« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

アサリと豚肉エスニック酒蒸し&マンゴーソースサラダ

Cimg2739            <ちょっとエスニックな感じに作った晩ゴハン風景>

比較的最近の食卓(6月中旬)。

以前にもちょっと書いたけれど、友人に自称漁師のデザイナーさんがいるの。
宇品のKerawingさんだ。
彼女が捕ってきてくれたアサリでメインを作り、後は…野菜系おかず色々でかなり豪華な晩ゴハン。 
Kerawingさん、いつもアリガトウ~♪オットも宇品に足向けて寝られない、と申しておりますよ~。


                              Cimg2734
               <アサリと豚肉のエスニック酒蒸し>

何がエスニックかっていうと、日本酒の他にナンプラーを使っているのと、にんにくと唐辛子をたっぷり使っているから…。

砂出ししたアサリ、豚こま肉、叩いて潰して細かく切ったにんにく、鷹の爪3本、それからこの日はお弁当に使った残りなどでちょっとずつ残っていたシメジ、絹さや、三つ葉も一緒くたに鍋に入れて、がーーーっと強火で蒸すだけ。簡単料理なんだけど、何ともアサリがよい仕事をしてくれます。

料理酒じゃなくて普通の日本酒を使ったので塩気を足すためにナンプラーを小さじ1杯ほど使ったのが良かったのかも。


Cimg2736         <最近のお気に入り…マンゴーチリソースを使ってサラダ>

サラダは三つ葉、玉ネギ、きゅうり、パプリカ(赤・黄)、アボガドで取りの酒蒸しをほぐした物をトッピング。ベースは簡単にポン酢醤油だけど、上からマンゴーチリソースをかけて、ちょっぴりピリ辛のサラダに。

コレって実は、ヒントになるものが有ったのだ~。

それは・・・コレ↓

20100610_info01
ドトールコーヒーの夏メニュー。ミラノサンド タイ風チキン。

実は、結構空いていて落ち着いて辞書ひいたり、書き物したり出来るので紙屋町のドトールに頻繁に行ってるんだけど…すごくおいしそうに見えたので、ちょっと似たような感じに作り込んでみた次第。

実はこのタイ風チキンサンドは食べてないんだけど、イメージだけおかりしちゃった。
ビジュアル的には似てるでしょ??
何がヒントになるかわからないもんだよね(笑)。

マンゴーチリは甘くて辛くて最近のお気に入り。
(マンゴーが安く手には入ったら、インドネシア料理のサンバルにも使いたいんだけど・・・ちょっとお高いので実験にはちょっと勇気がいるかも。)


            

                    Cimg2729
                <恒例の和風おかず盆セット>
上の二品でも野菜は使ってるけど、やっぱり別に野菜のおかずも用意したい、欲張りな私。
と言うわけでおかず盆セット。

あっさりとほうれん草と海苔のお浸し、きゅうりとわかめじゃこの酢の物に、和風のポテサラ。

              Cimg2725
        <マヨを減らすために…なぜか味噌を補ったら??>

最近我が家のポテサラは緑をきゅうりにせず、ブロッコリーにしてるのだ。一度作ってみたらおいしかったし、嵩が増えて豪華に見えたから(笑)。
ちょっとマヨを減らす代わりに、中甘口の味噌を入れてみた。口に入れると普通にポテサラだけど、後味が味噌風味。 意外に美味しかった。


         
                  

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングも一応参加中。宜しかったら応援の2クリック頂けると嬉しいデス。


昨日は、やっぱり見ちゃいましたよ。ワールドカップ…。ホントに残念だけど、ここまで良くやってきた、よく頑張ったと思う。
お陰様で本日ちょっと寝不足。インドネシア語の個人レッスンだったんだけど、頭が呆けてて今日はなんか思うように単語が出て来なくて焦った~。
いつも話し相手になってもらってるIちゃんも、早朝の仕事でちょっとお疲れ気味のご様子。ちゃんと話が通じてるか不安になって「Iちゃん、私の話ちゃんと通じる?」って聞いたら、「大丈夫、oma(=おばあちゃんの意)の話はちゃんと通じるから」って言ってたけど、てか、いつも誉めてくれるけれど、イマイチ不安。だってIちゃんの奥様Mちゃんは「彼は誉めて伸ばすタイプだから、たとえダメでも誉めるのよ」って言ったのを思い出し、更に不安。それって私の事かいな~??どうなのよ~~~~~~~(笑)。
ま、それはさておいて、やっぱりボキャブラが足りないのは事実なので、勉強します。
東京の師匠アルビーは覚えたかったら100回読め!と言ってたし・・・。
能力の低い私は人の何倍も努力しないとあかん様ですわ。

でも、さしあたって、今日はシネトロン(インドネシアのメロドラマ)かな?(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

豚団子と筍のうま煮♪ 日本酒メニューの日

Cimg1977
5月初旬の食卓。 まだ筍も破竹になってない。 
コレはちょっと頑張った記憶が・・・というわけで、かなり時季外れだけどUP。

4月の終わりくらいに、いつもお邪魔しているブログで見て是非作りたいと思っていた豚肉団子のうま煮にチャレンジ。
その他も色々、居酒屋おつまみ本などを広げていたら色々作りたくなっちゃって・・・。
意欲って大事だな~と今にしてしみじみ思う。

          

      Cimg1978
                <豚団子と筍のうま煮>

いつもお邪魔しているブログとは広島の食いしん坊、へろーめさんの所。以前から気になっていた愛友市場のお店を探訪された際にちらりと見た、豚団子のうま煮・・・。
うまそう・・・。

旨そうと思うと、ついつい作りたくなるんですわ、ハイ。
(この辺は体調悪いながらも、まだ意欲が有ったデス)

この肉団子には、刻んだ春キャベツ、椎茸、刻んだ玉ネギがたっぷり入ってて、かなりゆるめ。つなぎは卵白と片栗粉。もっちりというよりはふんわりの出来上がりとなった。(二度と同じ物は出来ないかもしれない・・・ダメジャン、私)

だし汁に醤油、みりんで味を決めたものであらかじめ筍は煮ておいて、その煮汁(まだ多めの時)に肉団子をポトン2と落としていき、弱火で煮詰めていく。
なので、最初に決めた味は薄め。

前に大好きな料理本、川津幸子さんの「あ、おいしい 家庭料理のベスト107皿」の作り方を参考に。

            Cimg1979
                < たらの芽・・じゃなくてコシアブラ…の天ぷら>

たらの芽よりもちょっと細くって、苦み走ってて美味しい。 
売り場に美味しい食べ方の説明があり、お浸しも行けるように書いてあったけど、天ぷらに。
たらの芽よりも柔らかい感じなので、ごま和えなんかが美味しいんじゃないかな?
我が家はたらの芽の天ぷらよりもごま和えの方が登場回数が多いのである。

来年は是非!ごま和えにもチャレンジしたい。

          

     Cimg1974
                   <新玉ネギの醤油漬け>

これは、「うまい!居酒屋おつまみ」というおつまみ本から頂いてきたもの。
レシピには普通の玉ネギで・・・と、特に新玉ネギにこだわっていなかったから、いつでも出来る簡単なつまみとして重宝しそうだ。

しかしコレを新玉ネギで作ったら…適度な甘みで美味しい♪。

玉ネギ1個(中くらいの大きさ)は皮を剥き適当な大きさのくし切りにして、昆布3㎝と一緒に耐熱容器へ。
鰹だし1カップ、濃い口醤油大さじ1.5杯、みりん少々、酢少々を合わせて鍋で沸かし、玉ネギが浸るくらいまで加え、そのまま冷やすだけ。

なんでも、本によると汁が冷えるまでの間に味がほどよく染み込むのだそうで、我が家では半日位漬け込んだ。

          

     Cimg1972
       <焼きアスパラの黄身醤油ソース>

焼いたアスパラに、卵の黄身だけを醤油につけ込んだソースで頂く。
簡単・・・まるで居酒屋だね。

          

     Cimg1973
        <恒例、おかず盆セットに仕立てる>

新玉の醤油漬け、ほうれん草のお浸し、オクラと海老のおろし和え(レモンで)…さっぱりとした和風のおかず盆。

我が家のお浸しは…白だしを希釈した出汁をかけて頂いてるけど…お財布に余裕がある限り…化調ふくまず・・・を買いたいもの…。でも余り無理せず、無理なときは、結構安いものを使ってる。(でも、あまりにひどいと思った物は安くても二度と使わないけど…)
あると便利なの…白だし。

ええ、自分は飲めないけれど、この様なメニューの時はオットに日本酒を用意するのも忘れず・・・。
ほぼ居酒屋メニューの晩ゴハンとなったのだった。


本日は5月初旬の食卓をUPしたので、何とも季節外れでマヌケな感じ。
スミマセン・・・。



にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ
ランキングは…一応参加してます。応援の2クリック頂けると、ちょっと嬉しいデス。


我が家の寝室にはエアコンがない、プラス窓はマンションの共用廊下に面しているのであけっぱなしで寝るわけにも行かず、夏の間はエアコンのある和室へ避難する。
そろそろその季節がやって来た。
ほんと、蒸し暑いの。
昨日も買い物に行くのに車で移動してて、橋を渡るときビックリしたんだけど、川面からものすごい霧が立ち上ってる??雨はそんなにひどくなかったから確かにアレは水蒸気・・・。ねっとり蒸し暑いはずだわ…。
洗濯物は乾かないわ、何となく床がぺたぺたしてるわ・・・。
で、この2,3日和室で寝てるんだけど、お布団と枕の高さが微妙に良くなかったらしく、また肩関節やっちゃいました…(泣)。今日は首までびりびりとしびれるように痛い。
首が回りません・・・。
そんな調子でお弁当を作っていたら、なんかとっても上手く行かずイライラして、朝っぱらからついオットに当たっちゃった…。だめだなぁ~。
今日はちょっと低空飛行になりそうだなぁ・・・。とほほ。







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

お稽古のお楽しみ ナシ・チャンプル ala cium

Cimg2932                       < どど~ん、と並ぶインドネシアおかず♪>

一昨日の広島地方、断続的に雨…の中、私が参加させて頂いてるバリ・ガムラングループ<バパン・サリ>のガムランと踊りの練習があり、またまたナシ・チャンプルを作ったのだ~。

いつも家で二人分のご飯をチマチマ作っているけど、こうして大人数(8人分以上あったな・・・汗)を作るのもなかなか楽しいもの。
しかしながら、メンバーの皆様、バリに通い慣れた人ばかり・・・。それだけ、舌が肥えてるって事で、なかなか気が抜けないのだ。


このブログではお馴染みのナシ・チャンプルだけど…まあ、一皿にご飯とおかずを一緒盛りにしたインドネシアの定食とでも思って頂ければわかりやすいと思う。
                  

                    Cimg29342
           <そのおかずを盛り込んで・・・ナシ・チャンプル>

上のおかずをこうして好きなだけ自分の皿に盛り込む。

このお皿は駕籠の上に油紙を敷いてある。 バリのワルンでは結構お馴染みの簡易お皿。(ハイ、勿論バリからセッセと運んで参りました…)

               Cimg2927
         <鶏肉のバリ風煮込み(創作インドネシアン??)>

前日にブンブ・バリ(バリ風の調味香辛料)をセッセと仕込み、レモングラスと一緒に鶏肉を汁気が無くなるまで煮込んだ一品。 最期にスプーン1杯ブンブ・バリをもういちど入れると味にインパクトが出るようなので、我が家では煮込みの時は必ずそうしている。

               Cimg2928
         <サンバル・ゴレン・ウダン(海老のココナツクリーム煮>

我が家の基本の赤いサンバルを使って…海老をココナツミルク、レモングラス、こぶミカンの葉、トマトで煮込んだマイルドなカレー(の様な物)。
いつもは臭い豆(ネジレフサマメ、プテとも言う)を入れるけど、今回はおとなしめに仕上げた。

               Cimg2930
        <トゥミス・トウゲ・チュミアシン(もやしとイカ塩漬けの炒め物)>

これは、いつもやり取りさせて頂いてるジャカルタのすだこさんの所で教わった炒め物。
このために、あらためてチュミ・アシン(イカの塩漬け)をジャカルタから持ってきてもらった(笑)。 

電話で「チュミ・アシンも欲しい~」と言ったところ「ニダム(つわり)か???」と聞かれたんだけど…これってつわりの時に欲しくなるものだろうか???
誰か知ってたら教えて欲しい・・・。

ただイカの塩漬けとにんにくで炒めるだけでなく、ルンクワス(ナンキョウ)も刻んで入れたところ、グンとエスニックな炒め物になった。 
すだこさん、いつも良いヒントをありがとうございます~♪

                Cimg2926
              <テンペ・ゴレン(テンペの揚げ物)>

一時期日本でもちょっと流行ったテンペ。でも残念ながら日本の大手メーカーが作ったモノは本物とはちょっとかけ離れたお味だった。
これは、上野の輸入食材店からお取り寄せしたもの。
高くても本場の味。

テンペに辛い唐揚げ粉(インドネシア製)をまぶして揚げただけのものだけれど、やっぱりコレが無くっちゃね!!


                Cimg2929
          <チャ・カンクン(空心菜の炒め物)>

そして、これも、「やっぱり、コレが無くっちゃね!!」の一品。カンクン(空心菜)の炒め物。
味付けはにんにく、バワン・ゴレン、塩胡椒のシンプルな炒め物。

                           Cimg2931
<手前から…サンバル・マタ(バリ風サンバル)、イカのジャワ風煮込、ペペス・イカン(魚のバナナリーフ蒸し焼き)>

今回はバナナ・リーフも取り寄せたので、作りました! ペペス・イカン!!
バリ風のブンブで絡めた魚の切り落とし(今回はビンチョウマグロ)をバナナの葉っぱでくるんでフライパンで蒸し焼きに。
そのお供には、手前のバリの生サンバル…サンバル・マタを添えて。

真ん中の黒い物体は、若イカを我が家の黄色い基本のブンブとこぶミカンの葉で煮込んだジャワ風(ナンチャッテですが)煮込み。 


メンバーの皆様、ご満足頂けたかしらん???
次回広島ラテも、何か別のものを仕込みますので乞うご期待!!




にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

う~~~ん、ランキング参加継続は考慮中なのですが・・・一応。
宜しかったら応援の2クリック頂けると大変嬉しいデス…。



土曜日の稽古は・・・ずっと一人で稽古してきてそうとう疑問と鬱憤がたまってたのが解消出来て、楽しかった~。
本来ならこの時期はいつもバリへ飛ぶ時期なんだけれど、今年は実家の方の都合でまだ未定。このまま行くと秋口までバリへ飛べないかも(号泣)。
でも、今は日本で出来ることをじっくりと…と自分に言い聞かせて、頑張ります。
舞台の予定もボチボチ決まり始めたし…気張らなくちゃね。
ははは、でも明後日の授業の予習もやらなくては~。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

簡単♪ 海老とポテトのピリ辛カリカリ焼き&蓮根のソース炒め

まだ、かなり疲弊した状態の時に作った晩ゴハンだから5月中旬か。
買い物に出るのも億劫になりがちで、家に有るものでナントカしたんだった。
それでも、ちょっとはマシ?なもので簡単な調理で済むものを本日はUP。

Cimg2067                 <海老とポテトのピリ辛カリカリ焼き>

ホントに作り方は簡単です。

ポテトは皮付きのまま良く洗って水気を切ったら、スマイルカット(って言うんだっけ?)に切ってレンチン1分半。 それを取り出してテフロンのフライパンで少量のオイルを使ってカリカリに焼いていく。弱火でじっくりね。その際塩胡椒を少し・・・。
ポテトの表面がカリッとしてきたら、皮を剥いた海老を入れて一緒に炒め合わせ、黒胡椒と一味唐辛子を振って出来上がり。

盛り付けるときに、きざみネギとレモンをふりかける。

海老がなければ、ポテトだけでフライドポテトのように食べるのも一つの手。

おつまみ道場からのアレンジ作品です。

             Cimg2062
             <蓮根と竹輪のピリ辛ソース炒め>

蓮根はオットの大好物だから、よく買う我が家。
冷蔵庫に有る材料とにらめっこの末、炒め物に。
ううう、何となくお好み焼きっぽい味が食べたくなって、ソース炒めにして青のりをふりかけた。

我が家に有るソースは中濃とオットが気まぐれに買ってきた激辛ソース(岡山のものらしい)。ピリ辛ソースにして正解だったかも~。

作り方は説明するまでもないでしょう。
炒めるだけだもんね。
激辛ソースがなくても、普通のソースに一味を振るだけでOKよ。

                                  Cimg2069
               <ちなみに、その日の晩ゴハンの全容>

いつもと展開が逆だけど・・・。他は塩鮭、トマトとオクラの刻み玉ネギソース(ポン酢ベースね)、大根と水菜のしんなりサラダ、お浸し・・・という内容。

まあまあ、野菜は採れてるんじゃないかな~(笑)。

簡単なものばっかりです。

相変わらず品数だけは豊富・・・(苦笑)。





にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

ランキングは一応継続する予定・・・(まだ検討中なんです)。 色々考えちゃって・・・。でも、よかったら応援のクリック頂けると嬉しいです。

お休みしている間にね、本当に色々な方のブログを見て回ったんですよ。
ホンマに皆さん素敵で・・・生活を楽しんでらっしゃるのがよくわかる。それに引き換え私は・・・
で、時々出る病気? 私、ブログやめた方が良いんじゃない?? が・・・始まり・・・。

でもね、なんかやっぱり書きたいこともあったりするわけで・・・。う~~~ん、どうしようと思ったらホンマに腰が重くなって再開がどんどん遅れたりしたのでした。(心理的要因、肉体的要因もあったんだけど・・・)

それとね、どうせ踊りの練習も2週間以上禁止されてたし、思うように外出も出来ない状態だったので、ガンガンインドネシア語のニュースのディクテーションして、YouTubeでインドネシアドラマ見て、雑誌読んで、辞書ひいて・・・なんて生活をし始めたら意外とそれが楽しい・・・。でも、実力に見合ってないせいか?いろいろやたら時間がかかるんですよ。
で、更に再開が遅れたのも、一つの理由かな??

せっかくだからインドネシア語もこのペースで続けていきたいし・・・欲張りすぎ??(笑)。
相変わらず、しよーもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

バリ風鮪の煮付け&ヘルシーなサンバル・ゴレン・アティ♪

Cimg2901                           <和とインドネシアン・・・相変わらずな晩ゴハン風景>

調子が悪い間は、とにかく簡単にできて野菜がさっぱりと沢山食べられるように・・・ばっかり考えてたけど、こんなコッテリ系おかずも大丈夫作れる様になった(笑)。
久し振りのインドネシアン(擬き)。

大分暑くなってきたから、やっぱりこういうおかずに我が家では冷たいビールなんです。

ただ、一つだけインドネシアンにすると野菜が足りなくなる(自分のレパートリーが少ないだけでなく、野菜というとどうしても炒め物が多くなる、油が多くなる傾向有り)ので、和風のおかずのセットもつけるのは、家庭での知恵とでも思ってくだされば・・・。




               Cimg2907
         <豪勢(笑)に本マグロのバリ風煮つけ>

実は、かなり手抜き。
なぜなら、ブンブ・バリ(バリの調味香辛料)はあらかじめ作ってチルド保存しておいたから。
冷凍しないと無理かな~、と思っていたけど、チルドくらいでも大丈夫だった。
良いのか悪いのかよく判らないケド・・・。生の唐辛子が沢山入っているから保つのかしら?
約1ヶ月。香りは少し落ちるけれど、その辺はレモングラスを補ってセーフ!

作り方は・・・

ブンブ・バリの作り方はこちらへ・・・(最近作ったモノの写真がどこかにしまわれてるはずなんだけど・・・どのフォルダーに入ってるかわからず・・・ちょっと古い日記です)


ブンブ・バリとレモングラスを包丁の柄などでたたいて香りを出したものを少量の油で炒め、香りが出てきたら鮪のぶつ切り(今回は豪勢に本マグロ♪)も一緒に炒め合わせる。
表面ちょっと焦げ目が付いたくらいで鮪がかぶるくらいの水と、塩少々、粉末スープの素少々(お好みで)いれ、中火くらいで汁気がなくなるまで煮詰めるだけ・・・。



                 Cimg2893
         <インドネシアの定番?? サンバル・アティゴレン ala cium>

ブログを通じてやり取りさせて頂いてる、ジャカルタ在住のすだこさんのページで定番、って言ってたので、ここでも定番とさせて頂きます(笑)。そういえば、バリのH師匠のところでもこれははずさないおかずでよく作ってたっけ。

名前にゴレン(=揚げる)と有るけれど、実は我が家流にカロリーオフを狙って油で揚げる作業は一切無し。ちょっとヘルシーなインドネシアンに仕上がりました~。これからもこのやり方でやることに決定。

今回はあらかじめ下の写真にあるU姉さんのサンバル・トラシを使用。
材料は一切揚げず、鳥のレバーは少量のサンバルと粉末スープの素で汁気がなくなるまで煮てから使用、ジャガイモは角切りにしてレンチン☆2分。
ポイントは一度レバーをさっと茹でた後少し置いておくと、少し血が出てくるのでそれをきっちり拭き取ってからの調理にしてみた。不思議~あまり臭くならなかったのよ。多分レバー自体の鮮度が良かったのもあるんだろうけど・・・。

まずサンバルとレモングラス、コブミカンの葉をさっと油で炒めて、そこへトマトをざく切りにする。そこへ、お馴染みの臭い豆(ネジレフサマメ、インドネシアではプテという)を入れ、その後下煮して角切りにしてあるレバーとジャガイモを入れる。ある程度炒めたら少なめに水を入れて、クツクツ汁気がなくなるまで煮る。味付けはサンバルにある程度味があるので塩とやはり粉末スープの素を少々。
ココナツミルクを入れてもOK(今回は、さっぱりとしたかったので入れてません)





                 Cimg2894
                 < やっぱりコレがなくっちゃね!! チャ・カンクン>

コレも定番中の定番。 空心菜の炒め物。
そろそろ、空心菜が出まわるようになってきたけど、別に小松菜(チャイシム)でもよし。
でもやっぱり、カンクンは好きなおかず。

空心菜をにんにくで炒めて、塩胡椒だけの単純な炒め物。
干しエビとか乾燥の桜エビなんか入れると更にそれっぽくなりますな。

      

                Cimg2906
        <ジャカルタからの救援物資・U姉さんのサンバル・トラシ>

コレはありがたい頂き物。
ジャカルタの親友の息子(Kちゃん)が一時帰国してたんだけど、わざわざ作って空輸してくれたのである。コレを受け取るため東京まで出向きました。(いや、本当は叔父と叔母のお墓参りがメインでしたが・・・)
相変わらずの旨さ。
こっち、広島のインドネシア人の友人にもお裾分け。

すごく辛そうだけれど、トラシ(海老の発酵調味料)の旨味たっぷりで、辛くてもガンガンイケます。私が作るサンバルはちょっと刺激的な辛さになりがちだけど、この味はやっぱり現地の味。
U姉さん、いつもアリガトウ!!お土産にKちゃんにワンピース持たせましたから・・・(笑)。
(って、U姉さんは日本語出来ないンだけどね・・・)



                Cimg2899
         < コレも定番・和風おかず盆セット>

残り物アレンジの水菜と丹波シメジのおろし和え、市販のらっきょ、茹でアスパラのピリ辛サラダ、小松菜のお浸し・・・と言ったラインナップ。

冒頭にも書いたけど、気候の関係からかインドネシアの野菜料理ってほんとに揚げたり炒めたりが多くてどうしても油っこくなりがちなのだ。 我が家は二人とも日本人だから、お供にこういう野菜類がどうしても欲しくなるので・・・。

アスパラのピリ辛サラダは・・・タイ風の野菜サラダドレッシング(市販品)を使用。かなり気に入ってます。甘みもあってピリ辛だから、我が家の二人のニーズにマッチするんでしょうね(笑)。

にほんブログ村 料理ブログ 晩ご飯へ にほんブログ村 グルメブログ エスニック料理(グルメ)へ

タグは載せましたが、継続するかどうかは検討中。でもよかったらポチ♪として頂けると嬉しいです。

日記を再開するに当たって、この体調不良期間に撮り貯めた写真を見直してみたけど・・・何を載せてよいやら??
中には自分としても「よっしゃ~!」って出来のものが有ったはずなんだけどなぁ~。
おかしいなぁ~。
自分なりに、記録として残しておきたいものは載せようと思ってるんですけどねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

1ヶ月半のご無沙汰でした

Cimg1077
ご無沙汰です。
実に1ヶ月半も休んでしまいました。

やはり、例年の如く5月は調子悪かったです・・・。以前は調子悪くともナントカ乗り切っていたのですが、今回は気力も追いつかなくなりました。ああ、情け無い・・・。6月に入り大分体調は回復していたのですが、やっぱり気力は落ちたまま・・・書こう、書こう・・・と思いながらここまで来てしまいました。

前回日記を書いた日の夕方、貧血治療のために通い始めた病院の先生から直接電話を頂き、「ちょっと、この状態はただ事じゃないから、とにかくすぐに病院に来なさい」と言われ・・・ひぇ~~~~~~~。自分としては数値的には以前に何度も経験してるから(笑)、たいしたことないと思ってたんですけど、やっぱり平地を歩くのにゼ~ゼ~言うようじゃ、ダメなんですよね・・・(苦笑)。

それ以来、毎日点滴注射に通い、大分回復して来てたんですが、今度は持病ちゃんの注射の副作用が辛くて・・・(涙)。 副作用軽減のために処方してもらった薬を飲んだら、だるくて動きたくない・・・。

んんん~~、何とももどかしい状態が続いて、正直言ってかなり萎えました。
それでも、一応主婦なんで家事だけは何とかこなして、料理写真も撮ったりしてたんですけど・・・。 UP出来るようなたいしたものは作れないし、自分が食慾湧かないとホント、ダメですわ。 (中には、よっしゃ!!ってものも有ったんだけど・・・)

毎度の事ながら、「もう日記なんかやめちゃえ!」とも思いましたが、ここで投げ出すとすごく自分が嫌いになりそうなので、また書くことにした次第です。

最期に、コメント頂いてた皆様、お返事も書かず申し訳ありませんでした。
その節の非礼をお許し下さい。
この先、まだまだどうなるかもわからないですけど、またよろしくお願い致します。

来週、また注射・・・直後はかなりガクッと来るので・・・それがちょっと恐ろしい・・・。



Ibucium

(写真は、バリで撮った何てこと無い風景・・・。でも早くこの風景の中に戻りたい・・・と思えるようになったので・・・ゲンキンですよね。ちょっと元気になるともうインドネシアが恋しい・・・笑)



| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »