネギ)で。
だって白ネギが安かったんだもん。

※まだ、4月初旬の食卓をUP中。

            


                  Cimg1432
                              < 梅昆布ネギ豚焼き>

ネーミングが長い。
でも、かなり旨い。

白ネギは斜めに薄めに切り、豚はこま肉使用。その他の材料は梅干し、塩昆布。
まず、テフロンのフライパンで豚こまを焼き、細かく刻んだ梅干しを入れる。その後でネギ投入しんなりしてきた頃に塩昆布投入、ざっくり混ぜ合わせる。。 最期にすこし料理用酒をふりかけて蓋をして蒸し焼きに。汁気がなくなる頃が出来上がり。

結構脂がついた豚こま使用だけど、けっこうあっさり食べられる。

                             Cimg1421   
                  <新ジャガとアンチョビ風味サラダ>


かなり前からお気に入りの「カレーに良く合うお豆」とレンチン☆した新ジャガを、アンチョビペーストをすこし混ぜたマヨに絡めて、ドライのバジルを振ってみた。
アンチョビ、結構塩辛いのでほんの少しで大丈夫。 

以前、krawinさんに連れて行ってもらったカフェで食べたアンチョビポテトがかなり美味しかったのでそれを真似をしてみたけれど・・・新ジャガの在庫が少なかったので、豆でかさまし.豆が入ったことで趣は異なってしまったけれど、コレはコレで美味。 

flairあ、我が家のマヨネーズ系ジャガイモサラダは、マヨにちょっと細工をしてるのだ。
(マカロニサラダも同様!) すこしだけ甘みを足したいので、コンデンスミルクをちょっとだけ足す・・・。コクが出るよ。                                                                                                                   



                           Cimg1423
                  <筍のおかか煮>

我が家の筍は甘めに煮る。オットの好みだから。出汁で煮てるけれど、最期にもういちどかつお節をふる。お醤油は美味しい物を使いたいね。

                          Cimg1418
             <にんにくの芽のホタテオイル漬け和え>

作り置きのおつまみ「にんにくの芽の味噌漬け」を作る過程で、ちょっとだけ分けて、これまた作り置きおつまみの「ホタテのオイル漬け」を刻んで混ぜただけの簡単おつまみ。

作り置き・・・作っておくと便利だよね。(当たり前だけど・・・)いざ、一品増やそうというときに簡単にできるし。
(作り方はこちらに有ります)


               Cimg1426  
             <恒例の、おかず盆セット>

もずくの酢の物、からし菜のお浸し、筍煮・・・。 からし菜、茹でてお浸しにするとぴりりとしてなかなかイケる!!

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。


オットの深夜帰宅これで連続4日。
先に寝ちゃえば良いのだろうけれど、出かける前は希望的観測で「終電くらいには・・・」などというものだから、そこまでは待ってしまうのだ。
携帯メールで確認しようと思っても、会議中は返信もないので、帰宅時間はあくまでも本人の希望的観測時間+αで予測するしかない。
オットもかなりの寝不足でだんだん肌につやがなくなっている。
私はというと、先に寝てみたりするけれど、やっぱり帰ってくると起きてしまうのでかなりの睡眠不足。小刻みに起きたり寝たりするのは、リズムが狂って困る。

やっぱり、寝てないせいなのか? 体調は今ひとつどころか・・・かなりよろしくない。
今朝も痛くて目が覚めて、痛み止めが効くのを待ったが、なかなか効いてくれない。
そのうち、眠ってしまったが、目が覚めたら、また痛い。
眠っているときが一番幸せ??かもしれない。
(眠ってしまって、起きたときが一番不幸・・・なんか、とても損した気分)


料理をするときも、キッチンにスツールを持ち込んで座りながらやっている。立っていると痛いから・・・。一番楽なのは「胎児のポーズ」なんだけど、それじゃ料理出来ないし(泣)。

珍しく「おつまみセット」と言い出さないから、多分本人は早く帰るつもり・・・なんだろう。今自分も働いてないので、せめて家の事くらいはしっかりやりたいし、しばらくはジッと我慢で頑張るしかないのだ。


しかし、痛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

ふきソースとふき味噌で…

Cimg1412                         < ふきソースとふき味噌炒めが、ちょっとだけ春っぽい?>
あっという間に、もうGWは目の前に・・・。
でも、まだ4月初旬の食卓UP中。

この間、蟹田平牧場のふき味噌が美味しかった・・・と書いたけど、そしたら何となく自分でふきのソースを作ってみたくなったのだ。

                   Cimg1393
                      < 鶏むね肉のソテーふきソース絡め>

ふきのソース美味しそう・・・と、簡単に考えてネットでちょっと検索したけれど・・・。
パスタソースにするような物はコク出しでアンチョビを足したり・・・色々複雑。

面倒くさがり屋の私は安直に考えてたんだけど、とにかくふきの香りと緑色が楽しめればと。
蕗のとうの茎っぽいところと黄色くなりかかっている葉?を取り除いてからさっと茹でて、冷水に取った後、キッチンペーパーで水気を取った後に、塩、チキンスープの素少々、オイルと一緒にフードプロセッサーにかけた。
やっぱり、ちょっと水気が出てしまったけれど、香りと色はバッチリ。

食べやすい大きさに切った鶏むね肉をフライパンでソテーして、最期にこのソースを絡めた。鶏むね肉はちょっとパサッとしがちだけれど、最期に水っぽいソースを絡めたのであまり気にならず・・・。でも、やっぱりソースは改良の余地有りだな。


                   Cimg1407
          <蟹田平牧場の茄子でふき味噌炒め煮>

茄子も蟹田片牧場で購入。 最初に油でさっと炒め、ふき味噌を入れたら、少量の水を入れてさっと煮る。 茄子はまだちょっと季節的には早いかなぁ。

                            

           Cimg1397 
            <ビンチョウマグロのお刺身>

困ったときのお刺身。 オットも好きだし・・・猫様も刺身だと落ち着きがないほど喜ぶ。(おこぼれをまっているのだ)

               

      Cimg1405
         <茹でたての筍>

この日茹でた筍は生のままでもかなり柔らかめだったので、茹でたての熱々をを刺身醤油とわさびで。 この季節はよく登場する。


                Cimg1409
            <ほうれん草のお浸し、海苔とごまのっけ>

海苔混ぜ込んでも良し。以前に敬愛する料理ブロガーの小太郎さんがほうれん草は小さく切って混ぜ込みもあり・・・と書いておられたのを覚えていて我が家でも時々やる。

その他にトマト・海老・オクラのサラダ、さらし玉ネギポン酢がけも。




にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも参加してます!よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。


先週の中頃から、オットの仕事が急に忙しくなり(通常の業務以外に何か有ったらしい・・・)土日も休日出勤、帰宅は深夜(早朝の日も有ったな)。
日増しによれよれになってる感じ。
オマケに私は体調激悪。痛み止めもあまり効果がなく・・・夫婦揃ってボロボロ状態。
何とも情け無い・・・。
5/1には浜松で踊ることになってるんで・・・何とかそこまでに体調回復したい・・・。
GWは皆さんどこかお出かけかな?
うう~ん、羨ましい~。
多分我が家は、オット休み無し・・・になりそうなので、どこにも行けません~~~。
まあ、私もあまり体調良くないので、家でインドネシア語のDVD鑑賞でもしておとなしくしてようかなぁと。

毎年、この時期は悪化しやすいみたい・・・去年も一昨年も・・・入院一歩手前まで行ってたし・・・。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

海老のオイスターソース煮込み(Udang saus tiram)

Cimg1370_2              <何風の料理??またまた色々取り混ぜて…>

前日、自分のダメダメぶりを強く思ったけれど…
すぐに、ちょっと自信回復??

買いだめしてあった材料を思う存分使って、色々作ったから…。
(要するに、自分で納得がいかない日は、気分や思考も下降するって事らしい)

中華風有り、インドネシア風有りの盛りだくさん晩ゴハンである。
でも、買い物に行かなかったので更に自信が回復したというわけ。
やれば出来るじゃん、私。

                               Cimg1366
              <海老のオイスターソース煮(Udang Saus Tiram)

実は、これ…バリのH師匠が苦し紛れに作った…とおっしゃっていた海老料理を再現した物。
惜しいことにそのものの写真を撮り忘れており、全景はわからないけれど、ナシチャンプルに盛り込んだ物がコレ↓

Cimg1088_2
真ん中の海老が、オイスターソースで煮込んだもの。(向こうの安い海老は、皮も柔らかく小振りなのでそのまま煮込んでOKなのだ。)

まず、バワン・プティ(にんにく)とバワン・メラ(小赤玉葱)、チャベ(唐辛子)を細かく刻んで炒め合わせ次に皮を剥いた海老も一緒に炒める。あまり火が入りすぎないうちにオイスターソースと水少々で煮込む。仕上げにケチャップマニス(インドネシアの甘辛醤油)を少々。日本の素材なら醤油+砂糖極少々で味を整えるだけ。

我が家では盛り付けるときにきざみネギをトッピングして、色合いもまあまあ。
旨味たっぷり。
煮込みすぎると海老が固くなるのであまり長く煮込まないのがコツ。


                 Cimg1371
          <作り置きの鶏の酒蒸しで一品>

前日があまりにも手抜き?だったので余力で酒蒸しを仕込んでおいた物をすこしおつまみ風に。辛子醤油と白髪ネギをトッピングしただけなんだけど…。

やっぱり、作っておくと便利な鶏の酒蒸しなのだ。


                          Cimg1355
            <ねばねばのおろし和え・ポン酢醤油で>

この所連日のおろし和えだが…今回はなめこと刻んだオクラでネバネバさせた物と会わせる。 これは、かなりツボ。
色目に茹でた海老を刻んで入れてある。

 

        Cimg1376
         <おかず盆セット>
相変わらずの菜の花のお浸し、先程のネバネバ和え、ポテトサラダ。

ポテトサラダはマヨネーズ不使用の代わりに、自家製のオニオンドレッシングで和えてある。 きゅうりがなかったのでブロッコリーも一緒に茹でてしまったが、コレがなかなか良かった。 そして、時間差でひとつの鍋で出来てしまうのも簡単でなお良し。

                     

       Cimg1367
              <チーズ入り炒り豆腐>

実は、これは我が家の隠れた定番メニュー。
豆腐がすこし残っていたのと、お弁当用に買った椎茸がすこし残っていたのを全部まとめて消費しようと、何となく作ったのがきっかけだったのだが…。
何となく物足りないときによく作るようになってる。なんたってものすごく簡単だし…。

まず最初にテフロンのフライパンで薄切りの椎茸と豆腐を炒っておいて(豆腐はあまり潰さないように)、その上に溶き卵ととろけるチーズを投入。火加減は弱火で卵とチーズをざっくり混ぜ合わせて、チーズが溶けて豆腐をまとめだしたら火から下ろしてお皿に盛り、醤油を少々。 ただそれだけなんだけど…旨い…デス。

その他に、前日茹でておいたたけのこの姫皮をおかかとたたき梅出合えたものも、おつまみとして…。
う~~~~~~ん、ちょっと野菜が少なかったかな??



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリック♪よろしくお願い致します。


実を言うと、しばらく体調不良と人間関係のゴタゴタでちょっと参ってました。
またまた貧血が進行してしまったようで、全身倦怠感と夕方になると出る微熱で、モチベーションも下がりっぱなし…。
動きたくても身体が動かない…。
そうなると、また「余計なことを考える」「良くない事を考える」…など、あまり良い循環じゃなくなるのは明白。
体調管理、人間関係も、全ては自分の責任なんだけど…。 どうやったらそこから抜け出せるのか、方法を考えても埒があかない。からだが動かず、行動が伴わないから、考えるだけでくだらなく時間だけが過ぎて行く感じ。
何だか出口がない様な気がして苦しかった。
もともとあまり自分に自信持ってる人間ではないのに、変に強がって虚勢を張ったりするもんだから、素直に行動出来ない。面倒くさいヤツなのだ、私ってヤツは…。

先週、ちょっとしんどくてジャカルタに定期便の電話しなかったら、「ちょっと心配で…」と親友から昨日電話があって…。
そして、昨日は忙しいのを無理してオットが色々気遣ってくれ…。

こんな面倒くさいヤツだけど、心配してくれてくれる人達がいる…。
それだけでもちょっと頑張れるような気がする。
ありがとう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

買い物に行った日と行かなかった日

Cimg1343            <これは、買い物に入った日…明白だわね>

「節約」とは程遠い散漫な生活を送っていると書いたばかりだが。
買い物に出かけた日の食卓と、しなかった日の食卓を比べてみる。


この日は激安だった子持ちかれいを煮付けて…更にオット晩酌用にヨコワマグロの刺身まで…。とくればお供の野菜は当然和風で…。

菜の花のツナ入りお浸し、蓮根のサラダ、シメジとアスパラのおろし和え(ほぐし鮭入り)なんぞ作成。あ、それから茹でたてのたけのこ熱々のところを刺身で…。
しかしながら、取り立てて工夫はない…。

で、買い物に言ったわけだから色々購入したわけだ。

そして、翌日は・・・

                         Cimg1354
             <その翌日は、こんな感じ>
その翌日は、当然のことながら買い物は無し。
この日はオットから「軽め」にしてくれるように要請があったのでこんな感じ。
(なんだか居酒屋のつまみのようだな…)

ニラ玉、スモークサーモンのオニオンドレッシング和え、お浸し、シメジとなめ茸、アスパラのおろし和え、葉ワサビの漬け物、残り物でサンバル和え。



               Cimg1348

       Cimg1350_2
         <前日のバージョンになめ茸を加えて、ポン酢味で>

おろし和え…お浸しが残ったりした場合に結構有効な技?で時々やるけど…あっさりとして結構好きなのだ。毎年何かしらマイ・ブームがやって来るが、今年は大根おろし???


               Cimg1349
       <残り物のかれいの煮付けからインドネシア風に>

かれいの煮付けの身をほぐして(あ、子の部分はお昼ゴハンにゴハンにかけて食べちゃったのだ)、自家製サンバル(基本の赤いブンブ)とフライドオニオンを混ぜて、リモ(インドネシアの香りの良い柑橘)をしぼってみたら、あらおいしい!
残り物が一番美味しかったりして…(;´▽`A``

有る2日間の食卓風景…。買い物に行った日はホントわかりやすい…。
まとまりがある…気がする。



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ 

ランキングも参加中です。よろしかったら応援クリック2ポチ♪どうぞよろしくお願い致します。

バリに居る間はね、まあ他人様のお家に居候させて貰ってたわけだけど、お台所に一緒に入ったりして無駄のない生活…ってこんな感じなんだって、思ったんだよねぇ。
師匠のお家だけでなく、以前お邪魔させて貰ってお料理教えて貰ったお宅や、ジャカルタのU姉さんの家もそうだけど…余分な買い置きはほとんど無いんだよね。

この間、よくお邪魔しているインドネシア在住日本人・すだこさんのブログにも書いてあった事がよくわかる。 一日の食材はその日買ってきて、その日に使い切ると言うのが一般的とのこと。ものすごく無駄がないように思える。
まあ、以前冷蔵庫があまり普及していなかった時代からの名残と暑い国なので冷蔵庫も過信出来ない(肉や魚はすぐに冷凍しないとダメになることが多いのよね)…と言った事情もあるのだろうけれど。

そういえば、日本でも私が小さい頃は冷蔵庫もそんなに大きくなかったし、買い置き…って余りしてなかったような…。(乾物系は沢山有ったかもしれないけど)

安い時に買いだめして、ストックしたってダメにしたりする事も多々…。
やはりこんなところでも「計画性」は大事になってくるが、私のように散漫で計画性のない人間は、その日に買い物して使い切るくらいじゃないとダメなんじゃないだろうか?
と、買い物に行くたびに考えるけど…物欲に支配されてすぐに忘れる…。
ダメじゃん、私。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶏のスペアリブでサンバル&ケチャップマニス煮込み&大根のバター醤油

Cimg1303_3               <何料理?と言うほど統一感なし>
これもかなり前の食卓風景。
バリで似たようなモノを作って皆様のウケが良かったので、もう一度チャレンジしてみた次第。

しかしながら、買い物に行かない日が増えてるので、冷蔵庫に有る物で何とか…というといささか統一感に欠ける食卓に。
しかも、野菜の種類少ないし…。
ダメじゃん。

                                 

                 Cimg1294
         <鶏スペアリブのサンバル&ケチャップマニス煮込み>

本来なら(向こう式に調理する)、鶏は一旦揚げてから使うのだけど…スペアリブ揚げちゃうと小さくなっちゃうし…カロリーオフを意識して一度茹でてから調味料と合わせて煮込んでいく。(勿論煮汁は翌日のスープの出汁として使う)

我が家の常備調味料・ナンチャッテサンバル(基本の赤いブンブ)とダウンジュルック(コブミカンの葉)を炒めて香りが出たら茹で上げた鶏肉とピーマン玉ネギなどを一緒に炒め、ケチャップマニス、水で煮込んでいく。 味が物足りないようならチキンスープの素を少々。



           Cimg1299
            <大根と椎茸のバター醤油焼き>

メインが煮物系だから・・・大根も煮たんじゃちょっと…と思って、思い切り行き当たりばったりだったけど。
大根は超薄味にコンソメで煮て味を浸ませてある。
それを少量のバターと醤油で椎茸と一緒にフライパンで焼くだけ。
結構ずっしり来る野菜おかずになった。




         Cimg1301
          <菜の花のお浸し・甘辛炒り卵添え>

菜の花と甘い炒り卵…これほうれん草でも美味しい。
色味がキレイだけど、特に工夫はない。

家ゴハンで青い物をザクザク食べないと、なんか食べた気がしない…かといって、毎日お浸し・・・って言うのもねぇ。



             Cimg1297
         <蓮根と海老のサラダ>

自家製のオニオンドレッシング使用。
茹でた蓮根と海老、刻んだレモンの皮(瀬戸田の無農薬レモンだから気になることなく使える)をざっくりオニオンドレッシングで和える。色味と味を考えてきざみネギも入れてある。


自家製オニオンドレッシングは
新玉ネギ(1/4個)、にんにく1カケ、塩胡椒、サラダオイル、お酢、チキンスープの素少々、砂糖極小を一気にミキサーにかける。
あっさりさせたいときはお酢・オイルを2対1。コッテリなら1対1くらい。

いつでもすぐ出来るドレッシングなので、一度に沢山は作らないようにしてる。


胸を張って、UP出来るようなメニューでも料理でもないけれど、サンバル&ケチャップマニス煮込みは我が家としては定番にしても良いかな…と思いUPしてみた。  



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングも一応参加してます。よろしかったら応援クリック2ポチ♪よろしくお願い致します。


上にもちょっと書いたけど…どうも家ゴハンの時って青菜のおかずをガッツリ食べないと食べた気がしない…という私とオット。
一度買い物に出ると、2,3種類違う種類の青菜を買ってきて、それが終わってしまったら仕方なく買い物に出る…というのが最近のパターン。
しかしながら、一度買い物に行くと結構買っちゃうんだなぁ~。
今は仕事もしてないし、頭には「節約」の二文字がいつもチラチラしてるんだけど。
どうも、最近色んな事に散漫で、無駄の多い生活をしてる。

世の中の賢い主婦の方、一体どんな風にやってらっしゃるのかな?
主婦雑誌などをたまに買って見たりすると、色々特集されてたりするけれど、どうも私は勤勉じゃないらしく、雑誌に特集されているような「すご技」みたいなのを実行出来ない。

細かいことをあまり気にしないオットは「節約でキチキチしてゆとりが感じられないのは嫌だなぁ~」等と言うのを良いことに、計画性のない散漫な生活を送っている。
何とかしないとイケナイでしょうかね??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

もうすぐ再開の予定…デス

Cimg0726
随分ご無沙汰しちまいました。

前回日記をUPしてから、我が家のパソコン様の調子がかなり悪く、書いても写真が反映されなかったり、すぐに固まっちゃったり…。なんとももどかしい状態が続いてまして…。
オマケに、書いてる本人も実はこの2週間くらいまたしても体調が急降下してまして・・・。
上の写真のように毛布にくるまって寝てることが多かったり…。

更にパソコンはオットに調整して貰ったのに、上の写真の我が家の次女猫・キリにネット切断されたり…(||li`ω゚∞)

かなりとほほな状態が続いてまして…。

が、しかし色々試してたら、先程やっと写真のUPが出来るようになったので・・・少しずつUPしていく予定です。(早くしないと春が終わってしまう~sweat01

と言うわけで、もう少しで日記再開します~。
(誰も待ってないと思うけど…一応お知らせデス)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

旅の記録③・新しいバビグリンの店…完全にハズレ★

Cimg1060                        < 相変わらず、紙の包みでブンクス(テイク・アウト)である>    

バリと言ったら…やっぱりバビ・グリン(豚の丸焼き)!!
渡航中絶対一度は食べたいのだ。

所用でピンダ村まで行った帰りに、どうしても試してみたくて新しくできたらしいJl.Sedap Malam(スダップマラム通り)の店でバビ・グリンを試してみた。
いつものようにブンクス(テイクアウト)で。

          

 

                     Cimg1057
      <アレス(バナナの若芽)とナンカ(ジャックフルーツ)の煮込み)

              Cimg1059_2
        <軟骨部分などのスープ>

写真だけで、なぜ解説がないのか?と思うでしょ??

え~と、説明したくないくらいハズレだったのよ。

バビ・グリンと言ったら、ブンブ・バリ(ブンブ・バソとも言うらしい)がたっぷり使われて、香辛料たっぷりにスパイシーなのが普通だけれど…。
風味は有れど…う、薄い~~~~~~~~~~。

スープは別物と考えれば良く出汁の出たスープだけれど、明らかに別物!
バリ料理独特の風味が無い!

            Cimg1053
        <バビ・グリンはこんな風にケースに入ってる、の図>

バリに行き慣れている人ならこんな光景は珍しくもないだろうけど…。
上の段は丸焼きにされた豚さん。
下の段は内臓を揚げた物、腸詰めなど…。
この焼かれた皮がパリンパリンとして美味しいのだが…。
腸詰めも脂身の部分がバリ風のブンブで絡められた物が詰められており、一口かむとジュワ~と旨味が…のはずなのだが…。

?????

味が濃すぎるのも困りもんだけど…これは明らかにブンブ(調味香辛料)をけちったとしか思えない…。

         Cimg1055    

                   Cimg1052

実はこの店、稽古の行き帰りにバイクからよく見えてたのだ。 そして、いつも何人か人が入っている状態だから、それなりに美味しいのかと思っていた。
しかしながら、注文して初めて解ったのだが、Ibu(おばちゃん)の手際がすこぶる悪い。そしてもう一人、手伝っている同年代のIbuがいたんだけど、そちらも全く段取りが解って無い。
だから、待ちのお客さんがたまっていたと言うわけだ。


とほほ・・・。

まあ、スダップマラム通りなんて、観光で訪れる人達はまず通らない道だし、でもここは「ダメ」!!
まあ、何回行っていてもダメな店を選んじゃうことはたまにあるし…。諦めました。あはは。

バリの店なんて、美味しくなかったらすぐに潰れちゃうから…次回の渡航時に「潰れてる」ほうに5000点掛けても良いよ。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリック、ポチポチッとよろしくお願い致します。

今日も一人稽古。 踊っている様子をビデオに撮って自分でチェックしながら、直しながら…。何せ広島には先生もいないし、踊り上手な先輩もいない…(上手な方と一緒に練習させて頂くと勉強になるんです、とても)。
自分で何とか、納得がいくように踊り込んでいくしかない…と、始めた一人稽古だけど
バリくんだりまで稽古に行ったかいがない…と言う位、「ダメダメ」な自分がビデオに映っている…。本当に情け無い。
「踊っている」と自分は思い込んでいるけれど…まだまだ「踊り」になってすらいない。
ここにも「センス」の壁が…有るのか~(涙)。
今日もビデオをチェックしつつ、ここを直し、あそこを直し…とやっていたけれど
「もう、踊りなんか止めた方が良いのでは?」と言う言葉が頭の中をかすめていく。
…あまり、思い詰めない様に…とも思うのだが、自分のダメダメ・・・は事実なのでどうしようもない。
出口のない一人稽古はまだまだ続く…。ってか、続けるわよ、意地でも。(そういえるウチは大丈夫でしょう…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

さよりのお造り & ありもので何とかした晩ゴハン

Cimg1318_3                   

                                    < お魚おろし修行中…今回はさより>
3月下旬に作った物だけど…。
オットのリクエストにより、さよりのお造り・・・。
魚おろし修行はまだ続くのだ。
この日は、オット休日出勤。せめて、食べる物だけでもリクエストにお答えしないとぐれられても困るので・・・。

                            Cimg1317
                             < 実は裏技を駆使してみた…さよりのお造り>

まだまだ、修行は必要なのだけれど…今回は、裏技?を使い、いつもより慌てずに作業出来た。
その裏技とは…買ってきた魚はすぐに冷凍庫に入れ、凍ってしまう少し前(ちょっと固くなったかな?と言う頃合い)に卸し始めるというもの。

包丁使いが稚拙なことと、自分の手の温度が鮮度を落とすような気がしていたのだが…こうしてやると、あまり気にならずに魚が卸せることが判明。

本当はイケナイコトなんでしょうけど・・・。

さよりちゃんの鮮度が良かったせいもあり、この日はオットも私も大満足のさよりのお造りだった。
これなら、もしかしたら、小太郎さんのさよりのにぎり寿司にも挑戦出来るかも~♪

               Cimg1310
                                < わさびなの塩漬け>
みよしきん菜館で仕入れてきた、わさび菜の塩漬け。 これも、オットのリクエスト。多分早めに帰ってきて日本酒を飲む気だったに違いない選択。

色々作り方は有るのだろうけれど、我が家ではさっと湯通ししたわさび菜を一度冷水に取ってから良くしぼって、適当な大きさに切った後密閉容器に塩と一緒に入れ、ごっしゃごっしゃと良く振ってやる。 それを冷蔵庫で冷やして2,3時間。 食べる直前にかつお節をかける…。


             Cimg1313
                         <みず菜のわさび風味お浸し>

水菜のお浸しに…タラバガニ風味のカニかまをトッピング。 この日はわさび風味にしたてた。


            Cimg1312
                < カボチャとブロッコリーのマヨサラダ>

ちょっとだけ残っていたカボチャとブロッコリーを別々に茹でてから、少量のマヨネーズで熱々のウチにあえるだけ。実は隠し味にちょっとだけとろけるチーズも入っている。熱々のうちに混ぜるので形は無くなってるけど…。

          

Cimg1315
                < からし菜と蒸し鶏の簡単サラダ>   

からし菜とわさび菜…我が家の近所の産直市では良くこれが混同した表記で随分迷ったけど、これがからし菜。 簡単に洗ってちぎって、作り置きの蒸し鶏を割いてトッピング。
かけポン酢でさっぱりと。

             Cimg1311 
                      < 厚揚げと豚肉・きゅうりの炒め物>

中途半端に残っていた厚揚げと豚肉、きゅうりをにんにく、生姜、鷹の爪で塩炒めしただけなんだけど・・・。これ、結構イケマス!!
(実は、バリで似たようなものを作ってかなりうけてたので…冷蔵庫整理のため作成)


にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも参加してます。よろしかったら応援の2クリックよろしくお願い致します。

相変わらず更新が遅く、3月下旬のゴハンなどをUPしてるけれど…。今日はまるで冬に戻ったような寒さ…。寒いのは苦手・・・だけど、ちょっと頑張らなきゃ~。

最近、自宅近くの集会所を踊りの稽古のために借りた。え~と、自宅でも練習はできるンだけど、何となく落ち着かないのでちゃんとした稽古をしたくて…。
広島の相方も誘ってるんだけど、色々であまり乗り気じゃないみたいで、結局一人で黙々と3時間半くらい踊ってる。

勉強の方も、ホントにそれが効果的な勉強法かどうか解って無いけれど、毎日必ず「聞く・読む」だけは続けている。(一日の大半をインドネシア語放送で過ごしている+興味のある雑誌記事を読む)そして、 とある方のお薦めでディクテーションももういちど真面目に取り組むことにした。

ああもしたい、こうもしたい・・・と思うけれど、思うだけじゃ何にもならんし…。何もしなかったらそれこそ時間の無駄だもんね。
今出来そうなこと(ちょっとだけ背伸びしながら)を少しずつやっていって…その先に進歩はあるのかどうか?自分でも解らないけど…。

あ、ブログの更新も早く4月分に行けるようにスピード上げなきゃ…(汗)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

作り置きと、市販調味料でパパッと中華な晩ゴハン

Cimg1283                    < 中華よりな晩ゴハン…品数だけは相変わらず豊富だけど…>

品数だけは相変わらず豊富だけれど、この日はたいした調理はしてない。
トータル調理時間30分位だ。
勿論、電子レンジも駆使してるけど…。

横浜時代はコールセンター(しかもいつも夜シフト)で仕事してたから、帰って30分1本勝負的な晩ゴハンをよく作っていたけれど、今は専業主婦にも関わらず、やっぱり市販の調味料や、簡単手抜きな物しか作っていない気が…。

基本的にマメじゃないらしい・・・。


               Cimg1277
         <今をときめく?おかずラー油を使って一品♪>

作り置きの鶏の酒蒸し…前の晩作って冷蔵庫に入れておいたものをスライスして、今世間様で大注目のおかずラー油をかけてみたら…。
あらまあ~かなり美味しいじゃありませんか…。

私の留守中にオットはおかずラー油にはまっていたらしいけど、はまるのが解るっ!

酒蒸しは…ブログ友達のへろーめさんが以前作っていたやり方。
へろーめさんの作り方はこちら♪
既に我が家の定番である。毎度ありがとうございます~。


少しアレンジを加えているけれど、水・酒は1:1(肉がかぶるくらいの水分量)に塩少々を入れ、均一の厚みにそろえたむね肉を入れて沸騰するまで火を入れて、沸騰した後は火を止めて蓋をして冷めるまで待つ・・・。ただそれだけなんだけど、柔らかい酒蒸しが出来る♪


               Cimg1289
          <春キャベツと卵と海老の蒸し煮>

春はやっぱり春キャベツ。 卵も使って色も優しく、口当たりもかなり優しく(ぼんやり?)。
でも、良いのだ…美味しかったから。

卵は別にフライパンで大きめの炒り卵にしておいて、海老とザクザク切った春キャベツを中華スープの素を混ぜて、酒、水少々振り掛けてテフロンのフライパンで蒸していく。
野菜と海老から水が出てから炒り卵を混ぜて、水溶き片栗粉でとろみを付ける。
食べる直前に青み(今回はきざみネギ)を散らして出来上がり…。

かなりお手軽。
油は炒り卵に使った分だけだから、結構ロー・カロリー??
その分とろみを付けてみたら口当たりも結構良かったよ。

                          Cimg1290
             <作り置きのホタテのオイル漬けを使って一品>

広島に引っ越してからと言うもの、冬の定番は「牡蠣のオイル漬け」だけれど、実は密かに「ホタテのオイル漬け」も仕込んでいる。

その「ホタテのオイル漬け」のホタテを刻んで、け上げにした菜の花にオイルと刻んだ鷹の爪と一緒にトッピングしてみた。

菜の花と油は結構相性良いみたいで、旨し。


「ホタテのオイル漬け」はホタテ自体を甘辛煮にして(酒を多く使うのであまり固くはならないの)冷ました物に花山椒と潰して刻んだにんにく、鷹の爪を入れてサラダオイルで漬け込んだもの。
オイルには花山椒の香りがそこはかとなく移っていて、炒め物にもマッチする。
(冷蔵庫で2週間くらいの日持ち。)ホタテを煮込む際は、少なめの煮汁で転がすようにしてほとんど煮汁は残さない様にしてます…。


  

                    Cimg1279
          <アボガドとワカメ…わさびとマヨで…>

特売のアボガド1ヶ75円はかなり柔らかかったので、皮を剥いてわさびマヨと刻んだワカメであえてみる。 塩気が足りなければ、ひと垂らし醤油もOKでしょう。

                

     Cimg1291
       <蟹田平牧場の蕗味噌と手作りコンニャクで一品>

広島SOGO地下1階の蟹田平牧場は常設コーナーだけれど、実は1ヶ月のうち何回かはバスセンターのチケット売り場の前に特設の店が出る。
実は、地下1階より同じ物が安かったりするので、侮れない。

でもいつからいつまで出店しているか、よく知らないので地下で買い物をして出店が出てたりするともう、すごく後悔する。

しかしながら、この蕗味噌は地下では売っていないのだ。
なんでも売り子のおばちゃんの言うことには社長さんの奥様が自ら作った物だそうで…。
味見をさせて貰ったところ、かなりイケル!!
おにぎりの中に入れても良いかなぁ~、なんて思って即購入したのだが…おばちゃん曰く、スライスして刺身でもイケルという、手作りコンニャクと一緒に炒めてみた。


はっきり言って旨いです。
コンニャクも美味しければ、味噌も!!
自分で蕗味噌を作る…という選択肢も有るはずなのだが、まず始めは市販品で美味しそうな物が有ったら試す(塩麹も同じ理由でお取り寄せした)。
これ、自分で作ろうと思ったら結構大変だと思う…。
結果、買ってみて正解だったのだ~。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも参加中です。よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。



冒頭にも書いたけれど、やっぱり私は勤勉でもマメでもなく、こんなズボラな性格で良く普通の生活が送れるなぁと自分でも感心する。(感心してないで、改心しろよ!!コラっ!)
やるときは、とことんやるけれど…(やり過ぎるきらいもあるほど)普段はとことんズボラだ。

なので、こんな風に市販の調味料だとか、どこそこの美味しい味噌だとかにはすぐに反応してこんな料理が並ぶのである…。

ただ、インドネシア料理だけは…インスタント・ブンブ(インスタント調味香辛料)より自分で作った方が断然美味しいので…作るけれど、ズボラなので何とかして手を抜く方法を考え中。
昨日の記事に載せた新聞記事はその手抜き方法の足がかりになりそうだ。
宿題と予習が結構大変ではあるけれど、GWにでも訳して日記としてUPしてみようかと考えている。(上手く行けばGW位ね…^^;)








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

ちょっと実験! ナンチャッテインドネシア料理の晩ゴハン

Cimg1266_2                              <たまに猛烈に食べたくなる…インドネシア風?料理>

1ヶ月弱、バリに居て…たっぷりインドネシアの味を堪能してるはずなのだけれど、1週間2週間もたてば、食べたくなるのよね。インドネシアの味が…。

(それに、お昼は向こうで買ってきたインスタント・ミー(インスタント・ラーメン)が食べたくなったりするから、実質は2,3日もすれば、もう向こうの味を食べたくなってると言うことだ。)

今回はちょっとした実験も兼ねて…。



                 Cimg1259
              < ちょっとサンタン(ココナツミルク)少なかったか?オポール・アヤム>

冷凍保存してあった我が家の基本の黄色いブンブを使って、簡単に。 ちょっとサンタンが少なかった? 風味は良かったけれどKurang gerih(コクが足りない)な感じ。

まだまだである…。

 
                Cimg1257
                   < タフ・ゴレン(揚げた豆腐)のブンブ・プティでココナツカレー風>

お豆腐(木綿豆腐を水切りしたもの)にチキン・スープの素で少し味付けしてから素揚げにして、ここでも実験。 お試しに白いブンブを作ってココナツカレー風煮仕立てる。


                Cimg1258
                  < 貧血対策(笑) サンバル・ゴレン・アティ・アヤム   >

鶏レバーを使って一品。 お馴染みの臭い豆(ネジレフサマメ)とジャガイモを我が家のナンチャッテサンバル(基本の赤いブンブ)とダウン・ジュルック(コブミカンの葉)を炒めて、鶏レバーと一緒に煮込んだもの。

鶏レバーはあらかじめ茹でこぼした後に、チキンスープの素で汁気が無くなるまで煮込んである。 本来なら鶏レバーは揚げて使うのだけれど、我が家では少しでもカロリーダウンを計りたくて、こうして使うのだ。


日本の鶏レバーって、やっぱりちょっと臭う気がする。普通にスーパーで売ってるヤツは特に…。インドネシアのレバーは普通にスーパーで買ってきても、パサールで買ってきても結構美味しい。 同じブロイラーのはずなのになぜなんだろう?

この時はSOGOで買ってきたレバーを使用。比較的匂いは少ない様だ。これからはこのメニューの時はSOGOへGO!だな・・・。


                             Cimg1264
                            < でも、付け合わせの野菜は和風なの(爆)>

おかずはインドネシア風でも、やっぱり付け合わせる野菜は和風になる(これも定番)。どうしても、コッテリしたものが多くなるから野菜だけはさっぱりと。

内容は、おごのりときゅうりの酢の物、春キャベツととろ昆布のお浸し、菜の花のお浸し。


                  Cimg1260
                    <  これは何風? 小茄子のポン酢マリネ>

揚げ茄子にすると、やっぱり油分をとりすぎるんじゃないか?ということで簡単に油をまぶした茄子(切り込み入り)をレンジでチン☆する事2分。 これで簡単に揚げ茄子風になるから嬉しい限り。 今回は出てきた茄子の汁とポン酢、粒マスタードをあえたものに漬け込んでみた。

小茄子美味しい♪




                     

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
 
ランキングも参加してます!よろしかったら応援の2クリック、どうぞよろしくお願い致します。


冒頭に「ちょっとした実験」って書いたけれど…実は、基本のブンブをマスターすると意外と簡単にインドネシア料理が作れるんじゃないか?って。
前々から思ってたんだけれど、今回H師匠がとっておいてくれた向こうの料理新聞記事にそんな内容が載っていたのだ~♪
Cimg1527
これによると、基本のブンブは黄色、白、赤、オレンジでそれに少しずつ違う調味香辛料を足していくとバリエーションが出来上がるというもの…。
まあレシピ通りでなくても、大体の基本を押さえておけばきっとかなりイケル!!と踏んでる。 楽しみが増えましたぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

旅の記録②・外食編 ロンボク料理 Warung Puri Suranadi

Cimg1044

                                  <グラミの揚げたの…とセットメニューで>
今回のバリ行きでは、ずっと食べたかったグラミを食べて来た♪
グラミ、またはグラメとも言う、淡水魚だ。

今回試したお店はJl.Raya Puputan にあるロンボク料理の店。
ロンボクLombokとは バリのとなりの島なんだけど、唐辛子という意味もある。結構前にロンボクに旅行したときにロンボクで普通にゴハンを食べたらかなり辛かった思いでが有る。さすが唐辛子という名前だけのことはある。 ロンボク料理と言うからには、かなり辛いのでは…と身構えて行ってみた。

           Cimg1045
      <グラメ・ゴレンとテロール・グルン、プルチン・カンクンのセット>

メニューにはアラカルトも色々有ったのだけれど、折角グラメが有るのだったら絶対グラメ!とグラメを揚げて辛いソースがかかった料理のセットを注文。

一番上の写真のカゴの中にはホカホカの白飯が入っていて…
それぞれお皿に盛って下の写真のように食べる…。

           Cimg1046

テロ-ル・グルン…直訳すると巻き卵…なんだけど、オムレツがキレイに巻き巻きされていて、お味も優しくてかなりGoo! グラメのソースがさすがにロンボク料理…唐辛子が旨く利いていてじんわりと来る辛さだったので、良く合ってた!。

写真で見ると、お魚のソースとプルチン(野菜の料理)と同じ様な赤に見えるけれど、味付けは全然違うのよね。

お魚のソースは是非中身や作り方がしりたい!と言うほどの美味しさだった~♪
(しかしながら、結構こう言う店で聞いても、ちゃんと教えてもらえることは希なので、師匠と二人で、色々想像(妄想)をめぐらせてみたり…。)




                   Cimg1048
          <お店の中の様子>
入り口に近いところにはテーブル席(風通しも結構良く気持ち良いデス)。奥には東屋風の上がりがあって、かなりのんびり出来る様になってました。

        Cimg1050
          <外観はこんな感じだけど…>

さすがにレノン地区だから、店の前はかなり高級車が止まってますね~。でもお値段的には二人でセット料理と飲み物をとってRp.62,000(日本円にすると先月のレートで620円位)だから結構リーズナブル。

毎日稽古帰りにお店の前を通るけど、いつもかなり車(高級車)が止まってるからかなり流行っている店だと思う。

地元のワルン(食堂)じゃちょっと…怖いけど、っていう方にはお薦めの店かも知れません~♪
夏にオットが一緒の時にはまた行きたいな!と思ってます~♪

         Cimg1051
ププタン通りをサヌール側から行くと大きな銅像のロータリーを通過してすぐの左側なので、すぐにわかると思う!


あ~、書いていてお腹空いて来ちゃった…。今日はサンバルでも仕込むかぁ~(笑)。

ランキングも参加しております。よろしかったら下のバナーをポチポチっと2クリックお願い致します~♪
にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

年度末恒例! おつまみセット

          

Cimg1254

                    < 年度末によく登場する…おつまみセットなり>

3月中のとある日、恒例のおつまみセットを作った。
今年は、良きツマ?としてはあるまじき事に、3月中旬までバリに行ってしまったので作る回数は少なかったが、毎年2月の終わりから3月下旬(時には4月上旬まで)はよく登場するおつまみセット。

年度末はどこの会社も忙しいのは当たり前だけれど、オットの仕事はちょっと普通じゃないくらいに深夜残業が続いたりする。
残業食を食べなさいよ、とも言うし、今は会社も比較的近いので夜食弁当を届けようか?とも提案するのだが、「仕事の手を止めるのが嫌だから…。それに、ちょっとでも早く帰ってビールの1杯も飲みたい~」といって、おつまみセットを作っておいてね、と言われるのだ。

                        

                   Cimg1256
                           < ゴハンとお汁も付くのだ…>

今回の中身は、じゃことワカメときゅうりの酢の物、新ジャガのホタテオイル炒め煮、お浸し、海老玉、厚揚げの肉巻き、大根と練り物の炊いたの。

割とオットの好きな物で軽く食べられる物にしたけど…。
内容はたいしたことないし…何となくお弁当のおかずを作っているくらいの感覚だけど、喜んでくれるなら、作りますともさ。



でも、本当はもっと早く帰ってきて欲しいというのが本音なんだけどねぇ~。



年度末も何とか乗り切ったみたいだが、今度は新年度出張の嵐らしい…。
遅いどころか、帰って来ないと。
そう言う時を利用してちょっとダイエットでもするか~。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも引き続き参加中です。よろしかったら応援の2クリック♪よろしくお願い致します。


人間修行が足りない…と、昨日も書いたけれど…本当にそうだと言うことが本日あらためて認識出来た。何ともお粗末。
あ~恥ずかしい…。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

旅の記録① JAL機内食(KIX~DPS)

先日の旅の記録もまだ全然UPできてない…。徐々にUPする予定なんですが・・・。

ところで、先日発表になったかなりショックなニュース。
JAL 成田~デンパサール、関空~デンパサールが廃止検討路線に…。
あう~、なんのためにマイルを貯めてきたのか!。無駄にはしたくないし~。
かくなる上は、今年中に使い切らなきゃ…(という理由でまたすぐに行こうとしている…わけではありません。一応6月か7月にはまた稽古のため渡航するけどさ…)

というわけで、今日はこの間のバリ行きの機内食なんぞをご紹介。

Cimg0841

     <ホタテのココナツカレーとやら…の機内食>

ここ何年もの間、デンパサール行きもジャカルタ行きもずっとJALを利用してきたけれど、利用する度に、なんとなく量や内容が簡素化されてる気がする。

味は、まあまあでしたけどね。


 

                 Cimg0843
         <デザートに「堂島ロール」!!>

ロールケーキ大好きな私にとっては、とっても嬉しいデザート。
しかも、「当たりくじ」つき。
更に、わたしはその「当たり」をゲット!

                    Cimg0844
          <商品は「ロクサーヌ」の石鹸セット>
これは、かなり嬉しい!
ロクサーヌの商品って、これだけでも結構な金額だよね~?

これで、「グリーンティー」の香りだったら、最高だったんだけどね。

              Cimg1177
        <昨年辺りから帰りの機内食は「お弁当スタイル」になった>

デンパサール便もジャカルタ便も夜遅くの出発で早朝日本着だから、朝の機内食サービスはちょっと微妙…。しかも、デンパサール便は最近夜中の1時に出発だから、お弁当にすると言うのはしっかり眠りたい人にはありがたいサービスであると思う。

CAさんもそんなに忙しくないだろうし…。

             

      Cimg1178
         <中身は…>
クロワッサンサンドと、ちょっとしたおかず…。昨年乗ったときはおにぎりだったけど…。中身はともかくちょっとバティック柄の巾着は結構気に入っている。
今は踊りの時に使う小物なんかを入れているのだ。


機内食はどんなに簡素化してもいいし、アルコール有料化でも構わないからデンパサール便は残して欲しいと、切に願っているのは私だけではないはず…。
どうなるんだろうなぁ~。



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも、まだ参加しております…。(いい加減止めた方がいいのかも知れないけど…)よろしかったら応援の2クリック、ポチポチッと♪よろしくお願い致します。


この土曜、日曜日で神戸に行って来たんです~。
御影の弓弦羽神社で踊らせて頂きました。桜もまだ散っては居らず…かなり風は冷たかったけれど…踊らせて頂いたことに感謝です。

今回のバリ行きで、折角踊るのだからと、師匠にもういちど踊りをみてもらったら…実は沢山のダメ出しが有り…ひとり家でおさらいをして、更に稽古場も借りておさらいをして…臨んだにも関わらず、「立ち位置」間違えました…  il||li _| ̄|○ il||li。
それに気付いた後は、実は頭の中はあせりで「真っ白」sad。 良くある事ですが、どうやって踊ったか全く記憶がない…。Aduh~!
まだまだ修行が足りない様ですわ。
ご一緒させて頂いた皆様、こんな奴で本当にどうもすみません~。踊りの修行だけじゃなく人間修行もまだまだ足りないんです…。(とある事に、引っかかっていてまだ立ち直ってません~。悔しい~!でも、負けるモンか。)
こんな奴ですが、またよろしくお願い致します~。

                    Cimg1392
                          < みんな「変顔」で記念撮影…>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

簡単で美味しい♪ 鶏のチャーシュー

       

Cimg1224

                  < 毎度お馴染みの、色々チマチマの晩ゴハン風景>
昨日、「センス」云々のことを書いて、これだ…。
全くセンスのかけらもない…仕方がないけど、やっぱり何となく↓なのだ。

いくら日々のことで、忙しかったり、気が乗らなかったりしても、もうちょっとちょっとした「気遣い」は必要なのではないか…と、日記をUPする段階で認識。

食べてくれるオットは全く気にしてないし(元もと彼にはそう言う事を気にする習慣はない)美味しければ、なんだっていいのだ…の人だからね。


               Cimg1210_2
                     < 思いつきの産物…鶏チャーシュー>
鶏のモモ肉で…照り焼き? 唐揚げ? 塩焼き? 茹で鶏?と色々考えた挙げ句…チャーシュー仕立てにした。
白髪ネギが、白髪ネギと言うより「枯れ木も山の賑わい」?…もうちっと気を遣えよ、自分。

                      Cimg1219_2
                       < 違う角度から、もうワンショット…鶏チャーシュー>

鶏チャーシュー、肝心の作り方だけど…簡単です。

鶏モモ肉は1枚を2等分に切ってから、水からさっと茹でてざるに上げ脂を落とす。
茹でた鶏肉をテフロンのフライパンで皮目をじっくり焼き、出てきた余分な脂はキッチンペーパーでぬぐってやる。
適度に焼き目が付いたら身の方をしたにして、酒・醤油・みりんを入れて一煮立ちさせて火を止めそのまま冷まします。(調味料はお肉がかぶるくらいの量で)
冷めて味がしみたら薄く切って更に並べ、汁を少しかけ、白髪ネギをチラして出来上がり。

勿論、鶏のゆで汁は野菜スープの出汁として使用したよ♪
今回はシンプルバージョンだけど、これに中華風の八角だとか、花山椒だとか…そんなものを入れても美味しい(←既に実験済み!)

                     Cimg1215
                       < 頂き物のおごのりでサラダ♪>

帰国して早々、宇品の友人Kerawinさんに頼まれてた丁子煙草を届けたら、元宇品で採れ立てのおごのりと新ワカメを頂いたので。
おごのり…磯の香りプンプンで旨いですね~。
今回はポン酢で…頂いた瀬戸田のレモンの皮も少し刻んで入れてみた。

            Cimg1212
                         < ホタテの酒〆>
Kerawinさんに教えてもらった、宇品の激安スーパーたかもりで購入のホタテ。
簡単に酒じめにして、ポン酢とわさびで頂いた。

ホタテは食べやすい大きさ(1/4くらい)に切って、酒大さじ1に塩小さいティースプーンの先にちょっとだけ…のつけ汁に20分ほど浸しました。

あはは、浸した酒は翌日お弁当に入れる大根とホタテの煮物に使用。 出汁が出て旨かった…(オット談)そうで。

            

     Cimg1218
                 < これまたお馴染み・おかず盆セット>

恒例のおかず盆セットは、ほうれん草のお浸し(錦糸卵と海苔のっけ)と、うちわ海老とセロリのサラダ、おごのりサラダ…。






にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ ランキングも参加中。 よろしかったら応援の2クリックどうぞよろしくお願い致します。

実は…出発前に大分お皿や鉢物をダメにしちゃったんですわ。晩御飯準備中に、気に入った皿や鉢をランチョンマットの上に置いておいたら、ウチのお嬢猫2匹の抗争が勃発!!…興奮した二匹は爪立てまくりでテーブルに飛び乗り…ジャンプした瞬間にランチョンマットを引っかけ…お皿は床に落下…。
あああ~  il||li _| ̄|○ il||li
我が家はそんなにすごい食器を使っているわけじゃなし…(結構100均や300均のものばっかりだったりして…)
まあ、ひょいとおいていた私が悪いんだよね…彼らには怒っても無駄なので…。


帰ってきて、ちょこちょこ食器を見て歩いてるけれど…なかなか、「これだ!」と言うものには出合えないですねぇ~。しかも、見て歩いてる本人に「センス」は無いし…。ホントに、とほほ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »