« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月17日 (火)

「とろとろ大根の万能ダレ」の作り方

Photo
今更の感有りだが、自分の防備録として「とろとろ大根の万能ダレ」の作り方を。

材料
・大根1/4本
・白ネギ1/4本
・刻み昆布
・なめこ1袋
・一味唐辛子
・醤油
・みりん
・お酢少々

作り方

大根と白ネギはみじん切りにしておく。
なめこはさっと茹でて冷ましたらこれも細かく切って大根白ネギと合わせてボールへ。

上記材料に醤油、みりん(2:1くらいの割合で)材料より少し少なめくらいに注ぎ、刻み昆布を混ぜ込み、お好みで酢・一味唐辛子を混ぜて良くかき混ぜて冷蔵庫で寝かして30分で出来上がり。

お酢と一味唐辛子はお好みで。

このタレは…市販されている物を再現した物だけれど、温めたお豆腐にかけて良し。冷や奴も然り。 焼き肉の薬味に良し。 熱々ご飯にかけても良し…となかなか万能選手なのだった。

焼き肉丼のトッピングにしたら…オットは大絶賛だった。
残念ながら、オットが写真データーを吹っ飛ばしてくれたので写真は無いんだけど…(涙)。

焼き肉丼に…のヒントは…実は広島のブログ友達・へろーめさんのアイディアを頂きました。
☆関連記事はこちらへ

へろーめさんの記事中の「ねぎからし」も一度試してみたい一品。
へろーめさん、いつもアイディアありがとうございます~。

この手のタレは一度作っておくと色々応用が利いて便利♪
(※実験的にどれくらい保つか…少量ビンに取り分けて試してみたところ2週間以上異常なし…。)

良かったら一度お試しを~!!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ちょっとコッテリ…レンコン入りポークハンバーグ(昨年のデータより)

Cimg3646
昨日UPの記事…美味しかったとは言え、あまりにもあからさまに手抜きが見え見えだったかなーーーーと思い本日は昨年の写真データを掘り起こし…。

珍しく洋食系&お得意の邪道コース(笑)。

献立は…

・レンコンとキャベツ入りのポークハンバーグ
・付け合わせとして、じゃがいものミルク煮
・ベビーリーフサラダ
・水菜のお浸し
・揚げ野菜のポン酢マリネ
・クリームチーズの鮭ネギ和え(おつまみ)





Cimg3647         <レンコンとキャベツ入りのポークハンバーグ>

何が邪道か?と言うと…このポークハンバーグがかなりの邪道なのだ。
まるっとしたこのハンバーグにはつなぎの卵が入っていない。

たまねぎの他に、刻んだレンコンとしなびて瀕死のキャベツをたっぷり刻んで入れてある。

じゃ、つなぎは?
へへへ、お得意の片栗粉とお酒なのである。

つなぎがないので焼く時に崩れやいのが難点と言えば難点だが、注意して焼き…ある程度形が固まってきたら、ソース、ケチャップ、醤油少々のソースで軽く煮込む。

なぜ卵を使わないか?
それは…お弁当に卵1個使うとどうしても晩ゴハンには使えないから…という中年らしい理由だったりする・・・。

ちょっとこってりメニューだけれど、卵問題よりこってりはどうする?って突っ込みも有るんだけどね。


Cimg3635
付け合わせは、ちょっと甘みのあるじゃがいものミルク煮。

水は使いません。低脂肪乳と無添加コンソメだけでじゃがいもとたまねぎをコトコト煮込んで、ちょっとだけコンデンスミルクで甘みをプラス。

これはじゃがいもベースのグラタンにも応用出来ます。


Cimg3640
揚げ野菜…と書いたけれど、正確に言えば…揚げ焼きですな。
特に油を吸いやすい茄子は少量の油をまぶしてレンチン☆の後、フライパンで焼き色を付け、同じくかぼちゃも少量の油でフライパンで火を入れる…。

なんせ、メインのポークハンバーグが安い挽き肉使って脂たっぷりだから、せめてこの辺りでオイルカットを…と。

マリネ液は簡単にポン酢醤油に少々お酢をプラスしただけで作ったけれど、甘酢を作っても良し…もっと簡単にしたければノンオイル・青じそドレッシングも有り。




Cimg3649
これは、私の好物…。
クリームチーズにほぐし鮭ときざみネギを混ぜたワイン向けおつまみ。


Cimg3634
ベビーリーフのサラダはトッピングになぜかポテトチップス…。
邪道だけど意外とイケルのよ。

そして、他にはいつものように水菜でお浸しを…。




おいしいごはんを…と思いながら、きのうUPの食卓のように明らかに手抜きの食卓もあり、こんなごはんを作る日も有り…。
ブログを書いているせいで自分の所業がよく見える…(大汗)。

2006年4月にブログをはじめた頃には、もうちょっと活力が有って、仕事帰りが遅くなっても活力があって色々愉しみながら料理していたかも…。
それがこの頃仕事もしていないのに、料理が億劫だったり、せっかく作ってもおいしく感じられなかったり…。
加齢のせいなのか?はたまた精神的に追い詰められた状況が1年以上も続いているせいなのか? すっきりしないのだ。うーーーーむ。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

地味~だけど、こう言うのがホッとするんだよね…

Cimg7283                 <地味な食卓風景>

正月に食べ過ぎ…ってのは良くあるけれど、我が家は食べ過ぎではなく…完璧に「飲み過ぎ」だった…。
合い言葉は…「お正月だし、ま、いいか~♪ ビールビール♪」ってな感じ。

ちょいとお疲れ気味だったこの日は地味なおかずを並べてやっぱりビールだった…。

献立は…

・塩鮭
・残り物の伊達巻きとチーズ、蒲鉾と数の子わさび
・じゃがいもとたまねぎの甘辛炊き
・白菜のゆず浸し
・ゆず大根
・蕪の葉と実のお浸し
・トマトきゅうりのオニオンサラダ


Cimg7265             <じゃがいもとたまねぎの甘辛炊き>

たまねぎはたっぷり櫛形に切って置いてオイルで食ったりするまで炒めたら、じゃがいもも一緒に炒め合わせて、自家製昆布醤油、みりん、水(少なめ)でコトコトやるだけ~。

こういうおかずってなんかホッとする・・・。


Cimg7267
昨年から引き続いて、マイブームの塩鮭。

Cimg7271                 <蕪の葉と実のお浸し>

以前にも書いたけれど、蕪の実の方は薄切りにしておいて白だしにつけ込み、茹でて固く絞って切った葉と混ぜ合わせるだけ。


Cimg7269

Cimg7270
白菜のゆず浸し。

白菜はさっと茹でてざるに上げておき、水気を切ったらざく切りに。
希釈白だしにゆず皮を刻んでトッピング。

Cimg7279

相変わらず、野菜のおかずはお盆セットに…。


とっても地味ぃーーーーーな晩ゴハンだったけど…実はこう言うのが一番ホッとするのだ。

ブログに載せるほどのモンじゃないとは思うんだけど…じゃがいもの甘辛炊きが美味しかったので、載せちまった…ははは。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

正月残り物整理の食卓

Cimg7241             <正月の残りであることがよく判る食卓風景>

昨日UPした新年会よりも前の食卓風景である。
前後してまでUPするような食卓でもないのだが、最近肉団子と野菜の煮物が結構マイブーム…しかもこの日は鶏の胸挽き肉を使ったにもかかわらず、しっとりと出来上がったので気分が良かったので…。

献立は
・正月っぽいおつまみワンプレート
・いかと海老のスイートチリソースサラダ
・白菜のアンチョビ和え
・ゆず大根
・鶏肉団子と野菜の炊いたの
・小松菜とちくわのわさび風味お浸し
・正月の煮しめの残り

Cimg7236          <鶏肉団子と野菜の炊いたの>

鶏はむね挽き肉を使用。
挽き肉には白だしと砂糖・酒・たっぷりの片栗粉を入れ下味をつけつつ、かなりゆっくりと練ってみた。

今までは片栗粉の量が足りなかったのかもしれないし、練りが足りなかったのかもしれない…。きちんと原因が判明していないのだが、これは歯ごたえと良い口当たりと良い、よっしゃーーーーと言う出来だった。

昆布の出汁に酒醤油みりんの煮汁を煮立てたところへ、団子をポトンポトンと落とし、あらかじめレンチンで少し柔らかくした大根と人参を入れてコトコト…。

こういうしみじみしたおかずが嬉しいのである。



Cimg7238           <小松菜と刻んだちくわのわさび風味お浸し>

お浸しの出汁は白だし希釈に、わさびを溶いておく。少々みりんも使用。

お浸しもいつも同じじゃ芸がないしねーーーー。



Cimg7234             <正月の残りでワンプレート仕立てのおつまみ>
取り立てて書くこともないのだが…
きゅうりは酒少々に塩を混ぜた物につけ込んだ即席漬け。
その上に、以前作った大根となめこの万能ダレをかけて出来上がり。

きゅうり…焼酎漬けでも旨そうだなぁ。

Cimg7231         <白菜のアンチョビオイル和え>

ほんのチョーーーーっとだけ残ってたアンチョビとオイルを使っての一品。

白菜は良く洗ってざく切りにしてレンチン☆野菜蒸し器で1分ほど蒸してしんなりさせたところへ刻んだアンチョビとオイルに醤油・レモン汁を混ぜた物と一緒に和えるだけ。

アクセントに刻んだパセリを。

意外と旨いんだよね…。
アンチョビも…物によってものすごく塩辛いのがあるけれど、最近比較的マイルドなアンチョビを発見したのでそれを使用。

レオナルド生アンチョビサンフラワーオイル漬け…とか言う名前。
今ちょっと気に入っているのだ…。




昨夜いつもはビールだけのところ、少し白ワインなぞプラスしてしまったら…墜落睡眠でリビングの床でそのまま寝てしまった(らしい)。本人に確たる記憶無し…。
夜中にオットが起こしに来たけれど、動く気にもなれず…そのままリビングでウトウト…。
明け方布団に入ったら気持ち良くて、更に爆睡で、お弁当が作れなかった…。
いかんなぁ…こんな事では…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

BS新年会@我が家

Cimg7339

先週の日曜日…我がBapangSariの東チーム新年会を我が家にて開催。
少々遠い方もわざわざいらして頂いて誠にありがとうございました。

最初の写真は宴会開始前…。
皆様から1品お持ちより頂いた料理と、私の拙・なんちゃってインドネシア料理…。

これだけ並ぶと圧巻~♪

取り逃した写真もあるんだけど…内容を少々ご紹介。

Cimg7349                <手作りオードブルの詰め合わせ>

力作ですね~。
私、逆立ちしてもこんなにキレイな料理作れない…(ρ_;)
しかも、色んな味が楽しめる仕組みになっていて…相当手間暇をかけて頂いたと思います。
とうちゃん・・・今度色々教えて下されーーーー。


Cimg7326         <手羽先のエスニックグリルとじゃがいものヤムウンセン風>

S子さんお手製の手羽先グリルとヤムウンセン風サラダ…。
しみじみ旨かった!

サラダのパクチーがこれまた何とも、たまらないーーー。


Cimg7342_2
Cimg7331
ゴメンナサイ。
お料理の名前がわからないのですが…南米料理。

上の一品はクリーミーなのにちょっとスパイシ-。
そして下の写真のお料理は…魚貝の旨味たっぷりの秀逸な一品。

南米もやっぱりスパイシーなのね。
私としては覚えておきたい料理の一つになりましたわ♪
マジでちょっと勉強したい!!Kyonちゃん色々教えてね~。

Cimg7347               <湯葉とお野菜の和風サラダ>

一度食べてみたかったんです…これ。

良い湯葉が手には入ったら是非チャレンジしたいわ。
Bちゃんありがとうーーーー。

そして、下に並べたのが私のなんちゃってインドネシア料理…。

Cimg7333        <ナンカ(ジャックフルーツ)とアヤム(鶏肉)のバリ風>

バリ風の黄色いブンブ(調味香辛料)で鶏肉とジャックフルーツを煮込んだ物。

Cimg7343              <じゃがいも入りルンダン>

ルンダンは大分手慣れたメニューになってきたかな??
ブンブ(調味香辛料)から全部で作りでありやす。


Cimg7330              <サンバルゴレン・ウダン&プテ>

プテ(臭い豆)入りは初めての方もいらしたけれど…はまるとやめられなくなるんです。
この臭い豆。

上野では常時手に入るようになったのが我が家としては嬉しい限り。

自家製のサンバルにトマト、コブミカンの葉とプテをじっくり炒めて少量の水で煮込み、サンタン(ココナツミルク)でコクをつけた一品。


Cimg7334         <テロール・バラド>

ゆで卵を揚げて、バラドソースで煮込んだ一品だが、我が家流はカロリーオフのためゆで卵はじっくり炒めて焼き色を付けるだけなの・・・。ホントは邪道と知りつつ…。

Cimg7345                   <ムール貝のスパイス煮>

カテゴリーとしてはジャワ風の料理になるのかな?
以前、バリのH師匠宅で頂いたサテ・クラン(貝の串焼き)のブンブがベースになってるけど、サテに仕立てる時間がなかったので、どんと盛ってみた。

これ、作り置きにしてちょっとしたつまみになるんだよね。

Cimg7352           <牛すじの八丁味噌煮込み>

ちょっと、乳臭かった…。失敗なり。

Cimg7357

そして、スゥイーツは…卵の殻に収まったプリン。
先輩の踊り手…T子さんが持ってきてて下さったもの。
とっても上品なお味で美味しゅうございました。


他にも、R子さんお手製のキーマカレー(スミマセン、写真がピンぼけ…使用出来ず)、ナン…等、盛り沢山のお料理にお酒も珍しいものが沢山!!
新年早々、美味しくて、楽しくて…。

インドネシアンに白飯は必須…とおもって4合飯炊いたけど…結局そこまで到達出来ず…。
満腹&幸せーーーーを満喫して宴はお開きに。




広島在住時代も広島メンバーで折々集まって食べて飲んでワイワイ♪…とやってきたけれど、広島の時は比較的皆さん集まりやすい立地だったのね。
しかし、現在川崎の我が家は小田急線からバス便…(乗車4分位なんだけど…アップダウンの激しいところなのね)。そんなところにお集まり頂いたのが良かったのか悪かったのか? お集まり頂いた皆様遠いところ申し訳ありませんでした。


普段オットと二人だけの生活なので色んな物を沢山作る・・・ってのが出来ないので、何となく自分のストレス発散??(笑)。
上野への買い出し、仕込みから実食まで本当に愉しませて頂いちゃった…。

よろしかったらこれに懲りず…またいらして頂ければーーーと思っておりまする。
とりあえず、12,3人はOKと今回判ったので~(笑)。









| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

本年もよろしくお願い致します!

Cimg7193
新年明けましておめでとうございます。(1/6にもなって…今更遅いっ!)

昨年は、気まぐれな更新にもかかわらずお付き合いを頂きまして、本当にありがとうございました。
今年も多分マイペースの更新になるとは思いますが、お付き合いの程、よろしくお願い致します。


今年の正月は夫婦二人だけで、質素にむかえました。
お陰様でのんびり…。
トップの写真は、武州・琴平神社へ初詣したときのもの。
鳥居をくぐった後、本殿へお詣りするまえに、丸く編まれたしめ縄をくぐっていきます。
こんなのはじめて…なんかいわれがあるんかな?

一昨年から義父が起こしてきた問題が更に悪化し、まったくもって落ち着かない日々を過ごしている状況ですが、今年こそは…落ち着いた生活にしたいと心から思います。

おせちも最低限だけ。
おとそのお酒だけはちょっと奮発したけど…(笑)。


Cimg7164
今年のおせち…。
まったくもって地味…だけど、しみじみ美味しかったかも…。

Cimg7171
お雑煮は14年ぶりに醤油仕立ての関東風。
(オットの実家は白味噌、丸餅…)

Cimg7168
ちょっと奮発した「獺祭」をおとそに。

(近所の酒屋さんに獺祭を置いて有ることは知って居たのですが、なんか年末にここの酒造会社の社長さんがテレビに出たことで、急に有名になり品薄状態が続いているとか…。)

梨の香りがするようなフルーティなお酒。
普段はあまり日本酒飲まない私だけれど、獺祭だけは別(笑)。
おいしかった~!!


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


正月の料理を作るといつも思い出すのは義父の憎々しい言葉。
(いつも帰省すると、大掃除から始めておせちを作り終わるのはいつも、元日の2時、3時…ヘトヘトになるまで頑張ってみてたんだけどね。)

「頑張って作ったところでおせちなんて、たいして美味しいもんでないな」…「作ってしまった物は終いをつけな、あかんやろ」…。

確かに「おごちそう」ではないけれど、やっぱり年の初めにおせちを頂く…ってのはそれなりに意味のあることで有るはず(と私は思っているから、そう言われても作り続けていた)。

今年のおせちは本当に最小限で質素、重箱にも詰めなかったけれど…それなりに満足。
だって、嫌みも言われず、「地味だけど、美味しいね」って言ってもらえたしね…(笑)。

毎年のように↑の台詞を言われてたら、作る方としてはゲンナリだけど、多少お世辞が混じっていたにせよ、「おいしい」って言葉を聞くことが出来れば、嬉しいし、気分が良いのは当たり前だよね…。


最低限の地味おせちの他には、作り置きなどはあまりせず、余った材料で色々イタズラをしてみたり…。

それが、↓コレ。


Cimg7196      
海老(正月用の海老の残りで)のスパイス焼き。
黄色いブンブに半日つけ込んでグリルで焼いて、ブンブはは炒めてソースとして乗せてみた…。
旨かった~。ビールのあてだよね。 (白飯にもイケマス♪)


そして・・・

Cimg7178
鶏もも肉の酒蒸しには、にんにくとネギ、レモングラスを使って…。
ソースはマンゴーチリソースで。
(盛りつけが無惨だけど…汗)

普通に鍋で酒蒸しを作る要領だけど、レモングラスを使ってることで口に含むとちょいとエスニックな香りがふわ~んと香る仕組み。
これも思いつきだけど、かなりイケた(^o^)v



ことしは沢山の「おいしい」を聞くことが出来るように、頑張ります~!


Ibucium

PS・正月早々義父の件、毒を吐いてしまったけれど(笑)、今年は我慢より解放と許可…かな?等と思ってます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »