« 牡蠣三昧 | トップページ | ぶりの塩焼き・生姜&昆布佃煮添え »

2014年3月20日 (木)

予定調和・・・で考えること

P1070521
昨日のオット弁当。
オットが必要とする日はなるべくお弁当を保たせるようにしてるんだけど・・・。
自分が仕事で7:30には出かけなきゃ・・・という日は、いい加減テキトー弁当を保たせることもあります。作れないことも有る。

昨日は大体思い描いていたとおりのお弁当を作成。
寝不足だったり、急いているときはそれが出来なくて、ゲンナリの時もあるのだ。
予定調和って素晴らしいーーーー、とか自画自賛してみた(笑)。

予定調和=(日本社会で)小説・映画・演劇・経済・政治等広い範囲で、観衆・民衆・関係者等の予想する流れに沿って事態が動き、結果も予想通りであることをいう。(デジタル大辞泉より)

私、なかなか予定調和にならないんです・・・。
それを象徴するかのような小学生時代のエピソードが・・・。

小学生の頃、図工の授業で卒業文集の自分の分の表紙を作るって作業が有ったんだけど・・・私は全面をえんじ色、タイトル文字を金色に仕上げようと思ったのね。
ただし、使える道具は水彩絵の具とクレヨン、色鉛筆・・・。
私出来上がり予想はきっちり塗られたえんじ色の絵の具の上に金色の文字を載せる・・・だったのだけれど、塗っても塗っても水彩絵の具はまだらになっていき・・・何度塗ってもダメだった。そこへ金色はなかったので黄色の文字を載せてみたけれど、画用紙はどんどん水を吸ってダヨダヨになったところに滲んだ黄色の文字を乗せることになって・・・。
ものすごく惨めな気持ちだった。
自分の予測とはかけ離れた、みじめな卒業文集の出来上がり。
お友だち達は、みんなお利口で白地の画用紙にワンポイントの模様だとか絵とかを乗せてそれは素晴らしく可愛く仕上げていたのを良く覚えている。

使える道具や手段、自分の実力を省みず、すばらしい結果だけを夢見ている・・・という、なんともおマヌケなエピソード。

今も色々なシーンで同じ様な事が起きます。
踊り、ガムラン、インドネシア語・・・普段の生活、特に料理で・・・。
もしかして、自分の現実と理想のギャップが大きすぎるのかしら?
それとも、ギャップを埋めるためにとられる行動がセオリーに乗っ取っていない?
ギャップを埋めるための努力が足りない?

どれもあてはまりそう。(泣)

目標を立てるときは、出来なさそうで出来そうなくらいにすると(ちょっと背伸びする位)良い・・・って、誰かに聞いた気もする・・・。

まさに、昨日のお弁当は朝起きて無理の内容に煮物は残り物、朝作るのは卵と鶏肉のおかずだけ・・・完成予想図も懲りすぎず・・・で、すばらしく美しく、おいしいお弁当でもないけれど、ちょっと満足した。

「こうありたい!」って言う形を持ってるのは悪い事じゃないけれど、背伸びのしすぎは自分を疲弊させるだけかもしれないな。

踊りも、ガムランも、勉強も、普段の生活も・・・地に足つけて、基本に忠実に、少しずつ努力するしかないんだなぁーーーー。
あらためて、昨日の弁当で思い知らされましたわ。
大袈裟かしらね? ははは。

小さい努力を重ねることで得られる満足感で少しずつ自信を蓄えられるかもしれないしね。
弁当一つで、こんな気づきでした(爆笑)。





|

« 牡蠣三昧 | トップページ | ぶりの塩焼き・生姜&昆布佃煮添え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521290/59319350

この記事へのトラックバック一覧です: 予定調和・・・で考えること:

« 牡蠣三昧 | トップページ | ぶりの塩焼き・生姜&昆布佃煮添え »