« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

良いお年を~!!

P1050086
今年最後の画像は・・・残り物ナシチャンプル。

P1050090
残り物をチルドにしておいて、温めなおして休日のランチに。
インドネシアンはやはり白飯の友。
ナシチャンプルにして頂くのが王道ですな。



あああ、あっという間に2013年も大晦日。
今年はブログ再開したものの、たいした事してないなぁ・・・と改めて思いました。
変な話だけど、なんだか毎年大晦日はそんな風に思っているかも。

私は一体何がしたいんだ?
たいした事したいのかな?たいした事って一体何?

食べる事って、当たり前のことなんだけど、シンプルなことなんだけど・・・すごく大事な事だと思う。これは、自分にとってはいつまでも変わらないこと。
どう食べる?何を食べる?私はどうしたい?
色々ぐるぐる考えても、ちゃんとした答えは出そうにありません(笑)。


ただ、自分としては大事にしていきたいな、これからも。
料理、食べる事・・・そして、もっと楽しんでいきたいデスね。

コレは普段の生活も同じ事が言える。
仕事も勉強も主婦としての生活も・・・もっと楽しんでいきたいーーーー。


2014年も、こんな拙いワタクシですが・・・よろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎え下さい~。

Ibucium 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

外ゴハンイロイロ・・・

12月はイロイロと外でゴハンも食べてみました。
わが家にしては珍しいかも。
一応記録としてUPしておこうかな。

まずは、レストラン・スラバヤ港北にて
P1070819                テンペのガーリック揚げ

P1070820                  ツナサンバルマタ
これは、アイディア、頂きのひと品でした。

P1070822                  サテ・アヤム

クビャールを教わっている師匠と踊り手Mさんがスラバヤ港北に出演するって事で、久し振りにスラバヤで食べてみることにした、12月のとある土曜日。

写真撮り忘れたけど、ミーフンゴレンが結構美味しかった。
インドネシアンはやっぱり油を大胆に使うのが美味しいのかな?等と考えながら帰宅。
しかし、ちょっともたれたかも。
そして、サンバルが辛くない・・・><;
一般的な日本人に合わせた味という感じなんでしょうかね。

P1070864
P1070871
おまけのショット。
ジョゲに誘われ踊るオットと皆様との記念撮影。
Mさんのトゥア・サンタ・・・なかなかヨカッタです。
ジョゲはもうちょっと工夫が必要かも・・・ですぞ。
(自分も時々ジョゲは踊るので・・・自分にも言い聞かせております^^;)

お次は・・・国立に新しくできたインドネシア料理店・PuriSyang。
Img_0766                 ソト・アヤム

Img_0767                      ナシ・チャンプル

Y師匠、Oちゃんと共に。
Oちゃんの自宅近くに最近オープンしたインドネシア料理店のナシ・チャンプル。
とても盛りがよいナシ・チャンプルで私には完食は無理でした。
全てがおとなしめの味。
聞けば、シェフはジャワ人らしいけれど、日本人向けにマイルドにし過ぎ?
全体にパンチに欠ける感じ。
何が足りないか?と言われれば「よくわからない」のだけれど。
ちょっと違う・・・感じ。


お次は・・・居酒屋ふぅ(わが家の最寄り駅から3分の居酒屋)
小林賢太郎さんの舞台を観に行った帰りに、オットと久し振りに一杯やりに行きました。

Img_0761
Img_0764
写真が暗い。

突き出し、サラダ(ハーフサイズ)、刺し盛り、オムレツ・・・この4品だけで満腹。
ものすごく盛りが良い店でした。
味もかなりGoo!!
写真2枚目のしらす納豆オムレツ・・・絶品でしたわ。
ひと皿の盛りがかなりよいので大人数で行くと色々な料理が楽しめる感じ。
良い店に巡り会いました。


12月は外ゴハンでインドネシアンを2回・・・。
ある意味勉強になったというか・・・。
私が食べたい味はやはり、現地のワルン・レセハンの味・・・。
自分で再現していくのが一番近道かもしれませんね~。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

作り置きブンブでインドネシアン♪

P1050050
せっかくブンブ(調味香辛料)を作った記事をUPしたので、後日それらを使って作ったインドネシア料理もUPします。
本当はその時に作ったブンブで作った方が美味しいのはわかっているけれど、不慣れな日本人の私がブンブから作り始めると、とんでも無いことになるのは明白。

ナンチャッテのインドネシアンですから、それも可と、自分に甘く許してます。
この日は
・ルンダンアヤム(鶏肉のルンダン)
・サンバルゴレンウダン・プテ入り
・大根の間引き菜とツナのラワール擬き
・チャ・カンクン(空心菜の炒め物)
・サンバル・イカントゥリカチャン
・テンペバッチャムゴレン
・鶏の皮の揚げ物
・さっぱりゆず皮サラダ

あうーーー、作りすぎだな・・・(笑)。
普通に白飯とあわせてナシ・チャンプルにするのであれば5~6人食べられるかも~。
(当然、大分残ったけれどチルドで保存しました。)

P1050034ルンダン・アヤム

本来なら牛で作るルンダンを鶏モモ肉とじゃがいもで。
辛ウマ~。
お陰様でルンダンはわが家の定番メニューになりましたよ。

P1050037
サンバルゴレンウダン・プテ

わが家のなんちゃってサンバルにトマトを更に足して・・・。
プテ(ネジレフサマメ)も、わが家にとっては普通の食材になりつつ有る。
クセのある臭さだけれど、美味しいんだよ。

P1050041
大根の間引き菜とつなのラワール擬き

これだけでご飯1杯は軽くイケル飯の友。
ツナと大根の間引き菜を使っているけれど、作り方はわが家のラワールとほぼ同じ。

P1050046
チャ・カンクン

空心菜の炒め物。
中華でもあるでしょうけど・・・トラシ(海老の発酵調味料)を効かせるのがインドネシアン。
もちろん、トラシ使用です。

P1050042
テンペ・バッチャムゴレンと鶏皮の揚げ物

やっぱり、揚げ物が無くっちゃね・・・。
テンペ・バッチャムゴレン、残りブンブでチャッチャと仕込んだけど、正解でした。

P1050059
さっぱりゆず皮サラダ

インドネシアンだけだとどうしても油っこい料理になってしまうので・・・箸休め的にさっぱりとゆず皮を刻んだサラダを・・・。
これはポン酢で頂きました。

久し振りのインドネシアンにオットもかなり満足していた様子。
私としても、インドネシアンが調理できるほどに、調子が良くなったということで・・・。

ホント、インドネシアンを作ろうと思うと気力がいるんですよねぇ。
大好きなんだけど・・・調子を崩してからはあまり作ってなかったなーーーー。
ま、ちょっと不満があるとすれば・・・かなり定番化したメニューになりつつ有ること。
(=マンネリ?)
せっかくインドネシア語が読めるのだから、新しいメニューにも挑戦したいなぁ。
時々勉強のためにみてるインドネシアのワイドショー番組でも色々料理の特集があったりするし、チャンスはあるのだから・・・。

って、今まではそれどころじゃ無かったんだっけ!(苦笑)
欲張りすぎると、また疲れちゃって元の木阿弥・・・。
ちょっと調子良くなると、強欲な(!)私はまた突っ走ってばったり倒れるから、気をつけないとねーーー。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

調子の良い日ばかりじゃない・・・のが辛いところ

以前ベビーシッター兼家政婦さんとしてお世話になっていたS先生の薦めで軽い抗うつ剤を飲み始めて・・・調子は上がってきているものの・・・ちょっと波はまだ有ってダメダメな日も実はある。

コレを書いている今日は、まさにダメダメな日といえる。
朝から頭痛・・・身体が重い。

今日はお仕事は休み、稽古も無し・・・。
土日はガムランの練習でほとんど家の事ができないので、頑張って色々やろうと昨晩は思っていたけど、目覚めた瞬間、頭痛。胃も重苦しい。

最低限猫の世話と洗濯(猫様に布団の上で吐かれちゃったので、掛け布団を洗う羽目に・・・)
くらいで、後はグダグダ・・・。

ああしたい、こうしたい・・・と思うけど、身体がついていかない。
かなり自己嫌悪。

何も出来ないダメな自分にばかりフォーカスが当たってしまい辛い。
なんでいつもこうなのかなぁーーーー。ふーーーーー(ため息)
楽に行こうよ・・・と思ったのに、今までの思考はそう簡単には覆らないのね。

何も出来ないダメダメDAYだけれど、せめてブログの記事だけでも書いておこうと思う。

実はこのところわが家のオット、出張が多くなりつつ有り・・・ゴハンのいらない日が週に1~2回。
そんな時は・・・ねばならないわけじゃなし・・・普段出来ない事をやってみたりする。
(先日UPしたホタテのオイル漬けもそう言う日に作ったのだ。)

と言うわけで・・・先日何種類かBumbuを仕込んでみた。
作った後はチルドで保存。冷凍もOK。

P1050031
左上から、テンペバッチャムの仕込み、ルンダンのブンブ、わが家のなんちゃってサンバル、下はブンブ・バリ、イカントゥリ・カチャン・・・。

P1050030
ブンブには少しだけ火を入れているが、鍋にかなりブンブが残ってしまうので、それとチキンスープ(粉末使用)で煮詰めて冷ましたおいて、味のしみているところを薄く切って素揚げにすれば簡単にテンペ・バッチャムゴレンの出来上がりという寸法だ。

あーーー、ホントに今日はダメダメで冴えない日だ。
お薬の量が変わってるわけでもないのになぁ。
ちょっとストレスかかってるのかな?

自分なりに、色々考えることはあるんだけれど・・・それは、時間が許せば書いておきたいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

デパ地下のお高い惣菜を買ってみました

P1040999_2
毎週日曜日は・・・朝から晩までガムランの練習。
朝は9時台に家を出て、家に帰るのは19時台。
もちろんオットも一緒。
(ワタクシ、バリ舞踊も踊るけれど、実はバリガムランも修行中なのです・・・。)

そう言う日の晩ゴハンって・・・ホントに困る。
練習でヘトヘトになっている上に、オットは口を開けて待っている状態(笑)。
さっとゴハンにするためには、中食・・・。
ま、デパ地下などで調達してくると、お高いしねぇ。
悩みどころなのですが、この日は「ええーい、買ってしまえぃ」とお総菜を購入。
だって、目の前で半額になったんですもの・・・(笑)。

P1040996
お総菜は、「絆」と書いて「いとはん」と読むらしい店のもの。
この間成城のモールであまりにもお高くて購入を諦めた・・・という経緯有り。
それが、日曜の19時台、盛り合わせになって1300円の所、半額。
しかも、色々盛り合わせでお味を試すには良いチャンス!
美味しく頂戴しました。

P1040988
まあ、お総菜盛り合わせだけじゃ私達にはもの足りず・・・。
大根と椎茸のかき醤油炊き・・・なんぞ、さっと作り。

あ、これがね、意外なヒット作だったの。
オットも「また作ってね」などと、言ってたから、かなり気に入ったと思われます。

普通に大根を炊いたんじゃ時間がかかるので、大根はさっと面取りした後レンチン2分の後、肉厚椎茸と一緒にかき醤油、みりん、酒、砂糖少々で汁気が無くなるまで炊いただけ。

かき醤油の勝利ではあるけれど、満足な一品になりました。

P1040989
厚揚げのチーズ焼き・もみ海苔のせ

これもレンジで簡単一品。
さっと炙った厚揚げにとろけるチーズとなめ茸瓶詰めをトッピングしてレンチンするだけ。

P1040984
ベビーリーフのサラダに水煮のサラダ豆とレンチンしてふかしたかぼちゃをトッピング。
ドレッシングはさっぱりとお気に入りのポン酢で。


その他には、ほうれん草のおひたしも。

今までは、日曜日の晩ゴハン・・・、色々悩み倒してましたが、一品だけでも購入してくると断然楽になる・・・の巻でした(笑)。


これからもちょくちょくあるかも・・・あははっ。
無理をしない、ゆるゆるやる・・・って決めてみたら、色々と楽になってきて嬉しい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

Ibuciumオリジナル☆ホタテのオイル漬け

P1050348
オリジナルレシピの「ホタテのオイル漬け」です。
妹からレシピを教えろ~と言ってきたので、良い機会だからざっくりレシピをUP。

材料は
・ベビーホタテ(生食用)
・にんにく
・鷹の爪または細切り唐辛子
・花山椒
・醤油、みりん、オイル(オイルはサラダオイルでOK)

テフロンのフライパンでホタテを弱火で熱していく。
水分が出てくるのでそこへ醤油とみりん(お好みで味付け)をいれ、ホタテに絡めていく。
ホタテに茶色い色がついて汁気がなくなったら火を止めてコンロからおろして冷ます。

完全に熱が冷めたら、保存容器に潰して刻んだにんにく、鷹の爪、包丁の柄で潰した花山椒少々と一緒にホタテを詰めてオイルが被るまで注ぎ込んだら出来上がり。

P1050017
おつまみとして・・・も良し。

P1050299
野菜のグリルにホタテのエキスたっぷりのオイルをかけたりするのも、また良し。

ホタテを全部食べてしまっても、このオイルで野菜炒めにするとなかなかイケマス!

もともと、ホタテの甘辛煮を作っていたときに思いついた簡単レシピだけれど、応用きくので重宝してるのだ。これはホントにオリジナルよん☆




| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒸し野菜のアンチョビオイルソースと赤海老のトマトクリーム煮

P1040900
11月も後半にさしかかったとある日の食卓。

S先生の薦めで服薬を開始し、相談の結果すこし服薬量を増やしはじめた頃の食卓です。
完全復活とまでは行かない(何せ、加齢による劣化はあるわけで・・・^^;)までも、この頃は、頑張りがきくようになってきていて、アイディアもすんなり出てくるし、手も早くなってきた。

この日の献立は
・赤海老のトマトクリーム煮
・蒸し野菜のアンチョビオイルソース
・間引き大根菜のおひたし(生姜佃煮のっけ)
・カブの明太子炒り
・わさび菜サラダのかりかりポークのっけ

P1040881

P1040890

刺身用の赤海老が半額!
刺身より加熱だろ?ってことで・・・。
じゃがいも・たまねぎ・にんにくを炒めてトマトソースで煮てから赤海老をからごし投入。
(食べやすいように、足は落として背中に切り込みをいれてある)
じゃがいもがある程度柔らかくなってから、海老を入れて、最後は生クリームを入れ、味を調製。

ソースに海老の頭のコクがでいて、うまっ。
食べ難いのがちょっと難点ですが、安いおかずながら満足~。
(半額なので200円してません・・・)



P1040878

P1040879
間引き大根のさきには、たべてもOKそうな小っちゃな大根。
先日購入した葉付き人参の小さな実、スティックセニョールをレンチン蒸しにして。

ソースはアンチョビペーストとにんにく、オイル。
これに生クリームが入れば、バーニャカウダなんでしょうけど、海老で生クリーム使ってるので重複を避けて。

P1040884
ワサビ菜をサラダに。
トッピングはカリカリポーク。
(茅ヶ崎の某沖縄料理店でたべた、ポークをカリカリに揚げた物が美味しかったので)
きざんだチェダーチーズをアクセントにしてみた。
ドレッシングは凝らず、お気に入りのポン酢醤油で。

P1040883
間引き大根の葉のおひたし。
あっさりし過ぎ?の感有りで生姜と昆布の佃煮(常備品)をトッピングしてみたら、意外と良かったのだ。


赤海老のクリーム煮、オット大絶賛でとても嬉しい晩餐になった。
自分自身もアイディア色々でてくるし、かなり気持ちも上がってきた日の食卓レポでした。

たのしくご飯が作れるって・・・ホントに良いっ!!
喜んでもらえるのも、嬉しいっ!!!


楽しい、嬉しい・・・って言う感情は脳内を活性化させるのかもしれないねぇ。
仕事の集中力や、家事労働の頑張りもきくようになってきたし・・・。
でも、無理は禁物・・・ってことで、ゆるゆるやるようにしてる~。
うむ、それでいいのだーーーー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

おつまみとか残り物とか・・・

P1040870
11月中旬の食卓。
仕事帰りに歯医者に行って・・・かなりくたびれていたので、残り物とかも一緒くたにして食卓に乗せた日。

・かつおの漬けにんにくネギオイルがけ
・鶏皮唐揚げ
・かぼちゃと肉団子の煮物
・人参の葉と実、シメジのごま和え
・冷やしトマトとアボガド&グリーンサラダ
・茹でキャベツの塩昆布和え
・おでん(残り物)

たしか服薬開始3日目くらい。
服薬前のボロ雑巾の私だったら考えられないほどの品数。

P1040874
おつまみに・・・とおもって、鰹の刺身を刺身醤油で30分くらいつけ込んで、その上に刻みにんにくとネギでオイルソースを作ってかけて見た。
うん、意外とイケル。

P1040864
葉付き人参を買ったので・・・葉っぱも実もごま和えに。
ちょっと量が少ないかなと思って、茹でたシメジもご一緒に。
定番の味、人参の葉の風味はえぐいと思うでしょ?
でも、人参好きな人にはたまらんのです。


P1040875
安ーーーーい、おかず。
多分コレで30円もしてない量。
鶏皮に軽く塩胡椒して、片栗粉をまぶして挙げるだけ。
中温でじっくり、カリカリになるまで挙げるのが我が家流。
まるで、揚げせん・・・ってくらいが良いの。

P1040867
野菜が少ないとねぇ・・・ゴハンを作った気持ちになれないので・・・ちょっと箸休め的に。
茹でてザクザク切って固く水気を絞ったキャベツに塩昆布を和える。
生のキャベツで作るのもありかなと思うけど、野菜をザクザク食べるには茹でた方が良いと思って。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


これだけ作って1時間もかかってないし、ほんとに今までの私は一体何だったの?
と言う状況。

服薬3日目・・・ちょっと億劫な感じもまだあるし、集中力はまだ低い?
でも、3日目にしてこれだけ気持ちが楽になるのであれば、早く病院に行けば良かったのかもーーーーー、と、ゲンキンな私はそう思った次第。

そして、今までの私だったら見栄を張って、残り物なんか出してる食卓、ぜったいUPしなかったと思うんだけど・・・。色々肩肘張って頑張るのに疲れちゃったって事なのね、きっと。

いま、目指しているのは「ゆるゆるでナチュラルでいること」
そう思っている時点でゆるゆるではないし、ナチュラルでもないことはわかってるんだけど、本当にそうなりたいと思ってます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »