« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

思ったように出来ないことばかりの一年でしたが…

Cimg6998          <上野・藪そば…年越しには少し早かったけど…>

大晦日。

あっという間の1年だったなぁ。
昨年末に親族が起こした大問題の収拾に大わらわで始まった2011年。
急に決まったオットの転勤、引越…その間にバリ舞踊とガムランの一大イベントがあったり…。

ああもしたい、こうもしたい・・・と希望ばかりが膨らんだけれど、実際は…大した事も出来ず、自分の気持ちに負け続けた1年だった。

来年は今年よりもっと良い年になるように、地に足つけて頑張らなくっちゃ。

来年は今年よりももっと良い年になりますように。




Ibucium

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

私の元気の素はやはり・・・

Selamat hari Natal♪(メリー・クリスマス)

本日はクリスマスイブ。

我が家はクリスチャンではないので関係ない行事のはずだが、街がクリスマスで浮き足立っているので、何となく居心地が悪い。
この宗教とは関係ない浮かれた気分が、「何かしないといけないのでは?」って動かされているみたいだからかな?

クリスチャンでは無いが家族揃って楽しく美味しい物を食べる…ってのには賛同出来るけれど。

昨日稽古帰りに大型スーパーに寄ったら…もう、ものすごい事になっていてとても疲れたよ。
チキンの山、ケーキの山…そして何でも「高い」!←これが一番腹立たしいangry
明日の夕方になれば、きっと投げ売りになるであろう食材たち、その時になったら家に来て頂こうかしら??


そう言いつつ、昨日からの三連休、オットも休みで家に居るし…やはり何かしないといけないのでは?と何となく背中がもぞもぞする。なんと、気の小さいこと…自分でもおかしい。

ええーい、今日は通常運行すると、早よ決断せんかい…、と自分でツッコミを入れてみる。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


今日は全くクリスマスとは関係ない記事をUP。
先週日曜日に神戸に練習に言った際に頂いた美味しいゴハン。
(このブログではお馴染みの三宮・バリ料理のWarung Baliのナシ・チャンプルのブンクス)


Cimg6823
私にとっては何よりも元気の出るゴハンだ。

Cimg6818
これも・・・。
特製のサンバル…。

やっぱりプロの作る物は違う!

夏にバリからガムランの師匠・I Ketut Cater先生を招いて広島・神戸でコンサートをした際に…先生はこのWarung Baliの料理を本当のバリの味だ…とおっしゃっていた。
私もそう思う…。

三宮へ行く事があったら、是非お試しを!!

Warung Bali


そして…元気の素をもうひとつ。
この音を聞いたら…元気にならないわけには行かない…↓

Cimg6828

先週はこのゴハンを食べ、生のガムランの音を聞き、インドネシア人の友人ともたっぷりインドネシア語でおしゃべり…プラス、バリ舞踊のレッスンも充実…。

あらためて、インドネシアが自分の元気の素なんだ…と実感した週だった。


インドネシア人の友人と料理の話ばかりしていたら、なんか火がついたみたいで、何か作りたくて仕方が無くなった…。
クリスマスだけど…そっちに走るか?(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

究極の薄味…

Cimg6699_2             <かなりやぶれかぶれ…な晩ゴハン風景>

デジカメデータのサルベージダメだった…(ρ_;)
期待しない…と書いたけれど、やっぱりダメージ大きいかも…。

頑張ったときほど、結果はこんな風になる…なんて思いたくないなーーー。
ついてない…この頃。いや、この3,4年はついてないことが多い…。
やはり「大殺回」???

この日は代用SDカードに記録してあったので…12月中旬。
データーおじゃんの脱力感とオットとの小競り合いで、疲れちゃって…。
野菜の種類少ないなーーーー。

献立は

・蕪と海老のサラダ
・レンコンと豚肉のオイスターソース炒め
・究極の薄味・里芋の海老風味の塩煮
・蕪の葉と実のわさび風味お浸し
・白菜と舞姫のとろとろ煮
・鶏レバーのサンバル煮(常備菜のつもりで作ったのに…)
・刻んだだけのきゅうり



Cimg6684                   <蕪と海老のサラダ>

蕪…これもまたオットの大好物。

薄く切ってレンチン☆蒸し器で30秒ほど火を入れた物に、塩茹でした海老を合わせて、オイル・塩胡椒・レモン汁・レモンの皮・砂糖極小のドレッシングで和えて、刻んだパセリをのっけた。

海老を茹でるときはかわごし…。
塩茹でしてあるのだが、グラグラ湧かしたお湯に海老を入れたらすぐ火を止めて、余熱で火を通すようにした。

そうすると、海老がプリっと仕上げる(気がする)。
茹ですぎた海老ほど旨くない物は無い…という考え方なので。

うふうふ、このゆで汁は捨てないで別料理に使ったのだ。




Cimg6690                <里芋の海老風味塩煮>

で、これがその別料理。

海老を塩茹でした汁で里芋を炊く。
汁気の味を見て少々塩とみりんを足してある。

口に含むとねっとりの里芋、ちょっとだけエビの風味がする…。

究極の薄味となったが、コレはかなりイケル!


Cimg6687        <レンコンの豚肉のオイスタソース炒め>

これもまた、オットの大好物。

とんかつ用の肉半分だけ、サイコロに切って、レンコンもざく切り。
刻みにんにくで最初に肉を焼き、レンコンも勢いで炒める。
思い切りが必要。

とろとろしてると、レンコンのしゃっきり感が損なわれるから…。





Cimg6695          <相変わらず、野菜系はお盆セットに盛り込むのだ>


蕪の葉と実をいっぺんにお浸しに。
と言っても簡単。

蕪の身の方は細く切って置いて、白出汁少々にわさびを溶いた物につけ込んでおく。
そうすると蕪の実から汁気が出るのでそれごと茹でた葉にのっける。


野菜が少ないと絶対何か言われるので…(怒)、白菜と白舞茸の舞姫を昆布だしで炊いて、とろみを付けたところへ刻んだゆず皮をのせる…。
味付けは塩。
簡単だけど、こんな暖かいおかずも必要な程寒かったのだ。






Cimg6692             <鶏レバーのサンバル煮>


以前、神戸に練習に行った際に…美味しいレバーを頂いた事を書いたけれど…それ以来、時々作っている私の貧血対策常備菜。

マデさんのレバーにはかなわないけれど…かなり似たような味になってる(はず…わはは…)。

レバーは脂肪の部分と、中にたまった血のかたまりを取り除いておく。
自家製のサンバル、コブミカンの葉を炒め、レバーを入れたら、ケチャップマニス、水、マサコ少々でコトコト汁気が無くなるまで煮詰めるだけ。


私の貧血対策…のはずなのだが、いつもオットが半分以上平らげる…。




今週は持病の定期点検(?)で病院へ。
ドクターにはこの所の睡眠障害の話をすべきところ、その前にすごく疲れていることを指摘され…心配されてしまった…。
この睡眠障害の原因を話し出すと長くなるので、とりあえず以前副作用がひどく疲れていたときに処方してもらっていた安定剤を処方してもらった。

お陰様で…入眠困難、夜中に目が覚める…などの症状はかなり軽快してきた。
眠れるって…ステキ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

二人の好きな物ばかり並べてみました

Cimg6667          <簡単だけど二人の好きな物ばっかり…の晩ゴハン風景>

写真データーが消去された事が発覚した日の晩ゴハン風景。
発覚したまさにその時は、怒りが爆発しそうだったけど、結局何だか肩の力が抜けてしまった…。


問題のSDカードには翌日の晩ゴハンも撮ってあったのだけれど、自分でサルベージ出来なかったため、オットが専門業者さんに預けて、最後の手段を試みているので、この日は代わりのSDカードを使用している。


肩の力が抜けちゃってるので凝った物を作る気力もなく、たまたま一番近くのスーパーで魚の切り身が大安売り!ってことで、自分の大好物を買ってきて簡単に晩ゴハンにした。

献立は

・かれいのみりん干し
・大根のあっさり煮
・なばなのお浸し・ほぐし塩鮭のっけ
・チーズ入り炒り豆腐
・茹でたレンコンと煮豚の和え物
・水菜とラディッシュのサラダ(川崎ブランドってのを使用)





Cimg6652               <舞姫と大根のあっさり煮>

大根の炊いたのってオットの大好物なのだ。
それに私の好物、白舞茸・舞姫といっしょに昆布だし、塩、みりん少々でことこと炊いて、ゆず皮を散らす…。

味をしもらす為に一度冷まして、また温める…もやってるけど…。




Cimg6656               <かれいのみりん干し>

これは、私の大好物。
スーパーで安売りしてたから…ってのが理由だけれど、子供の頃の想い出の味なのよね。

最近はちょっと高くなってなかなか手を出さないでいたけれど、一切れ98円なら…。




Cimg6655          <なばなのお浸し・ほぐし塩鮭のっけ>

なばなはふたりとも大好物。
それに、私の大好きな塩鮭を焼いてほぐしてのっけただけ。

塩鮭の塩分が有るから、白だし希釈の出汁はかなり薄めに。

Cimg6657                <レンコンと煮豚の和え物>
 
レンコンはオットの好物。
揚げても、炊いても、炒っても、茹でても…(私にとっては失敗作でも)、必ず「美味しい!」が聞ける便利な食材なのだ。

お肉屋さんで買った煮豚をスライスして、そのタレに辛子を少々。
茹でたレンコンと和えるだけの簡単副菜。

煮豚を自分で作ってるなら自慢出来そうだけど…。





問題のSDカードのデータサルベージ…どうなんだろう?
出来るのかな?出来ないのかな?
ちょっと期待しているけれど、問題のSDカードが返ってくる頃にはもう年越しちゃうんじゃない??

それをUPするってのはどうなんだろう?等と考えてる。
まあ、出来るに越したことはないのだけれど、あまり期待してるとまたがっくりするから…。


一つ前の日記にも書いたけれど、義父の悪行のせいで昨年から精神的に参っている上に、さらに色々有った物だから…この所、寝付きが悪い、眠りが浅い…早朝覚醒…という例のアレ?の特徴的な症状で悩まされてる。

抑うつ気分…だけではなく、不眠の症状がではじめると、かなりマズイ??
来週は持病ちゃんの定期点検だから、ドクターに相談してみようと思う。


眠れないことがこんなに辛い事だとは…と、メンタルクリニックで6年も働いてたのにはじめて自覚したよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

Ampun Tuhan!

Ampun Tuhan!  Kenapa jadi begini? Kalau saya berdosa, ampuni saya tuhan....

神よお許し下さい! どうしてこんな事になるのでしょう。もし私に罪があるのなら、どうかお許し下さい…。


と、言うのが今の偽らざる心境。
特に信仰を持っているわけじゃないのだが、弱っているときに限って更にひどい目に遭う…。なぜ?どうして? 私何か悪い事してますかね…てな感じだ。


何があったのかって??


オットが11月半ばから12月10日までの晩ゴハン写真データを全て消去してくれました…。
annoyannoyannoyannoyannoyannoyannoyannoy


先週のUPでもちょっと書いたけど…実は先週は「買い物しないでどこまでゴハンが作れるか?」にトライしてたのだよ。
自分で言うのも何だけど…かなり良い線いってたと思う。


簡単にできる野菜の副菜なんかも、メモまで取ってレシピにしようと思って準備してたのに…悲しいかな、レシピのメモだけが残り…写真データーは消えて無くなった…。


この所、オットの父の悪行のせいで精神的にもかなり参っていて、ヘロヘロ…。何とか頑張って作ったゴハンばかりだったのに…。

私の努力はオットの愚行のせいで2秒で水の泡…。


思い込みで勝手に人の写真データを消去しないで欲しい…。
きちんとデータが格納されている確認もせずにデータを消去しないでくれよ。
ってか、ちゃんと人の話を聞いてれば、データの消去は有り得ないんだよ。
はー、へー、ほーと適当に聞き流してるから(オット親子のいやらしい特技…聞き流し…)

きぃーーーーーーannoy



と、いきり立ってみても消されたデータは元に戻りまへん・・・。


大暴れしたい衝動。
でもねぇ、暴れてみてもデータが戻る訳じゃないし…。(昨日ぷち暴れはしたけど…笑)
小まめにデータをPCに落とさなかった自分が悪いのだ。
まあ、今までだって自分の体調や気持ちの都合でUPしなかったデータは沢山有るのだし…。

事故だと思って諦めるしかないのだ。


今日の写真は消去されたデータだけど、タイムリーにmixiにUPしておいた物を拾ってきた…。

Photo             <あっさり鶏だしの自家製ラーメン>

Photo_2                   <とろとろの大根万能タレ>


この消去されたデータの中には、もちろんインドネシアンも含まれてて…自分としてはかなり納得いっていただけに、残念っ!!


うっと思い出しては、いかん、いかん…「短気は損気」とブツブツつぶやいている私なのだった。
(ホントは怒り爆発させたいんだけどねーーーーー。この頃オットの愚行には目に余る物があるんで…。はい、目に余るんです。このまま行くと近いうちに堪忍袋は破裂間違いなし)


ま、また頑張りますわ。
新しいレシピについては、メモもあるし…私の頭の中の記憶はまだ消去されてないから…。


ってか、もっとタイムリーに更新しろよって神様のおぼし召しなのかもね(苦笑)。

Ayo, semangat


そう言うわけで…すっごい昔の過去写真掘り起こしになる可能性大…。
!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

一度作るととっても便利なピリ辛挽き肉味噌

Cimg3594             <作り置きの具材や調味料などで簡単晩ゴハン>

あー昨日から天気悪かったけど、やっと陽が差してきた。
やっぱり、陽が差すと気持ちがすこしほっこりするもんだね。

精神的に参ってる状態の時は、すこしでもお日様の陽を浴びた方が良いって…いうの本当かもしれない…。

昨日も一昨日も買い物に行ってないので、少し陽の光のパワーをもらいつつ買い物に行かなくちゃ…。(野菜が乏しくなってきたって理由もある)

さて、本日も11月中の食卓より。

献立は…

・クロックド・オアゲ(これは失敗の巻)
・焼きネギのピリ辛挽き肉のせ
・茹で青梗菜の自家製なめ茸のせ
・まぐろの唐揚げ(サンバル添え)
・茄子の中華煮
・水菜ベースの野菜サラダ(またか!!)

Cimg3597_2          <焼きネギのピリ辛挽き肉味噌のせ>

挽き肉味噌は・・・前日の作り置き。
ヒマなときに作っておくと便利なのだ。

挽き肉は豚挽き肉。
みじん切りの白ネギ、にんにく、生姜、鷹の爪、味噌、酒、砂糖が材料。
(みりん切らしました…汗)

挽き肉と、材料を軽く炒めたら、酒と味噌、砂糖、水少々入れて煮詰めていく。
甘さの好みは砂糖でどうぞ。
家は甘め好きのオットの為に甘めに作ってある。


今回は焼いた白ネギの上に載せたけれど…茹でたじゃがいもなんてのも良し、焼いた茄子の上でも…。

Cimg3599               <茹で青梗菜の自家製なめ茸のせ>

自家製なめ茸…作っておくと便利なもの、その2。

ざく切りのえのきは一度あらってざるにあけ、テフロンの鍋でお酒のみで炒りつけると、粘りけが出てくるのでそこへ醤油(我が家は自家製昆布醤油)、みりんで味をつける…。
保存容器で1週間位はもつので、こうして簡単に一品作るのに活用。

無論、そのままon the ライスもおっけー。
なめ茸に刻んだ生姜など混ぜるとなおおっけーーー。

                            


Cimg3596          <クロックド・オアゲ(これは失敗の巻)>

クロックド・オアゲ…我が家のヘンテコおつまみなのだが…本来目指す姿はコレ

油抜きしたおあげの中に、ハムとチーズをいこんで、ポン酢、みりんで味をつける…という一見簡単そうでつまらない手間の掛かるつまみ。

詰め込んでる最中でおあげに穴が空き、仕方ないので全部の材料をみりんで煮てしまった。(前日、みりんを切らしていることが判明し、慌てて買ってきた…みりん。ははは…)

勿論、味は同じだけど…見た目が無惨…。

Cimg3598              <まぐろの落としで唐揚げ(サンバルを添えて)>

冷凍解凍してしまったので、仕方なく…(笑)。

唐揚げ粉はインドネシアのピリ辛よ。

この手の揚げ物、カラリと揚げるのは実は得意だったりする…。



そして、せっかくピリ辛挽き肉味噌が沢山有るので、翌朝のお弁当にも活用。





Cimg3602                    <お弁当のピリ辛そぼろ丼>

卵を炒って乗せればより豪華だけど…オットの弁当に卵1個使っちゃうと、私はずっと食べられなくなるので…。

真ん中の白色は…シロ舞茸の酒炒り・・・と、ほうれん草のごま和えで。

Cimg3603   

別の小さめの器に、蒸し野菜のサラダとか、野菜関係をどっさり。
比較的ヘルシ-??



さてと、買い物に出てきますか・・・。
うーん、本当はあまり買い物に行きたくはないんだよねぇ…。
買い物無し3日、4日とか耐えられると、何となく良い気分…にならない??
我が家の場合、毎日どっさり野菜を使うので…4日はちょいと無理があるんだけど…。

本当は、冷蔵庫が単なる冷えた箱になるまで頑張りたいんだけど…。
無理かーーー。
ビールだけは絶対冷やしておきたいモンね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

みず菜ベースの色々野菜サラダ焼きエリンギのっけ

Cimg3477                          <簡単な物ばっかり並んでる…晩ゴハン風景>

あいかわらず、11月の食卓(比較的マシなヤツ)をUPとなる。

生野菜バリバリ食べたくて、みずなベースの色々野菜サラダが一番のヒット作だった日の食卓風景。

献立は

・茄子と豚肉のサンバル煮
・エリンギと舞茸と豚肉のポン酢さっと煮
・色々野菜サラダ焼きエリンギのっけ
・小松菜おひたし
・ポテトサラダ
・蕪の塩もみ

Cimg3472          <水菜ベースの色々野菜サラダ焼きエリンギのっけ>

無性に生野菜が食べたくなって…野菜サラダ。
ドレッシングは、オイル、だし醤油、すだち、黒胡椒で自作。

水菜、青ネギ、大根、人参、きゅうりに塩をちょっとふったエリンギを魚焼きであいた後裂いてのっけた。

焼いたエリンギなかなかいける。

悲しいかな、この日の一番はこの野菜サラダだった。



Cimg3467               <自家製サンバルで茄子と豚肉煮>

サンバルで豚肉縦に細く切った茄子を炒め、チキンスープの素、水でさっと煮込んだ物。
サンバルトラシが良い味を出してくれる。

これは、インドネシア料理の範疇なのか? 自分でも疑問。




Cimg3466               <エリンギ、舞茸、豚肉のポン酢さっと煮>

またしても、豚肉。

ポン酢って、既に出汁を含んでいるからさっと煮たりするのに結構良いのだ。
甘めが好きなオットの為に、少々みりんも使用。


弁当のおかずにも良し。


 

  Cimg3470                   <簡単に蕪の塩もみ>

肉肉、と重ねたのでさっぱりした物も。
塩もみしてさっと洗ってしぼり、刻み昆布、ゆずの皮を散らす。





昨日は天気も良く、気持ちの良い一日だったみたいね?
…だったみたいね?って、実は昨日はほとんど浜に打ち上げられたトドのように寝ていた。調子悪かった…。

胃が痛くて、ムカムカ…。
お天気とは逆にさえない一日だった。
ま、おかげで寝床で沢山本は読めたけれど…。

今日は天気は良くないし、寒いけれど、安定剤を服薬して寝たせいで少しはマシ。
真面目に、専門医の診察を受けた方が良いのかもしれない。
と、思いつつ…まだ踏ん切りがついてない…。


心配事は当分解消しそうにないし…。
元気でないなーーーーー。


Kadangkadang tuhan kasih percobaan ke kami. Entah kenapa tuhan kasi percobaan ?
Saya harus tahu apa?  Harus berajar apa? cuman saya tahu ini saja. Kalau saya  bisa atasi percobaan ini saya akan mengambil hikmah baru...


寒いし、外出して病院に行くより家の中で勉強でもしよう…。

今週はインドネシア語のトレーニングサボっちゃったし…。そう言う事が積み重なると自分に良くないからね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

鯖の竜田揚げとじゃがいものミルク白味噌煮

Cimg3441                            <11月の食卓だけど、堪忍なーーーーの晩ゴハン風景>

本当なら今頃雨季のバリに居るはずだったんだけどな・・・。
体調不良により断念したけれど、気持ちだけはバリ…ということで、ブログのタイトルバナーをバリっぽい画像に変えてみた…。

何か良い画像はないかな?と思い、過去バリでオットと自分がスケッチした物も掘り起こし…。コレに飽きてしまったら自作のスケッチのバナーも作れる…。
二人とも下手だけど絵も好きなのである。

またしてもサボっていたので12月初めての更新は…
こんな雨の日にちょっと嬉しい、ほっこりした料理を。

献立は

・鯖の竜田揚げ
・じゃがいものミルク白味噌煮
・水菜ベースの野菜サラダ
・春菊の白和え
・ほうれん草と豚肉のピリ辛ポン酢和え
・ほぐし鮭とオクラのおろし和え
・レディ大根の甘酢漬け




Cimg3444                <鯖の竜田揚げ>

鯖が安かったとき購入した物を冷凍しておいた。
冷凍する際に、既ににんにくと生姜を合わせておいたので、お酒と醤油少々使って解凍したときには、竜田揚げの下準備はOKの楽チン調理。

醤油…多く使うと焦げやすいので、お気持ち程度にした・・・けどこの色だ。


Cimg3426                  <じゃがいものミルク味噌煮>

水を使わず、ミルクでじゃがいもとたまねぎを煮る…。
じゃがいもが柔くなってきたところで白味噌を入れるだけなのだが・・・。
うまいよ。

最後にチーズを載せてレンチンして食卓へ。
味噌煮…というよりは味噌風味グラタン??



 Cimg3436              <お野菜盆セットに仕立てた…恒例だね>


ほぐした鮭と茹でて薄く切ったオクラにおろし大根を合わせると、ねっとりおろし大根になる。これ、白飯の友…すなわち酒のあてにもよろしいのだ。



ほうれん草は湯がいて冷水にひたした後、固く絞って1センチくらいに切る。
ポン酢醤油に唐辛子、みりん少々で細かく切った豚肉をさっと煮て、切ったほうれん草と和える。


春菊白和えは…当たりバチなど使わないでざっくりと作ってある。
あまり大きな声で言わない方が良いかな?

絹豆腐一番小さいパックをそれも半分にごまペースト、炒りゴマ、白味噌、砂糖をボールでざっくり混ぜておいて、茹でて固く絞った春菊を和えるだけ…。味が足りないときは少し白だしを足す…。

白和えの素…なんてのも市販されてるようだけど、こんなに簡単ならそんな物要らんよね。

ちゃんとごまをあたり鉢ですって…ってのは香りが捨てがたいし、こんなずぼらな私でも作るときは作るけど…この頃なんでもたいぎ-なんである。

またまたサボって12月初めての更新が本日というていたらく。
体調不良というより、精神的にきてるから…。
我が家が遭遇している災い事のせい。
これ以上悪い方へは行かないと思うけれど、好転の兆しも無し。
どちらかというと、年の瀬を迎え追い詰められている、と言った方が正しい。

早く精神的な安寧だけでも手に入れたい…が、この先、いやずっと先になる事だけは確定的。

精神的に参っている場合、原因となるストレッサーを排除、というのが一番望ましいのは誰でも知るところ。
しかしながら排除は出来ないのである。
排除ではなく、「無い物と見なす」位しかない、今のところ。

この見なし…は忘れたころに、「原因はここにあり」と言う現象が現れるので、はっきり言って綱渡りで、時々ひどく自分を落ち込ませることにもなるが、仕方が無いのだ。
時々、ひどく落ち込んだり荒れ狂ったりするかもしれないが…おおめにみて…下さると…。



ところで、「ていたらく」って「低鱈苦」だと思ってたのはわたしだけだよね?
(けっして、私はヤンキーではないけど、なぜだかこういう字で覚えてた・・・大汗)
辞書で引いたら 「体たらく」だった・・・。
英語の使い方だと、I found myself in a miserable state. (何と言うていたらくだ)とか言うらしい…。 インドネシア語だと…???
Saya sudah sadar situasi sendiri yang sangat parah....(私は自分の状況が非常にひどいと言うことを自覚した)ってところ?

インドネシア語堪能な方、誰か良い言い回しを知ってたら教えてーーーー。
夜露四苦…(だから、元ヤンじゃないんだから…sweat01)よろしくーーーー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »